マイファミリー真犯人は誰?相関図とキャストから予想

マイファミリー

4月10日からTBS系で始まったドラマ『マイファミリー』。

二宮和也演じる鳴沢温人と多部未華子演じる妻の未知留の一人娘・友果が誘拐され、警察を排除し、夫婦だけで娘を取り返すことに成功したが、次々に起こる誘拐事件。

番組制作陣はこのドラマはサスペンスやミステリーではなく、誘拐事件に巻き込まれたことによる人々の様々な感情や人間模様を描いていくドラマだと説明しています。

しかし、気になるのは、誘拐犯は誰で、目的は?ということです。

6話では温人の会社の社員、鈴間亜矢が犯人の1人と判明。

しかし真犯人は他にいるようです。

真犯人にたどり着くまで、まだいろいろなことが起こりそうで目が離せません。

一体誰が何の目的で身代金誘拐を繰り返しているのか、マイファミリーのキャストや相関図から真犯人を予想してみたいと思います。

マイファミリーの相関図とキャスト

主演を務める二宮和也さん家多部未華子さんを始め、豪華なキャストが勢揃いです。

マイファミリー相関図

相関図に沿って、グループに分けキャストをわかりやすく紹介して行きます。

鳴沢家

鎌倉の誰もが憧れるような豪邸に住んでいる家族。

  • 鳴沢 温人(二宮和也):時代の寵児と持て囃されているゲーム会社「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」のCEOで有名人
  • 鳴沢未知留(多部未華子):SNS のフォロワー数が一万人を超えるセレブな温人の妻
  • 鳴沢友果((大島美優):誘拐されてしまう温人と未知留の娘
  • 鳴沢 麻由美(神野美鈴):温人の母で大宮でスナックを経営している。
  • 牧村 正文(大友康平):未知留の父、温人の母となかがよく相談相手。

事件の鍵を握る温人の親友

  • 三輪 碧(賀来賢人):いい加減だが、世渡り上手な弁護士世渡り上手な弁護士。
  • 東堂 樹生(濱田岳):友達思いな警備会社で働く元神奈川県警捜査一課の刑事。

ハルカナ・オンライン・ゲームス

  • 立脇 香菜子 (高橋メアリージュン):温人のビジネスパートナーで、温人と強い絆で結ばれている。
  • 備前 雄介(渡辺邦斗):財務を握る、ヘッドハントで引き抜かれた優秀な男。
  • 鈴間 亜矢(藤間爽子):プログラミングの技術が高く黙々と仕事をこなす社員。

神奈川県警捜査一課

  • 葛城圭史(玉木宏):特殊犯対策係補佐・警部で執着心を持ち、数々の現場で実績を挙げてきた。
  • 吉野 栄太郎(富澤たけし):ノンキャリアで叩き上げの警視。温和な人柄で部下からの信頼も厚い。
  • 日下部 七彦:キャリア組のエリートで管理官・警視。しかし出世街道からやや遅れているため、葛城への対抗意識が強い。
  • 鷲尾 千草(山田キヌヲ):殊犯罪対策係・巡査部長で鳴沢家の誘拐事件を担当。
  • 梅木 司(那須雄登/美少年):特殊犯罪対策係・巡査で新米刑事。葛城と行動を共にする。

 

  • 阿久津 晃(松本幸四郎):日本を代表するネットサービス企業・NEXホールディングス社長のCOO。鳴沢家とは家族ぐるみの付き合い。

 

  • 東堂亜希(珠城りょう):4話の回想シーンで登場したきり、出演していませんが鈴間亜矢と姉妹説が流れています。さて、実際のところはどうなのでしょうか?

マイファミリー誘拐犯は誰で何が目的なのかを予想

鳴沢 温人は時代の寵児と持て囃されているゲーム会社のCEOで、予告動画でもメディア関係にインタビューされているように有名人で世間で顔を知られているという設定です。

それを妬む不特定多数の人間の一人かもしれないし、過去の何かの出来事で恨む人もいるかもしれません。

はたまた、身近な人間の仕業かもしれません。

犯人を予測するのも大変です。

▼▼▼見逃し配信はこちら▼▼▼

第1話あらすじ

ある日、温人に「娘さんを誘拐した」という電話がかかってくる。

犯人の要求は、警察には話さないことが条件で、身代金は5億円。

しかし、温人は警察に誘拐のことを話し、警察は鳴沢家に待機していた。

温人は犯人に気づかれないように行動しているつもりだった。

5億円もすぐには用意できず、未知留は親友にお金を貸して欲しいと頼んでみますが、警察から誰にも話してはいけないと言われていたこともあり、温人が遮ります。

なんとか5億円を用意し、犯人の指示に従い運んだものの、犯人が警察が関与していることを察し、取引は中止、あなたのせいだと言う。

温人は娘の命だけは助けて欲しいと懇願する。

すると、犯人は完全に警察を排除しろと言う条件を出した。

温人と未知留は警察を排除し、自分たちで娘を助け出すことを決意する。

もともとギクシャクしていた家庭のようですが、誘拐事件でこの夫婦の関係がうまくいっていないことがよくわかります。

自分たちで娘を助け出そうとすることで、この夫婦の関係もいい方向に変わってくるのかもしれませんね。

その後のあらすじ

無事、娘の友果ちゃんを取り戻すことができたとホッとした1年後、今度は三輪の娘・優月ちゃんが同じ犯人に誘拐される。

また、警察に言ったら優月ちゃんを殺すと脅され、お金の受け渡しは温人が指名された。

東堂が実は5年前に自分の娘・心春が誘拐され、いまだに帰ってきていないと告白。

これで、大学時代の親友だった3人すべての娘が誘拐されたことになる。

優月ちゃんを助け出した後、東堂に犯人が乗った車を追いかけて犯人を突き止めるつもりだった。

しかし、温人の妻ミチルが犯人の車を追いかけ、犯人の顔を見ようとしたことで、それを止めた東堂は犯人を逃してしまった。

温人はミチルに三輪の娘の誘拐のことを話していなかったが、ミチルは温人の行動に不信を持ち、ドライブレコーダーを見て、事実を知り、この行動に及んだ。

その1年後、1億円が温人に届いた。

犯人から電話があり、あなたは大切なパートナーだと。

そして、今度は阿久津の娘・実咲チャンを誘拐した、阿久津さんにお金を用意するように伝えるよう指示された。

犯人は、今回は1億円づつ10回に分けて支払うよう指示してきた。

阿久津の妻は、温人が犯人と共謀しているのではないかと疑い、お金の入ったトランクにGPSを入れたと告白。

温人はそのGPSを追い、犯人にたどり着く。

そしてそこで見たのは、温人の会社の社員・鈴間亜矢だった。

しかし、温人は〇〇で気を失って倒れてしまう。

第7話で誘拐犯は東堂樹生だったことが判明

鈴間の上司であり、温人のパートナーである立脇香菜子に疑いの目が向き、阿久津に頼まれ温人は香菜子のバッグにGPSなのか盗聴器なのかわからないが、何かを仕込んだ。

その結果、夏菜子と鈴間がメールのやり取りをしていたことがわかり、防犯カメラの映像には、夏菜子が鈴間のPCを取り出しているところが写っていた。

阿久津と温人が問いただすと、香菜子は阿久津の娘が誘拐されていることを知らなかった。

鈴間が誘拐犯だと知っていたが、自社に誘拐犯がいることが世間にわかったらハルカナが終わってしまうことを恐れ、鈴間に会社を辞めてもらったと伝えた。

夏菜子にとってハルカナという会社はそれほど大切だったのだ。

温人が犯人から指示を受け、お金を車に積んだ後、鈴間亜矢が現れ「仲間が見ています。相手を軽く見てはいけません。」と忠告してきた。

その後、温人が家の中に仕掛けられている盗聴器を発見したこと、東堂の結婚式の写真に鈴間亜矢が写っていたことを発見し、東堂に「誘拐犯はお前なのか?」と聞くと「そうだ、俺が友果ちゃんを誘拐した」と告白。

第8話・東堂が友果ちゃんを誘拐した理由

東堂は真犯人に脅されて、友果ちゃんを誘拐したのだと思っていましたが、東堂が企てたことでした。

そして鈴間亜矢は妻の亜希の妹で東堂が協力を頼んだことが明らかになりました

心春ちゃんをの誘拐の取引が中止になった後、警察は亜希のアリバイがあやふやだったことで狂言誘拐を疑った。

東堂は亜希が何か隠しているのではないかと追い詰め、妻は出て行ってしまった。

警察は警察内の人間の妻が犯罪を犯していたら警察としては立場がなくなるため、捜査はたち消えそうになり、東堂は警察を辞め、1人で捜査をし始めた。

が、なかなか思うようにいかなかった。

東堂はその誘拐犯の模倣をし暴露本を書くことで、新たな情報や犯人からの連絡があるかもしれないと思ったと言う。

無事友果ちゃんが戻りしばらくした頃、心春ちゃんを誘拐した犯人から電話がかかってきて、美輪の娘を誘拐するように言われれる。

心春ちゃんが生きているかどうかを犯人に確認すると、生きていると言われ、東堂は三輪の娘・優月ちゃんも誘拐した。

犯人に友果ちゃんと優月ちゃんの身代金と引き換えに心春ちゃんを返してもらう約束だった

しかし、犯人は阿久津の娘・実咲を誘拐したので、温人に1億円送り、金の受け渡しをさせるよう命じられる。

東堂はそれを実行したが、阿久津が警察に連絡したことがバレて、手元にある身代金と引き換えるのは実咲ちゃんか心春ちゃんのどちらか1人だと決断を迫られる。

東堂は生きている可能性が高い実咲ちゃんを選んだ。

それぞれの思惑があってそれぞれが動いていますが、最終的には友達のためにという感動的な話にもなっています。

心春ちゃんと実咲ちゃんを誘拐した真犯人を予想

心春ちゃんを真犯人が誘拐したのはわかりますが、なぜ実咲ちゃんの誘拐は東堂に頼まなかったのでしょうか?

予告で東堂が言っていたように、実咲ちゃんを直接誘拐しなくちゃいけない理由があったのではないでしょうか?

実咲ちゃんが持っていたタブレットが鍵を握っているような流れになっていますよね。

実咲ちゃんが心春ちゃん誘拐事件を目撃したとか?

タブレットの中に写真があるとか?

真犯人は誰でその目的を予想

なぜ、最初の誘拐のターゲットが東堂の娘だったのか?

刑事の給料ってそんなに高くないと思うので、目的はお金というより、藤堂を苦しめたかったという理由が濃厚ではないでしょうか?

東堂を苦しめたかった人物は誰か?

考えられるのは

  1. 家を全く省みなかった夫に不満を持っていた妻→警察が狂言誘拐を疑っていた
  2. 警察内で東堂のことを恨んでいる人物→意外だけれども葛城警部ってことも?
  3. 東堂が関わった事件の関係者の中で藤堂を恨んでいた人物→それならすでに伏線があるはず

1だとするならば、色々と辻褄が合ってくる。

誘拐されて5年経って心春ちゃんが生きているとしたら、母親と一緒にいるからという理由なら納得がいきます。

でなければ、5年前取り引きが終了された時点で心春ちゃんが殺されていてもおかしくありません。

2だとするなら、警察内部者が犯罪を犯すという大きなリスクがあります。

そんなリスクを犯しても誘拐をするというのは、東堂を相当恨んでいる警察関係者

可能性は少ないと思いますが、ゼロではないです。

3はそういう伏線がないので、今回はないと思います。

犯人予想1:東堂亜希(東堂の妻)

もし警察が疑っていたように東堂の妻の狂言誘拐だったとしたら、母親と一緒にいると言うことになるのでちょっとは安心できます。

どこかで母親と一緒に生きて生活していることになります。

でも、妻の亜希が犯人だったら、模倣したなとか連絡してこないと思いました

犯人予想2:警察内の人間

阿久津の家に葛城と吉乃捜査一課長が訪ねてきた時、実咲ちゃんは2人の姿を見て、何か動揺したような表情をしました

それはどちらかが心春ちゃんの誘拐に関わっていたからという考え方もできるのではないでしょうか?

実咲ちゃんが目撃したのがこの2人の中にいたのかもしれません。

葛城は心春ちゃんの誘拐事件を解決したいと思っているように見えますが、実は阿久津や温人を犯人に仕立てようとしてるのかもしてないし、実は吉乃が東堂のことを何かが原因で恨んでいたのかも。

ただ、葛城は手柄を日下部に渡しても事件を解決したいという姿勢なので、吉乃が何らかの理由で東堂のことを恨んでいたのかもしれません。

第9話で日下部が怪しく見えてきました。

東堂亜希の狂言誘拐だと断定していて他の可能性を受け入れなかったことと、タブレットをこちらで回収すると言った時、怪しいと思いました。

鳴沢家を訪ねてきたのは梅木だったが、それは日下部に命令されたからだと思います。

梅木を表から行かせて、家の裏で張っていた日下部、もしくは吉乃が未知留を襲ったのではないでしょうか?

マイファミリー誘拐犯は誰で何が目的なのか?まとめ

東堂亜希がずっと怪しいと思っていましたが、温人が逮捕されたことで警察内の人間が犯人ではないかという疑いが強くなりました。

実咲ちゃんのタブレットが鍵を握るとなり、余計にそう思いましした

日下部、もしくは吉乃捜査一課長が企て、東堂と温人に全ての罪を押し付けようとしているんじゃないかと思います。

心春ちゃんの悩みとこのどちらかの刑事とどんな関係があったのか、来週明らかになりますね。

最終回の展開がどうなるのか楽しみです。

 

▼▼▼見逃し配信はこちら▼▼▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました