やんごとなき一族キャスト相関図の画像&最終話までのあらすじ

やんごとなき一族

いよいよフジテレビ系列、木曜劇場の新ドラマ「やんごとなき一族」が4月21日より、毎週木曜22時に放送されます!

連載中の同名コミックで、原作者はこやまゆかりさん。

物語のあらすじは、下町育ちのごく普通の女性が突然、上流階級の一族に嫁ぐことになり幸せになるために奮闘する、アフターシンデレラストーリー”となっています。

豪華キャストで幕を開ける「やんごとなき一族」を今回、メインキャストと相関図、21日に放送されます、第1話から最終話までのあらすじをご紹介します。

やんごとなき一族キャストの画像を紹介

名家の家族写真で、重厚感の溢れるポスターですね。佐都と健太だけが笑ってないところが、物語を語っているよう。

主人公 篠原佐都:土屋太鳳

ドラマや映画の主演を務めてきた土屋太鳳さん、なんと今回フジテレビ系列のドラマ初出演&初主演となります。

主人公の佐都はとても明るく芯が強い、下町育ちの負けん気があり親しみやすい性格です。そんな彼女の嫁ぎ先が上流社会の一族。

不慣れな生活環境に戸惑い、理不尽なしきたりや親族内での複雑な人間関係に翻弄されながらも、自らの誇りや愛する家族を守るため、夫の健太と2人で一族の厚い壁に立ち向かっていきます。

芯が強くて明るいところが、佐都と土屋さんのイメージにとても合っているように感じます。愛する夫の家族との幸せのために、奮闘する姿を土屋さん演じる佐都の今後が注目です。

佐都の夫 深山健太役:松下洸平

松下洸平さん演じる佐都の夫、深山健太は誠実で明るく気さくな性格で、教養もあるジェントルマン。実は健太の家系は400年以上続く不動産事業を手がけ、莫大(ばくだい)な資産を有する一族で深山家の三人兄弟の次男ということ。

ですが、その事はプロポーズ後、挨拶に行くまで佐都には話していません。

なぜ、家族の事を佐都に話していなかったのか、話の中で明らかになってきます。

名実ともにいま、日本で最も注目される俳優である一人の松下さんが、自らの家族の在り方を変えるため、主人公との夫婦の絆をもとに二人三脚で奮闘する心優しき青年を丁寧に演じます。

その他のキャスト

  • 深山明人(尾上松也) ・・・気弱な深山家の長男。
  • 深山美保子(松本若菜)・・・夫とは違い気丈な明人の妻。

 

  • 深山大介(渡邊圭祐) ・・・奔放な深山家の三男。
  • 深山リツコ(松本妃代)・・・政略結婚の呪縛に苦しむ大介の妻。
  • 深山有沙(馬場ふみか)・・・天真爛漫?深山家の末っ子

 

  • 立花泉(佐々木希) ・・・かつては健太の憧れてた人?容姿端麗な秘書。
  • 篠原良恵(石野真子)・・・食堂を切り盛りしている佐都の母親。

 

  • 深山八寿子(倍賞美津子)・・・威厳のある健太の祖母。
  • 深山久美(木村多江)・・・圭一に逆らえない健太の母親。
  • 深山圭一(石橋凌)・・・深山家の当主で健太の父親。

相関図

佐都と健太はこの深山家の人々と戦っていくのですね。

お父さんと祖母の八寿子さんが怖そうですよね。

やんごとなき一族・あらすじ

21日に放送される第1話。そのあらすじをご紹介します。

第1話「アフターシンデレラストーリー開幕!」

第1話あらすじ

篠原佐都(土屋太鳳)は、母の良恵(石野真子)と2人で下町の大衆食堂『まんぷく屋』を切り盛りする女性。ある日、佐都はかねてより交際してきた深山健太(松下洸平)にプロポーズされ、それを受け入れる。

佐都が健太の実家へ挨拶に行くことになった日、2人を迎えに、1台の高級リムジンが店の前に現れる。なんと健太は、江戸時代から400年以上続く名家で莫大(ばくだい)な資産を有する一族・深山家の御曹司だったのだ。

健太の出自に驚き、彼の両親に気に入ってもらえるかと不安がる佐都に、健太はこれまで実家と距離をとってきた理由を正直に打ち明ける。そして、深山家当主である父の圭一(石橋凌)が佐都に会いたがっていることを伝えて安心させる。

その後、2人は深山家に到着するが、圭一から命令された健太の母・久美(木村多江)によって、佐都は門前払いを食らい呆然(ぼうぜん)とする。圭一は、佐都が庶民であるという理由で2人の結婚を受け入れていなかった。上流社会の理不尽なしきたりや深山家内の複雑な人間関係に翻弄(ほんろう)される佐都と健太。そしてここから、2人の奮闘の日々が幕を開ける!

第1話のネタバレ↓

やんごとなき一族第1話あらすじネタバレ!感想と放送後の反響

初回から見応えありましたね。

第2話 「正妻VS愛人!襲いかかる非情なる掟」

◆第2話あらすじ◆

深山佐都(土屋太鳳)は、義姉の美保子(松本若菜)によってサウナ室に閉じ込められるが自力で脱出。美保子のもとへ戻り、入院した母・篠原良恵(石野真子)を見舞いたいと頼むと、美保子は義祖母の八寿子(倍賞美津子)に断りを入れるようにと促す。しかし、八寿子は佐都の申し出を許さず、深山家の跡取りである健太(松下洸平)と結婚した以上、深山家の発展に人生の全てを捧げるのは当たり前だと責(しっせき)する。

その後、帰宅して事情を知った健太は、すぐに良恵のところへ行くよう佐都に告げる。深山家の理不尽さを訴える健太は、八寿子らに対し、自分の家と佐都の実家の両方を夫婦2人で守っていくと宣言する。

健太に従い屋敷を出ようとした佐都は、深山家へ来訪した葛西綾(小沢真珠)と玄関でぶつかってしまう。するとそこに久美(木村多江)が来て、綾を丁寧に出迎える。綾は八寿子への贈り物と、圭一(石橋凌)の忘れ物だという小袋を久美へ差し出す。この時、佐都は久美と綾の関係性、深山家の奥深い闇にまだ気づいていなかった。

病院で良恵の無事を確認した佐都は、翌朝、深山家に戻る。しかし、思いもよらない事態が佐都を待ち受けていて…。

 

第2話のネタバレ↓

やんごとなき一族第2話あらすじネタバレ!感想と放送後の反響

とてもスカッとした話しでしたね!

第3話 結婚は誰のためのもの?三男夫婦の独立宣言

◆第3話あらすじ◆

深山佐都(土屋太鳳)は、義母の久美(木村多江)の気持ちを案じて深山家の愛人問題に一石を投じた。しかし、佐都を健太(松下洸平)の妻として認めようとしない義父・圭一(石橋凌)は、さらなる策略を巡らせる。圭一は、かつて健太が慕っていた立花泉(佐々木希)を彼の秘書にしたのだ。だが、すでに健太は佐都だけを愛しており、二人は間もなく迎える二人一緒の誕生日に旅行を計画する

ところが、圭一が健太に同行するよう命じた福岡出張が誕生日と重なり、旅行の計画は頓挫することに。健太に期待し、大きなプロジェクトを任せるという圭一の様子に、明人(尾上松也)と美保子(松本若菜)は歯がみをしていた。

健太が圭一と出張に出かけた日、佐都は有沙(馬場ふみか)に呼び出される。有沙は深山家所有のクルーザーで遊んだ後の片付けを佐都に頼んだのだ。断り切れない佐都が掃除をしていると、そこにリツコ(松本妃代)が現れる。事情を察し憤ったリツコは、佐都を連れ出して彼女の誕生日パーティーを開催する。同じ深山家の嫁として佐都を励まし、深山家に対する愚痴をこぼすリツコだったが、ふとスマホを見ると顔色を変え、パーティーをおひらきにすると言いだし…。

第3話のネタバレ↓

やんごとなき一族第3話 大介とリツコの結末は?あらすじネタバレ!

色々な夫婦な形を知り感動しましたね。

第4話 佐都健太破門の危機!女郎蜘蛛は誰に微笑む!?

◆第4話あらすじ◆

深山佐都(土屋太鳳)は大介(渡邊圭祐)とリツコ(松本妃代)の離婚に加担したと、圭一(石橋凌)の怒りを買い、深山家から追い出されようとしていた。圭一は健太(松下洸平)に離婚届を渡すが、健太は何があっても佐都とは別れないと答える。すると佐都は、もう一度チャンスが欲しいと圭一に頼み、健太と二人で頭を下げる。

圭一は、新たに建てる商業ビルにパリの有名レストラン『ソリマチ』を招聘できたら先の件は不問にすると佐都と健太に言い渡す。だが、そこには彼のある思惑があって…。一方、健太に代わりに福岡のホテルを任されることになった明人(尾上松也)は、圭一からホテル事業を行う新会社社長の椅子をほのめかされる。美保子(松本若菜)は今度こそ佐都、健太夫婦を叩き潰そうと明人を焚きつけた。

佐都と健太は『ソリマチ』のオーナー、反町を探す。彼の経歴を必死に調べ、健太はようやく会うことに成功するが、反町の返事は芳しくない。だが、健太は反町のバックに“マダムキリコ(長谷川京子)”という人物がいるとの情報を得る。しかし、年齢、国籍、性別まで不明とキリコは謎だらけ。佐都と健太が考えあぐねていると、そこに大介が現れる。大介は、佐都たちが見ていたキリコの情報に反応し…。

第4話のネタバレ↓

やんごとなき一族第4話マダムキリコを口説けるか?ネタバレと反響

佐都と健太夫婦の絆が強くなったお話しでしたね。

第5話 上流社会を生きる女の宿命!理不尽なお見合いに立ち向かう

◆第5話あらすじ◆

深山佐都(土屋太鳳)と健太(松下洸平)は、圭一(石橋凌)から命じられたレストラン招聘の手柄を深山明人(尾上松也)と美保子(松本若菜)に奪われたものの、佐都たちを気に入ったマダムキリコ(長谷川京子)の協力によりなんとか窮地を脱する。しかし、そんな二人に、新たな問題が襲いかかる。

末っ子の有沙(馬場ふみか)に見合い話が持ち上がったのだ。相手は貿易会社の御曹司・香川友貴(森田甘路)。佐都は仲人の根岸(田山涼成)から圭一への取りなしを頼まれていたが、うっかり忘れていた。有沙はそんな佐都のことを責め立てる。

健太は、家の繋がりを重要視する圭一ならこの縁談にはのらないだろうと有沙を慰める。ところが、見合いの席で香川家の経歴を耳にした途端、圭一の目の色が変わり…。

佐都と健太、久美(木村多江)は有沙の縁談を考え直すよう圭一を説得するが、圭一は聞く耳を持たない。その上、圭一は有沙を部屋に閉じ込めておくよう厳命する。困り果てた佐都と健太は、有沙との縁談を断ってもらうよう香川に直接頼み込む。その後、二人が家に戻ると、有沙が姿を消していて…。

引用:やんごとなき一族 公式HPより

第5話のネタバレ↓

やんごとなき一族第5話あらすじネタバレ&反響と感想

深山家の末娘・有沙の運命は。。。!?

第6話 今夜遂に反撃開始!庶民なめんなよ!!

◆第6話あらすじ◆

深山佐都(土屋太鳳)と健太(松下洸平)は、圭一(石橋凌)が強引に進めた有沙(馬場ふみか)の縁談話を止めようとしたが失敗。そんな佐都に久美(木村多江)は深山家を変えて欲しいと望みを託す。ところが、あれだけ香川友貴(森田甘路)との結婚を嫌がっていた有沙は香川を気に入り、早々に婚約してしまう。

二人の結婚準備を圭一に託された明人(尾上松也)と美保子(松本若菜)は婚約祝いの席を設けることにする。美保子は佐都と久美に婚約祝いをお茶会にしようと提案。久美が了承すると、美保子は佐都に雑用を押し付ける。しかし、三人の話を聞いた八寿子(倍賞美津子)は佐都にお手前で客をもてなすよう厳命。佐都は美保子の雑用と茶道の稽古に忙殺される。

そんな時、佐都と健太は良恵(石野真子)に呼び出される。『まんぷく屋』が軒を連ねる商店街の目と鼻の先にある深山グループの土地に、ショッピングセンター誘致の話が持ち上がったのだ。自分たちへの嫌がらせだと圭一に詰め寄った健太を、圭一は会社の利益を考えて判断しろとたしなめる。健太がショッピングセンターより利益が上がる企画を考えると反論すると、圭一は企画提出の期限を告げるが、その日は有沙の婚約祝いの日で…。

引用:やんごとなき一族 公式HPより

第6話のネタバレ↓

やんごとなき一族第6話 あらすじネタバレ&反響と感想

「おもてなしの心」知識がなくても、その気持ちが大事ですね。

第7話 女VS女の修羅場!壮絶な戦いの幕開け

◆第7話あらすじ◆

深山佐都(土屋太鳳)は有沙(馬場ふみか)の婚約披露お茶会を成功させ、久美(木村多江)だけでなく八寿子(倍賞美津子)の信頼を得た。そして健太(松下洸平)は、佐都の実家『まんぷく屋』が軒を連ねる商店街近隣に圭一(石橋凌)が仕組んだショッピングセンター誘致計画を阻止。佐都と健太たちは『まんぷく屋』で祝杯をあげるが、その席で、良恵(石野真子)が佐都の妊娠に気づく。

二人から妊娠の報告を受けた圭一は久美とともに大喜び。しかし、そこに居合わせた美保子(松本若菜)の肩身は狭い。出自を明人(尾上松也)とともに隠していたことで、夫婦ともども圭一に見放されてしまったのだ。佐都は彼女を庇おうとするが、美保子はこれからが地獄の始まりだと吐き捨てて去ってしまう。

幸せの絶頂にいる佐都だが、美保子の言葉通り、深山家での出産には様々なしきたりがあることを知る。そんな時、健太の秘書・立花泉(佐々木希)の父・立花隆(篠井英介)が環境大臣に就任したことを知った圭一はほくそ笑む。圭一はまだ佐都を深山家から追い出す手段を考えていた。美保子もまた明人を深山家の後継者にする夢を捨ててはおらず、泉に接近して佐都の妊娠を知らせる。そして、健太の帰りを待つ佐都のもとに泉がやって来て…。

引用:やんごとなき一族 公式HPより
第7話のネタバレ↓
佐都と健太の2人に巻き起こす壮絶な戦いとは。。。

第8話 女同士の激情が衝突!衝撃のクライマックスへ

◆第8話あらすじ◆

深山佐都(土屋太鳳)は健太(松下洸平)との子供を身ごもる。二人から報告を聞いた圭一(石橋凌)は喜ぶが、彼にはある思惑があった。それは、健太と秘書の立花泉(佐々木希)を結婚させ、佐都を深山家から追い出すこと。その思惑は環境大臣に就任した泉の父・立花隆(篠井英介)とも一致。深山家と立花家を強く結びつける二人の計略は実行に移され、泉も健太に積極的なアプローチを開始する。

圭一は佐都に、産まれた子供とともに深山家から出ていくよう厳命する。佐都は抵抗するが、話を聞いた母の篠原良恵(石野真子)は、これ以上娘をバカにするなと激怒。良恵は駆けつけた健太に、佐都と別れて欲しいと頭を下げる。

それでも、二人がお互いを想い合う気持ちは変わらない。健太は良恵に会い、自分がもっと強くなり佐都と子供を守ると宣言。そんな健太に、良恵は絶対に負けないことを約束させる。

同じ頃、泉が佐都の病室を訪れる。健太と別れるよう促す泉に、佐都は絶対にギプアップしないと言い、彼女を追い返す。そんな二人のやりとりを、ちょうど佐都の見舞いに来ていた大介(渡邊圭祐)が聞いてしまい…。

引用:やんごとなき一族 公式HPより

第8話のネタバレ↓

やんごとなき一族第8話あらすじネタバレと反響・感想

佐都と健太夫婦が離婚の危機に!?

第9話 ついに出産!深山の宿命を打ち破れ!

◆第9話あらすじ◆

深山佐都(土屋太鳳)と健太(松下洸平)は、立花泉(佐々木希)を利用して二人の仲を引き裂こうとした圭一(石橋凌)の策略をかわす。そんなとき、圭一の妹・春菜(キムラ緑子)が深山家にやってくる。春菜は毎年決まった時期に深山家にやってきて、滞在中は美保子(松本若菜)と過ごすのが恒例だった。しかし、妊娠を表明したばかりの美保子を外出させられないと、安定期に入った佐都が相手をすることになる。

佐都は春菜に、アイドルのヤマト(内藤秀一郎)が出演する舞台に連れて行かれる。春菜はヤマトの熱烈な追っかけをしていたのだ。二人が屋敷に帰ると圭一は春菜を叱責。これ以上、無駄金を融通する気はないと吐き捨てる。そして、佐都には子供の性別が判明したらすぐに報告するよう命令する。

同じ頃、健太も参加する深山グループの役員会議に明人(尾上松也)がリモートで出席。そこで明人は、休養の礼と自身が奔走するビッグプロジェクトについて述べる。一方、美保子はそのことをつゆ知らず、一向に家に戻らない明人に焦燥感を募らせる。

そんな中、春菜はヤマトを深山邸での食事に招待する。給仕に呼ばれた佐都の妊娠を知ったヤマトが子供の性別を尋ねると、なぜか春菜は取り乱した様子で…。

引用:やんごとなき一族HPより

第9話のネタバレ↓

やんごとなき一族第9話あらすじネタバレと反響・感想

長い歴史を持つ深山家の根深い問題が明らかに!?

第10話 佐都と健太最大のピンチ!?別れの危機を脱せるか

◆第10話あらすじ◆

深山圭一(石橋凌)に偽の妊娠だと見抜かれ、ナイフに手を伸ばした美保子(松本若菜)を止めようとした佐都(土屋太鳳)は急に産気づいてしまった。久美(木村多江)が使用人たちに指示を出し、佐都は深山家のリビングで無事に女の子を出産。その後、佐都は赤ちゃんとともに病院に移り、健太(松下洸平)、久美、良恵(石野真子)らに囲まれ、幸せな時間を過ごす。健太は幸福の中で、佐都の出産前に明人(尾上松也)から言われたことが気になっていた。

退院した佐都が深山家に戻ると、圭一は赤ちゃんの顔を見ることなく、早く次に男の子を産めと命令する。健太は佐都をかばうが、使用人たちの目も厳しく、久美も男の子を産み分けるためのサプリメントを佐都に渡す。

しかし目の前の子を大切にしたい佐都は、サプリメントは飲まないと圭一に申し出る。深山家の存続のためだと激怒する圭一。そんな中、長らく姿を消していた明人が突如深山家に戻ってきて、その理由を知った健太たちは驚く。さらに、佐都と健太の仲を揺るがす出来事が起き…。

引用:やんごとなき一族HP

第10話のネタバレ↓

やんごとなき一族第10話佐都は健太と別れるのか?ネタバレと反響

佐都と健太が別れる事態に

最終話

佐都(土屋太鳳)は娘の凛を連れて深山家から出て行く。夫の健太(松下洸平)が、佐都と出会ってからの記憶を失くしてしまい、別人のようになってしまったからだ。圭一(石橋凌)はこれで自分の思惑通りになったとほくそ笑むが、女性を見下す彼の態度に、とうとう久美(木村多江)の堪忍袋の緒が切れる。一方、万野誠(石黒賢)と手を組んだ明人(尾上松也)は、健太が記憶を失ってもなお、圭一が自分ではなく彼を跡取りにしようとしていることを知り、深山家そのものを潰してしまおうとしていた。

その後、佐都が実家の『まんぷく屋』で良恵(石野真子)を手伝っていると久美が訪ねてくる。今まで辛い思いをさせたと謝る久美に、佐都は気丈に振る舞う。久美と入れ替わるように美保子(松本若菜)もやってきて、圭一に罵られた時に気持ちを抑えられなくなった自分を佐都が止めてくれたことに感謝する。そして、美保子は深山家の存続に関わる重大な問題を佐都に伝える。

健太は出て行った佐都が気になり、久美や有沙(馬場ふみか)、大介(渡邊圭祐)、使用人にまで自分たち夫婦のことを聞いて回る。誰も佐都を悪く言う者はなく、彼女と出会ったことで自分が変わったことを知った健太は『まんぷく屋』へ。応対した良恵に、自分がどんな人間だったか佐都から聞きたいと頼むが…。

その裏で、明人の計画が実行に移される。深山グループに経営破綻の危機が訪れて…。

引用:やんごとなき一族HPより

 

 

コメント

  1. […] やんごとなき一族キャストの画像&最終話までのあらすじ […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました