カムカムエヴリバディ・アニーは安子?るいと再開できる?

カムカムエブリバディ

カムカムエヴリバディも終盤。

21週で登場したアニーるいの母親・安子ではないかと思いましたが、苗字がタチバナではなくヒラカワなのでやっぱり違うのかと思っていました。

しかし、22週の103話で甥のジョージがアニーに岡山に行かなくて後悔しないのかと聞いていました。

安子の生まれ育った岡山にアニーの知り合いか親族がいるということです。

アニーは安子なのか?

それとも安子と何かしら関係のある人物なのか?

もしアニーが安子だとするならば、るいと再開することができるのか?

カムカムエヴリバディの102話から回を追いながら、アニーは安子なのか?ルイと再開できるのか?を紐解いていきたいと思います。

 

⬇︎  ⬇︎ ⬇︎ 安子編から無料で見直すなら ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

カムカムエヴリバディ・アニーは安子なのか?

アニーは日本に来たのが初めてだと言っていたり、苗字がヒラカワだということで、安子が聞いていたラジオの英語会話の講師・平川の講師・平川氏の親族ではないかという見方もあるようです。

しかしながら、「安子?」と匂わせるようなアニーの言動も出てきています。

少しずつ明らかになっていくであろうアニーの身上ひなたるいとの関係などを回を追ってみていきましょう。

102話

ハリウッド映画のキャスティングデイレクターとして来日したアニー・ヒラカワ

ひなたはアニーを素敵な女性だと思い、和菓子を食べていたアニーに同席しても良いかと尋ねる。

是非と言ってひなたを隣に座らせ、どうやって英語を覚えたのか聞くと、ひなたはラジオ英会話講座だと答えた。

「今でもあるの?」というリアクションに、絶対に安子に間違いないと思いましたが、アニーは「初めて日本に来た」と言ってその場を去りました。

でも少し動揺した様子で、何かを隠しているのではないかと思わせるような表情でした。

もし安子だとするならば、娘のるいにあなたは必要ないと言われた事がショックすぎて、橘の性も、雉真の性も、安子という名前も捨て、別の人間になろうとしたのではないでしょうか?

ロバートとアメリカへ行き、過去の自分を捨て去り、新しい人生を歩んだのではないかと思いました。

103話

2年後、ハリウッド映画のオーディションで甥っ子のジョージと一緒に再来日したアニー・ヒラカワ。

ひなたはハリウッドのアクション監督のアシスタントになった元カレの文ちゃんと10年ぶりに再会。

それは、動揺しますよね、運命感じちゃいますよね。

そんな中アニーと再開するひなた。

ひなたの英語力に驚くジョージにアニーは「自分の若い頃を思い出すわ」と言っています。

この発言や前回のラジオ英会話講座のこと、何かありそうだと予感させます。

そして、ジョージに岡山に行かなくていいの?後悔しないの?と聞かれると、これも人生なのだと意味深な言葉で終わりました。

なぜ岡山に行かなくていいのかとジョージは聞いたのでしょう?

岡山は安子の生まれ育ったところ。

やはりアニーは安子じゃないの?と思ってしまうエンディングでした。

⬇︎  ⬇︎ ⬇︎ 1話安子編から無料で見直すなら ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

104話

冒頭でアニーがソファーに横たわっていた映像にラジオ英会話講座が流れていました。

これは、若かりし頃のことを思い出しているという演出に違いありません。

やはり、アニーは安子だと思います。

アニーがひなたにオーディションの時に上の空のように感じたけど何かあったの?と聞くと、ひなたは母親にも話せなかった文ちゃんのことをアニーに話してしまいました。

後悔しないようにねと言ったアニーもまた、ジョージに後悔しない?と言われたことを思い出してどうするべきが考えているようでした。

この回では、ひなたと文ちゃんの話が中心になっていたので、アニーの身上についてはこれ以上の進展はありませんでした。

が、るいの提案で回転焼きを現場に持って行ったひなた。

アニーがそれを食べれば、安子かそうでないか分かりますね。

安子直伝のあんこの味を安子なら食べたらすぐわかるはず。

明日、それが明らかになりそうです。

そして驚いたのは、アニーが虚無蔵に役をオファーしていたとは。

もしかして電話していた頑固な相手は虚無蔵さんだったの?

多分そうですよね。

頑なに海外映画には興味なしと言い張る虚無蔵さんは、このままハリウッド映画には出ないのでしょうか?

しかし、ひなたと文ちゃんの恋の行方も気になりますね。

105話

ついにアニーが大月の回転焼きのあんこを食べましたね。

最初に小豆を一粒食べていましたが、その時の表情は映されませんでしたね。

アニーは漢字も読めるし、日本の作法を知っています。

虚無蔵さんが言ったように、虚無蔵さんに頭を下げた時のアニーはただアメリカで生まれ育っただけには思えませんでしたね。

翌日の朝、ひなたが飛行機音のする空を見上げたとき、文ちゃんの乗った飛行機と同じくアニーもアメリカに帰ってしまったのでしょうか?

いや、絶対アニーは大月を訪ねるような気がします。

106話

今日はアニーの登場はありませんでしたね。

でも、ハリウッドと雉真繊維が繋がった。

ハリウッドの衣装担当からのオファーなので、アニーはこのことを知らないのかもしれません。

そして、ジョーとトミーが翌年のクリスマスに、岡山の偕行社で演奏することになりました。

ロバートが靖子を連れて行った場所ですよね。

安子も定一がステージで歌ったのを偶然見ました。

アメリカ、京都、そして岡山が繋がっていくということは、この3世代にわたる物語が最初に繋がっていくということ?

最後には安子も岡山の地を訪れるのではないかと予感させます。

107話

アニーが映画のプロモーションで上映を訪れ、ひなたと再会しました。

アニーはひなが差し入れした回転焼きのことを尋ねます。

どうしてあんなに美味しいの?と。

ひなたは、いつもるいとあんこにかけるおまじないを全て英訳してアニーに伝えると、アニーは動揺して唐突に去っていきました。

るいが安子のおまじないをそのまま受け継いであんこ作っていることに、感涙しそうになり慌ててその場を去ったという感じでしたね。

この若かりし日の安子の映像は、アニーの頭の中の記憶でしょうね。

アニーはひなたの母がるいだと確信できました。

そしてひなたはアニーの孫。

最終週では全てが明らかになりますね。

108話

初っ端から、るいとジョーが老人になっていてビックリ。

いったい何年後なのか、岡山のジャズ喫茶を受け継いでいるようでした。

ひなたは海外から戻って京都に帰るとるいに電話していました。

そしてテーマソングの後は先週の話の続きへ。

ひなたは上映で会ったジョージにアニーのことを聞くと、今日は東京で夜京都に戻るが明日は大阪だと言う返答。

またアニーに会えると思っていたひなたはがっかりしたが、岡山のクリスマスパーティーにジョージとアニーを誘った。

その夜、ジョージはひなたに岡山のクリスマスジャズフェスティバルに誘われたことをアニーに告げる。

ジョージは何の縁か、岡山だし行ってみようよとアニーを誘う。

なぜジャズなのかしら?と聞くアニー。

ひなたのお父さんがジャズミュージシャンなんだってと説明。

せっかくのチャンスだから、岡山に行こうよとジョージ。

しかし、アニーは明日日本を発って、もう2度と日本には来ないと頑なに拒む。

アニーはるいが幸せに生きていることを知り嬉しかったはず

しかし、最後に娘に拒絶された記憶が残っていて、るいに恨まれていると思い込んでいる為、絶対に会わないと決めているのではないかと思います。

だから2度と日本には来ないと決めたのではないでしょうか?

一方、偕行社と到着した大月ファミリーとトミー。

緊張しまくるるいに懐かしいお客様、クリーニング屋のおばちゃん。

ウルウル。

そして、ジョーが居候していたジャズ喫茶のマスター木暮さんも車椅子で到着。

懐かしいメンツが揃います。

そんな中、ひなたがラジオを付けると、ゲスト出演していたアニーの声が聞こえてきた。

シアトルで生まれの日系アメリカ人と紹介されたところで終了。

109話

最終週は始まりは現在の話を放送するんですね。

ひなたにNHKの英会話講座への出演依頼が。

引き受けるのか?

さて、アニーはラジオ出演し、初代桃けん映画は見られましたか?と言う質問に急にだまりこんでしまい、安子と稔が映画を見ているシーンが映し出されました。

アニーの頭の中の回想なのかな?と思っていると急に話し出した。

「見ました。夫のなる人と、大阪の映画館で」と切り出し、和菓子屋を建て直したいと思ったこと、るいと二人ただ暮らしていければ良かったと思っていたことなど、心に仕舞い込んでいた気持ちを語った。

まさか、唐突にラジオで告白するなんて想像していませんでした。

アニーはもしかしたらるいが聞いているかもしれないと思ったのでしょうか。

その足で関空からアメリカに戻る予定のアニー。

アニーを引き止めようと関空に向かうひなた。

間に合って!

110話

ひなたは空港の到着しましたが、アニーには会えなかった。

ここで会えると思っていたのに。

ひなたは桃太郎に電話をかけ。会えなかったことを伝える。

るいが電話口に出て、ひなたにお疲れ様やったねと。

『もうええんや』

この一言はアニーがるいに会うつもりはないということを悟ったということなのでしょうか?

偕行社ではジャズの演奏が始まり、ジョーとトミーが演奏中。

そんな中、アニーに会えず落ち込んだひなたが、偕行社に戻ってくると、入り口に立ち尽くすアニーの姿を発見。

「おばあちゃん」とひなたが叫ぶと、アニーは走って逃げ出し、ひなたは後をおいますが、アニーに全然追い付けません。

アニーが公園のようなところで、地面に倒れたところで終了。

なんで逃げ出したのでしょうか?

ここまできて、るいに会いたい反面、会うことが怖くなってしまったのでしょうね。

しかし、ひなたよりアニーがあんなに足が速いなんて、驚き。

明日はひなたがアニーを偕行社に連れていくのでしょう!

111話

ついに会えましたね〜。

もうウルウルでした。

ひなたがアニー=安子をおぶって、偕行社へ。

丁度、るいが「On The Sunny Side Of The Street」を歌っているところでドア開き、ひなたと安子が入ってきました。

トミーがルイ・サッチモ・オオツキと紹介した時、ちょっとクスッとしてしまいました。

それを見たるいは一旦、歌が止まってしまったのですが、動揺しながらも気を取り直して最後まで歌いました。

そして安子に駆け寄り、お互いに抱きしめます。

「お母さん」長い抱擁が続きました。

るいが安子に『I LOVE YOU』と想いを伝えました。

本当に感動的なシーンでしたね。

ジョーと安子が偶然にも定一さんが「On The Sunny Side Of The Street」を歌ったクリスマスパーティーに居合わせたのも、強い縁があったのですね。

アニー・ヒラカワの名前の由来は私が想像した通りでした。

『やっと稔さんの夢が叶った』と言った安子は、今でも実のことを大切に思っているということが伝わってきました。

今日が一番の盛り上がりでしたが、明日の最終回はその後のそれぞれの人生が描かれるのかな?

カムカムエヴリバディ・アニーは安子?るいと再開できるのか?

やはり、アニーは安子ですね。

るいのあんこを食べて、自分のあんこの味だと思い、ひなたに確認し、るいが作ったあんこだと確信したアニー。

娘にあなたは必要ないと言われ、ショックのあまり過去の人生を捨てた安子は別人としてアメリカで生きることを決意したのだと思います。

あんこと呼ばれていたからアニーと名乗り、そして平川さんのラジオ英会話講座を聞いていたから、ヒラカワと名乗っているのではないでしょうか?

しかし、るいが自分の作っていたのと全く同じ方法であんこを作っていることを知り、嬉しかったに違いありません。

全てを否定されたわけではなかった、一緒に過ごした記憶がるいの中でも生きていたわけですから。

安子とるいが再会する瞬間を見たいですよね。

きっと、偕行社で再会するのではないかと予想しております。➡︎ついに会うことができました!

カムカムエブリバディを最後まで見届けましょう。

 

⬇︎  ⬇︎ ⬇︎ 1話安子編から無料で見直すなら ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~  
今なら31日間無料トライアル実施中!  

◆31日間無料トライアルの特典◆  
 1 見放題作品が31日間無料で視聴可能です!  
   一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。  
   最新作はレンタル配信(個別課金)となります。  
     
 2 600円分のポイントプレゼント!  
   ポイントを使って、DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新映画、放送中ドラマの視聴や最新コミック・書籍の購入に使用可能です!  
  
 3 追加料金なく、140誌以上の雑誌が読み放題!  

コメント

  1. […] あと6回、最終回まで3人の行く末を見届けたいですね。 […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました