真犯人フラグ・森アナの考察がすごい!真犯人いない説を検証してみた

真犯人フラグ

毎週金曜日にスッキリで『真犯人フラグ』の考察コーナーが放送されています。

以前、森アナは金魚鉢が飾られていた部屋、凌介の写真を立てお経を流していた部屋、包丁を研いでいた女はバタコだと考察して、見事的中させました。

その洞察力の鋭い森アナが、2月25日のスッキリで考察した内容がすごいと話題になっています。

真犯人フラグの真犯人はいないという大胆な考察でした。➡︎最終の考察で真犯人は河村に変更(詳しくは3月11日の考察のところに書いています)

他の人には思いつかないすごい考察ですよね。

その森アナの真犯人いないという考察をまとめてみましょう。

真犯人フラグ・森アナの考察がすごい!

「スバリ、この事件に真犯人はいません!」と森アナが言った時、ほかの出演者は皆驚いた様子でした。

MCの加藤浩二さんはその話をよく二人でしていると。

加藤さんは2話くらいからその話をしていたと主張していました。

 

なかなか、斬新な考察だな〜。

すごい考察!森アナは過去にも予測を的中させているから、この説あり得るかもよ。

一連の事件はそれぞれの家族愛が引き起こした事件だ

森アナは、それぞれが自分の家族を守るために、別々に起きた事件がたまたま同時に起きたのだと語りました。

  • 橘一星の母に対する愛
  • 菱田のキヨくんへの愛
  • バタコの息子への愛

それぞれの事件をつなげているのは強羅

別々の人間に依頼されたのだが、強羅は自分に足がつかないように家族3人の失踪事件に見せかけたのではないかという考察。

強羅は頼まれた仕事をしているだけなので、真犯人ではなく、それぞれの事件が強羅を通して繋がっているだけ。

篤人の失踪

第1話でキヨくんが篤斗にいじめられていたので、キヨくんが菱田にいじめられていることを話し、菱田は篤斗に消えてほしいと思っていた。

バタコは息子の代わりに篤斗を息子にしたい。

篤斗が邪魔な菱田と篤斗を息子にしたいバタコを強羅が繋げたのではないか?と森アナは考察しました。

光莉の失踪

光莉の失踪を他の二人と同じ日にするために、強羅が母すみれを人質に橘一星を脅して、起こった事件だと考察。

店のぼや騒ぎや、母が頭から血を流していたり、橘の入院先に強羅がいたり、すみれと強羅は何かしら関係があると。

 

SNSでもすみれの店が強羅の地上げにあったとか、ぼや騒ぎも強羅の嫌がらせじゃないかって言われてた。

二宮瑞穂の姉の恋人は林

林はその頃、同窓会で会った真帆のことが好きになってしまい、瑞穂の姉が邪魔になった。

林は強羅と面識があったので、別れさせ屋として強羅に頼んだ。

また瑞穂も、その頃姉に「お姉ちゃんなんていなくなればいいのに」と言ってしまったのではないか?

林と瑞穂ちょっとした悪意で、強羅によって(直接手を下してはいないが)殺されてしまった。

林と瑞穂の接点はここにあり、凌介の病室であった時の不自然さは姉のことでお互いを知っていたからだと森アナは考察。

同じことが起こらないように、いま瑞穂は凌介のそばにいるのではないかと考察していました。

瑞穂の姉が林の恋人だったのは同感!真帆のことが好きになって彼女と別れると言っていたもんね。

 

瑞穂が強羅に頼んだっていうのは飛躍しすぎでは?

林が強羅に別れさせ屋として頼んだのはわかるけど、瑞穂がお姉ちゃんのことが嫌いでも強羅にそんなこと頼むのかな〜?

真帆の失踪

二宮瑞穂が真帆の失踪に関わっていると思っているが、どうか関わっているのかはわからないようでした。

真帆に関しては全く情報が出てこないから、謎だよね〜。

真帆のせいで姉が死んでしまったから、瑞穂は真帆に仕返ししたかったのかな?

 

だから、森アナは瑞穂が真帆の失踪に関わっていると思っているのね。

家族にちょっとしたことを言ったことが事件につながっている

  1. 光莉が篤斗に言った「パパの子供じゃなかったら・・・」という言葉が、バタコの洗脳に繋がっている。
  2. 瑞穂が姉に「お姉ちゃんなんていなくなっちゃえばいいのに」と言ったことで、本当にいなくなってしまった。

篤斗が誘拐される瞬間に菱田が関わっているのでは?

菱田朋子サッカーコーチの山田が「あっちゃんが話したら終わりだ」と言っているのはなぜか?という話題の時に、森アナは

「篤斗は誘拐された時のことをまだ話していないので、そこに菱田と山田が関わっていた可能性がある」

篤斗が邪魔だった菱田は、強羅に言われて篤斗を指定の場所に連れてきただけなのかも。

あとで篤斗が失踪したと報道され、犯罪に手を貸してしまったと気が付いたってこともあるかも。

 

森アナの考察は、結構鋭いところ突いてきてるんじゃないかな〜。

真帆の失踪だけ、まだ闇に包まれている感じよね。

第18話ではまだ明らかにならないみたい。

 

この森アナの考察はほぼ合っていました!

3月11日のスッキリでの森アナの考察

考察の最終回で真犯人は河村に変更。

  • 河村が文芸サークルで書いた物語だった。➡︎同時進行で書いていた。
  • 橘が凌介のトランクルームに入って本を売った時、1冊だけ売れない本があり、それが文芸サークルのものだった。
  • その中に書かれていた物語が今回の事件に似ていた。➡︎橘がハッキングして週刊追及のパソコンにこの小説を見つけた
  • 橘は犯人に脅されて自分が犯人として名乗り出なくてはいけないので、その事を二宮に託した。
  • 二宮はその物語を書き写してネットに上げ、犯人をおびき出した。
  • 河村の動機はゴシップ紙の編集長ではなく小説家になりたかったので、自分の書いた小説通りの事件を起こす事で、小説家として認めてもらいたいという自己愛だったのでは?

森アナの考察は説得力があり、河村なんじゃないかと思ってしまいました。

最終話を終えて、

森アナの考察力は素晴らしかったですね。

理由もある意味、自己愛ですもんね。

河村よりも書く力に優れていたのに、凌介はあっさり書くことを諦めたことが許せなかった。

その上、自分がフラれた真帆とも結婚した。

その真帆が林と浮気しているところを目撃し、自分も一度くらい真帆を抱けると思ったのに拒絶されてしまう。

凌介に話すと言って脅すと、真帆が河村の動画を撮り、何かしたら全部明るみに出すと。

そして凌介に全て話すと言い帰ろうとする真帆に、河村は動画を渡せというが真帆は渡さなかった。

河村に凌介と光莉と篤人とご飯を一緒に食べたいから帰らせてと頼む真帆を河村は殺した。

真帆はエンバーミングという技術で美しいそのままの姿で棺に入れられていました。

強羅が運んでいた棺には真帆が入っていたのですね。

こんな結末になるとは思いませんでした。

林を殺したのも、橘一星や菱田を脅したのも河村だった。

猫おばさんが、「ねじ曲がったオド」と言った通り、河村はねじ曲がっていました。

Huleでアフターストーリー全編が放送されています。

この事件後の相良家や日野、河村の様子が描かれています。

これはこれで、面白いです。

▼▼▼アフターストーリーを見るなら▼▼▼

プロデューサーの佐久間さんの考察

篤斗の病室に知らない男が夜訪ねてきたと凌介が言った時の日野の表情が気になった。

日野が強羅に誰かを殺す依頼したのでは?

そして、二宮の姉の殺害にもつながっているのではないかという意見。

それは、僕もそう思った!日野の様子おかしかったし、強羅とも知り合いだったしね。

二宮の姉の事件にも強羅が関わっていそう。

MC加藤浩次さんの考察

MCの加藤さんは『日野が凌介を殺す依頼を強羅にしているという可能性はありませんか?』と他のメンバーに尋ねると、「いくら真帆のことが好きだったとしても凌介を殺したいと思うかな〜?」とそこは同意する人はいませんでした。

凌介はバタコに何度も命を狙われていて、バタコと強羅はつながっていないのかと続けました。

強羅は自分では手を下さない男だというのはわかっている。

凌介を殺したら篤斗がバタコのものになると強羅に吹き込まれて、そうしなきゃいけないと思っているのではないかと考察。

菱田と山田が篤斗が話したら終わりだというのは、篤斗は真帆が菱田に何かされているのを見て、その見たことを話されたら終わりだと言っているのではないか、もし篤斗が菱田に何かされたのであれば既に話しているはず。

確かに篤斗が菱田と山田に何かされたんだったら、山田にサッカーしようと言われた時、もっと怖がるはずだよね。

 

バタコが強羅に洗脳されているという考察もあり得るかも。

真犯人フラグ・森アナの真犯人いない説を検証

この事件における真犯人という意味が、わからなくなってる。

3人の失踪は別々に起こったことでそれぞれに犯人がいるわけだから、3つの事件の犯人はみんな真犯人なんじゃないの?

今まで逮捕された犯人はこの二人で、犯罪者なのは間違いない。

  • バタコ :篤斗を誘拐、監禁
  • 本木陽香:光莉を拉致、監禁

光莉の失踪は最初は家出にすぎなかったが、光莉に嫉妬した本木が拉致した。

真犯人がいるとするならば、真帆しかいないんじゃないの?

真帆が強羅とも知り合いで、全ての事件を計画して指示していたとしたら、話としては面白いんだけど。

真犯人って、この全ての事件を計画した人ってことになるよね?

 

じゃあ、第17話で篤斗の病室に知らない男が訪ねてきたって凌介は言った時、様子が変だった日野が真犯人ってこともあるのかな〜?

真帆と結婚した凌介を恨んでいて事件を起こしたってこと?

真帆と凌介を別れさせたくて、強羅に頼んだとか?

第18話で仲間が一人姿消すらしいんだけど、それが日野ならこの事件に関係しているのは間違いない。

 

第18話を見ないとそれはわからないってことだね。

真犯人フラグ・森アナの真犯人いない説のまとめ

スッキリ番組内では森アナの真犯人は人ではなく、家族愛ということで落着しました。

しかし、真犯人がいる可能性はあると思います。

◆現時点で考えられる真犯人◆

  1. もし第18話で姿を消す仲間が日野だったら、凌介の家庭を壊してくれと強羅に頼んだということはあるかも。
  2. 瑞穂が姉が死んだのは林が真帆のことを好きになったからということを知り、林と真帆に仕返しをしようと計画した。
  3. 17話の後半から連絡が取れなくなった橘一星が第18話で姿を消したら、父親が母と自分を捨てた原因に真帆が関係していて、恨んでいた?
  4. 光莉が見た真帆が電話で6時に部屋に行くと言った相手(林ではなかった)。
  5. 現在まで情報がほとんどない真帆。

これまで、真帆が目に見える行動をしたのは

  • 凌介にメールで星空の写真を送った。(一緒に流星群をみようと約束していた)➡︎この時はスマホを所持していたということになります。
  • 凌介に電話「あんまり時間がないんだけど、光莉がね」で切れた。➡︎公衆電話からと判明
  • 光莉の美容室を予約した➡︎どこから何で電話したかはわからない。

たったのこれだけで、どこで何をしているのか全くわからない。

やっぱり真犯人はいると思うな〜。全く真相がわからない真帆が全て仕組んだんじゃないの?真帆が電話していた相手も共犯かも。

 

日野が真帆のことが好きすぎて、凌介のことを恨んでいるとしたら家庭を壊すように強羅に頼んだってことも考えられるし、瑞穂も姉が死んでしまった原因が林が真帆のことが好きになってしまったことで恨んでいたのかもしれない。

まだ、どれも考察でしかありませんが、まだ真犯人はいないとは言えないと思います。

▼▼▼真犯人フラグを見返すなら▼▼▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました