恋です!ついに森生とユキコが初キス!見逃せない第6話

恋です1

恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜。

森生のユキコに対するまっすぐな気持ちとユキコを思いやる行動に、森生が可愛すぎると話題になっています。

そんな森生の一途な想いに心動かれ、森生のことが好きになり、告白。

二人の付き合いが始まりました。

そろそろ初キスの展開ありそうだなと思っていたら、

ついに第6話で森生とユキコが初キス。

恋です!第6話見どころ

https://twitter.com/koidesu_ntv/status/1456804157399056388?s=20

 

6話あらすじ

盲学校で開かれるマラソン大会に向け、森生もりお(杉野遥亮)ユキコ(杉咲花)のマラソン練習に付き合うことに。『絆』こと伴走用のロープを握ってノリノリの森生の一方、運動嫌いですぐにサボろうとするユキコ。今まで知らなかったユキコのダメな一面を知り、ますます愛おしく思う森生は、キスのチャンスを伺うが……。

一方、獅子王ししお(鈴木伸之)と同じジムに通い始めたイズミ(奈緒)も、獅子王を食事に誘おうとチャンスを狙うが、前途多難な予感で……。

そんな中、ユキコたちは、近くでマラソン練習をしているはずのそら(田辺桃子)と合流するため公園へ。しかし、そこには伴走者なしで一人走る空の姿が。しかも空は、森生たちの目の前で放置自転車に激突して転んでしまう!慌てて助けに向かった森生とユキコに強がってみせる空だが、ユキコは空の声が震えていることが気にかかる。森生は、友達の異変を心配するユキコの力になりたいと考えて……。

翌日。学校帰りのユキコと空に声をかけた森生は、あかね(ファーストサマーウイカ)の喫茶店へ。付近のヤンキーたちに話を聞いた森生は、空が走る道にわざと障害物を置いて、練習を邪魔しようとした悪意ある人物がいるらしいことを突き止めていた。森生の行動に感謝するユキコだが、唯一の取り柄である“走ること”を諦めたくない空は、森生も「見えない」自分をバカにする「見える」人たちと一緒だと頼ることを拒否し、突然態度を硬くしてしまう。さらに、空の鬱憤は仲裁に入ろうとしたユキコに向かっても爆発して……!

その日。空の言葉が刺さった森生は、自分とユキコたちの間には超えられない壁があるのではないか、と苛立つ。そして、親友と恋人、自分にとって大切な二人が分かり合えないことを悲しく思うユキコは、何か自分にできることがないかと考えるが……。

番組HPより引用

マラソンの練習をする時に、搬送用のロープを『絆』と呼ぶんですね〜。

それも赤い絆なんです。

暖かく見守りたくなっちゃうこのふたり。

ユキコのダメな部分を観てますます愛おしく思うって、相性がいい証拠ですね。

これは漫画原作のドラマでこのように上手くいくわけですが、現実の世界ではダメな部分を見て嫌になってしまうことも多々ありますから。

ユキコとたこ焼きを食べるシーンで、このたこ焼きになりといと思う森生はキスのことで頭がいっぱい。

そんな中、ユキコの友達、空ちゃんがマラソンの練習をしていると、毎回障害物が置かれるという事件が。

空ちゃんを気にするユキコの力になりたい森生は、誰かが空を転ばせる為に障害物を置いていることを突き止めたが、空に「余計なことしないで」と逆ギレされてしまう。

走ることしか取り柄がないと思っている空は、練習を辞めたくなかった。

森生と空の関係を修復する為、ユキコは森生に空の伴奏役を頼み、空の好きなものや場所を通るルートを走るようにコースの地図を渡す。

一緒に走ることで、お互いの良さを発見することになり、さらにユキコの意図にも気づく。

障害物を置いた犯人が空の元彼で、突然別れを告げられたことを恨んでいたことが判明。

全てが一件落着し、

恋です!森生とユキコの初キスシーン

https://twitter.com/tark_drama/status/1458761259927572487?s=20

空ちゃんを褒める森生にシュンとするユキコがいじらしく思った森生はついに。

すっごく自然なキスでしたね。

ユキコが「今何かあったっけ?」的な言葉で照れ隠しするのも可愛らしかったですね。

そして、森生にライバル出現!

ユキコの元彼が現れ、復縁を迫るような展開っぽいです。

また次週もキュンとするシーン、期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました