ドラマ「ゴシップ」の相関図とキャスト紹介!第1話ネタバレあり

ゴシップ

1月6日(木)よりフジテレビ系列でスタートするドラマ『ゴシップ』#彼女が知りたい本当の◯◯

漫画原作ドラマが多い中、完全オリジナルの社会派風お仕事エンターテイメント。

『ゴシップ#彼女が知りたい本当の◯◯』では、黒木華さん演じるネットニュースの編集部員・瀬古凛々子が「PV数を伸ばす」目的のために記事をアップしていくことで、必要ないと思っていたネットニュースが意味あるものに変わっていくというお話。

そんなドラマ『ゴシップ』のネタバレ、相関図、キャストなどを分かりやすく説明していきます。

ドラマ「ゴシップ」相関図&キャスト

お仕事以外にも、恋愛や人間ドラマなども描かれていくのでしょうか?

凛々子と編集者の根津道春、もしくはフリーカメラマンの笹目虎太郎が惹かれ合ったりしそうな予感。

◆ 瀬古凛々子(黒木華)
大手出版社『クスノキ出版』の経理部➡︎ニュースサイト「カンフルNEWS」の立て直しを命じられ移動。
空気が読めず、共感性もないが、この世界や他者を知りたいという欲求は強く、優れた洞察力を生かしてちょっとした矛盾や誤りを見抜く能力に長けた女性。

◆ 根津 道春(溝端淳平)
ニュースサイト「カンフルNEWS」の編集部員で、凛々子と同期。
ひねくれていて口も悪いが人を丸め込むのが上手い。
人たらしである性格が功を奏してか、PV 数の伸び「そうなあおりタイトル」をつけるのが大得意。

◆ 下馬 蹴人(野村周平)
ニュースサイト「カンフルNEWS」の編集部員で、仕事は早いが中身の薄い男。
芸能人の SNS 投稿内容などを記事にする「こたつ記事」担当。

◆ 椛谷 静司(野間口徹)
『週刊カンフル』の元エース記者でスクープを連発していたが、離婚してシングルファーザーで子育てするため、出世争いから離脱。
グルメや料理レシピ記事を担当になった。

◆ 一本 真琴(石井杏奈)
少年マンガ誌『ジャンクス』の編集部志望だった新入編集部員。
「こたつ生地」や芸能人のゴシップなど、下世話な話題ばかりを発信するネットニュースメディアを世の中にプラスなことを生み出していないくだらない存在と思っている。

◆ 山田 礼二(生瀬勝久)
ニュースサイト「カンフルNEWS」の編集長で温厚で争いごとが苦手な放任主義。

◆ 笹目虎太郎(寛一郎)
あるきっかけで凛々子と出会い、凛々子 がよく行く薬膳カフェの常連になり、何かと話してくるフリーカメラマン。

◆ 仁和 正樹(安藤政信)
凛々子の協力で、同期のライバルを蹴落として執行役員となった上司。

◆ 黄実子(りょう)
凛々子がよく行く、薬膳カフェの店長。

◆ 矢部 涼介(一ノ瀬颯)
コネ入社の新入社員でクスノキ出版の書籍編集部所属。
コネ入社を隠すこともしないあっけらかんとした性格。

◆ その他キャスト

  • 獏(高橋侃):薬膳カフェの店員
  • 女性アナウンサー(宇垣美里):ワイドショー番組「ハヤミミ!」の 冷静に進行する女性アナウンサー
  • 竹富喜一郎(大鶴義丹):ワイドショー番組「ハヤミミ!」のはに衣着せぬ名物司会者

ドラマ「ゴシップ」第1話ネタバレ

この「QUOカードPay」チャレンジしてみるのもいいですね。

https://twitter.com/gossip_cx/status/1478169310505877504?s=20

大手出版社『クスノキ出版』の経理部に勤める、瀬古凛々子(黒木華)は、この世界や他者を知りたいという欲求は強く、優れた洞察力を生かしてちょっとした矛盾や誤りを見抜く能力に長けた女性。

その厳しいチェックぶりから、経理部では地獄の番犬・ケルベロスとも呼ばれている。

彼女の協力で、同期のライバルを蹴落として執行役員となった仁和正樹(安藤政信)はそんな凛々子の才能を認め、クスノキ出版が運営するニュースサイト『カンフルNEWS』の立て直しを命じた。、

カンフルNEWSは、他社のニュースやブログ記事のコメントをコピペしただけの「こたつ記事」ばかりを発信しており、PV は月間50万円程度で、広告もロクにつかないというお荷物部署状態だった。

編集部に配属された凛々子は、リモートワークのため編集部員はほとんど出勤していないことを知ると、好き勝手やってサボっている編集部員たちのもとを訪れ、出社するように告げる。

凛々子は、月間5000万 PVという目標を掲げそのためにゴシップで攻めるという戦略を立てる。

編集会議で、凛々子は他の編集部員の企画を全て却下。

アイドルと人気声優の交際が噂されるきっかけとなったあるクリスマスパーティーが話題に上がった。

そのパーティーにはゲーム・アプリ会社『グリフィン・ラボ』の代表や社員たちも出席しており、彼らをパワハラ企業として告発するという投稿があることを知る一同。

グリフィン・ラボは、美少女女子高生キャラたちと新幹線で全国を旅しながら疑似恋愛体験ができる“萌えゲー”で急成長した会社だった。

下馬(野村周平)は、危険だという凛々子の反対を無視し、このパワハラの件で1本記事を書くよう一本真琴(石井杏奈)告げる。

一本が記事を上げた後、グリフィン・ラボはネット記事を見て怒り、TV番組の取材で訴訟も視野に入れていると語り、編集部には電話が殺到した。

凛々子と同期の根津(溝端淳平)は、今の仕事はクソみたいな仕事だと思っていたが、凛々子に「仕事はクズじゃない。クズなのは仕事をクズと思っている人。」と言われたことが気になっているようだ。

凛々子は会社の帰りに薬膳カフェに立ち寄り、「約束した人がいるので、この仕事を諦める訳にはいかない」とカフェオーナーの黄実子に告げた。

本人は気付いていないが、上司の仁和を大切に思っているようだ。

グリフィン・ラボの問題で、編集長の山田(生瀬勝久)は本社に呼び出され、まずは謝罪文を上げるように命令された。

凛々子は謝罪文を書くと立候補したが、この記事を上げることになった経緯を調べているうちに疑問にぶち当たる。

グリフィン・ラボに関して最初に投稿したのは、「グリフィン・ラボはキャラクターを盗んだ」という投稿をした男だった。

この男の事を編集長が知っていたのだが、その男の電話番号が入ったスマホを無くしてしまった。

そこへ見知らぬ男・笹目虎太郎(寛一郎)が、編集部に編集長のスマホを届けに来た。

凛々子が瀬古だという名前だと知ると顔色が変わり、山田に「どうかしましたか?」と聞かれると「昔の知り合いに似ていたから」と返したが、何かありそうです。

凛々子は編集長と二人で、過去の週刊誌を見直し、編集長が昔書いたコラムを探した。

沢山の週刊誌を見てもコラムが見つからず諦めそうになった時、ついに見つかった。

そのコラムを持って、その男を編集長と訪ねた凛々子はその男の店に置いてあったイラストを見て、グリフィン・ラボがその男のイラストを盗んで、ゲームアプリのキャラクターを作った事を見抜く。

この男はゲーム会社に電話をかけ、自分のキャラクターが使われていると訴えたが、取り合ってもらえず、ネットに書き込みをしたという。

しかし、次第にゲームの中のキャラクターが自分の娘のように感じ、ゲームを楽しむようになった。

しかし、突然キャラクターが消されてしまった事に逆上し、「グリフィン・ラボはパワハラだ」と書き込みをしてしまった。

その書き込みを見たカンフルNEWSが記事にしてしまったという経緯だった。

凛々子は、この事を全て記事にして謝罪文と一緒に載せた。

しかし、この記事に関しては、PVもそれほど伸びなかったが、グリフィン・ラボからの訴訟は取り下げられた。

今回の問題で、仁和は編集長に責任を取らせ、編集長は早期退職す事になった。

仁和という人間は自分の出世のことしか考えない冷血な男のようです。

そして、凛々子は新しい編集長になった。

第1話、終了。

今後、編集部員、笹目、仁和との関係がどうなっていくのか?楽しみです。

▼▼▼見逃してしまったら▼▼▼

コメント

  1. […] 相関図やキャスト&あらすじはこちらから。 […]

タイトルとURLをコピーしました