やんごとなき一族第4話マダムキリコを口説けるか?ネタバレと反響

やんごとなき一族

放送後の反響を呼んでいる「やんごとなき一族」第4話が放送されました。

「やんごとなき一族」第4話は佐都は大介・リツコ夫婦の離婚を後押ししたことで、圭一から深山家を追い出されることに。

ですが、「今進めている新しい商業施設内にパリで有名レストランソリマチを招聘できたら、話しはなかったことにする」と、佐都と健太に言い渡す。

2人は必死に探し回わりソリマチの後ろに、マダムキリコという年齢不詳の謎の女性が存在をすることを知る。

何としても離婚を阻止しようと、佐都と健太は、圭一から出された難題を2人で挑みます。

「やんごとなき一族」第4話のあらすじネタバレと反響・感想をご紹介します。

やんごとなき一族第4話マダムキリコを口説けるか?ネタバレ


前回、三男大介夫婦の離婚を後押ししたとして佐都は健太と別れ、深山家から出て行くよう圭一から言い渡される。

健太が立ち上げたプロジェクトも長男の明人に奪われてしまい、佐都はもう一度チャンスが欲しいと懇願する。

絶望的に思われたが、圭一の口から発した言葉は「新しく立ち上げる裏青山の商業施設に、フランスレストランで2つ星を獲得している『ソリマチ』を招聘すること」と2人に命じる。

佐都と健太は早速リサーチするもなかなかうまくいかず、反町本人に会えても断られてしまう。

そんな中、佐都は健太の母親久美から反町と関わりのある「マダムキリコ」の存在を知り、調べていると大介がお金の貸与で佐都と健太の元に訪れる。

当然、2人から断られた大介は帰ろうとした時、クリニックを経営していた時の顧客の中に「マダムキリコ」が居たと話す。

女郎蜘蛛という異名で色んな噂がついている上に、以前から大介に目をつけていたようで時々連絡があると聞き、貴重な繋がりを確保したかったが当然断られてしまう。

佐都は大介が元気そうにしていたこと、「マダムキリコ」を調べている事を久美に話し、画像を見せるとそこに映っていた着物の帯を見て、ひいきにしている呉服屋が扱っていたと聞く。

佐都が呉服屋に尋ねると、主人も通う都内にあるサロンにいると聞き、健太と急いでサロンへ向かうが、会員制のサロンでアポもないまま行ったのですが、深山と名乗るとすんなり入らせてもらえることに。

そこには、上半身裸の若い男性ばかりいる中で2人が案内された先に、「マダムキリコ」が男性たちに囲まれキックボクシングをしていた。

本人に会えた佐都と健太の前に現れたのは、なんと明人と美保子夫婦だった。

実は、以前大介のクリニックで働いていたスタッフに「マダムキリコ」と大介の情報をお金で買っており、さらにお金に困っていた大介を「マダムキリコ」に売ったのだ。

佐都と健太は必死で3人をひきとめようとするも阻まれてしまい、明人と美保子は「マダムキリコ」と一緒に奥の部屋へといなくなる。

その後、明人と美保子は「マダムキリコ」と交渉し、福岡のホテルに「ソリマチ」を招聘できることになったと圭一に報告をする。

このままでは、健太と別れさせられてしまうと焦る佐都は、もう一度「マダムキリコ」と会うため呉服屋の主人に連絡を取り、紹介という形で入らせてくれることに。

だが、カーテン越しにいた「マダムキリコ」が会いたいと誘ったのは佐都だけで、佐都とキリコ2人きりで話すことに。

そこで佐都は「マダムキリコ」が深山家の昔からの習わしや男尊女卑があり、毛嫌いしていることを知る。

また、「マダムキリコ」は昔、フランスで食べた小さな農家で作っていたハムが美味しくて、農家の手伝いをしたり、身の上話などを聞き1人で地道に足を運び、小さな農家から世界一のブランドにまで知れ渡らせた。

男社会で這い上がるのはとても大変ことなど、ここまで成り上がった経緯を話す。

男に媚びたり、結婚なんて何がいいのかというキリコに対して佐都は「この男社会の問題から逃げている、問題に立ち向かわなければならない、私たちは諦めないで戦う」と宣言する。

健太も大介の話を聞き、金の力はないが実力のある若者を支援する「ベイビーズ」を立ち上げており、反町もその中の1人だと健太は知る。

再度、健太はソリマチのことでもう一度話がしたいとキリコに懇願し、深山家に招待する。

佐都はどうすれば契約に結べるか考え、キリコが訪れる当日実家の看板メニューである「もつ煮」をキリコに食べてもらうことに。

「キャビアやフォアグラではなくもつ煮を食べさせようと思ったのはなぜ?」と聞かれた佐都は、「キリコさんの原点を聞かせてもらい、私の原点をキリコさんに知ってもらいたい」と話す。

健太も圭一とは違い、佐都が傷付く前に家を出ようと思ったが無理だと悟り、自分が深山を変えなければという思いを話し、2人は頭を下げる。

キリコは佐都の出した「もつ煮」の権利とレシピをもらう代わりに、ソリマチを考え直すと条件を出すも、健太は佐都が大事にしていた物を奪うことは圭一と同じことをすると断る。

それなら仕方ないとソリマチとの契約を明人と結ぶことになる。

正式にソリマチとの契約が決まったことが圭一の耳に入り、明人を労うと同時に新たにパリで有名な建築家が建築を手掛けてくれることを話す。

明人も美保子も驚くなか、その建築は福岡の方ではなく健太の裏青山プロジェクトの方だという。

なんと「マダムキリコ」の推薦だということに佐都と健太は驚愕し、さらに話題性ではソリマチよりも上だと、圭一は健太を褒める。

それにより、佐都と別れるという件はなくなり2人は安堵するのも束の間、佐都宛に呉服屋の主人から郵送物が届く。

その中身はなんと、末っ子有沙のお見合い話だった。

マダムキリコと会う口実を頼んだ際に、主人からお見合い話を頼まれていたのを佐都は思い出した。

深山家にとって見合い話しはとても重要で断ることもできず、これも昔からのしきたりがあることを知らなかった佐都に、また一波乱起こすことになる。

第4話ゲスト俳優

今回の中心人物「マダムキリコ」を演じた長谷川京子さん43歳とは思えないほどの美魔女感を醸し出され、とてもお綺麗でしたね!

国籍・年齢・性別までもが不明と謎だらけで、女郎蜘蛛の異名を持つ「マダムキリコ」。

実は世間の噂とは違い、才能があってお金のない若者を援助する素敵なマダムでした。

深山家を嫌う「マダムキリコ」は、佐都と健太の戦う姿勢に心動かされたのでしょうね。

やんごとなき一族第4話の反響と感想

今回はいつもは別々の佐都と健太が、一緒になって難題に挑んだお話しで、ますます2人の仲が強く感じた内容となった印象でした。

また、前話では離婚したばかりの大介も出て「その後何しているのか?」と気になった視聴者もいたかと思います、

— News371 (@hiw_j7) May 12, 2022

大物相手に毎回、佐都が反論するときに「憚(はばか)りながら言わせて頂きます」という一言も、クライマックスの一つとなっています。

今回、これを言ったキリコと佐都とのキスシーンに驚かれた方が大勢いたでしょう。

そして第4話の放送前日の朝、突然の訃報に世間では驚きの声が続出しました。

突然訪れた上島竜兵さん訃報の話しに、驚きと悲しみが日本中に巻き起こしました。

佐都に実家である食堂の常連客として、1・2話とダチョウ倶楽部のメンバーと出演されてました。

今後の佐都と健太の幸せを見守っていて欲しかったですね。

今回も絶好調「松本劇場」!

毎回どのシーンに出てくるかこれも、やんごとなき一族の楽しみの1つでもあります。

佐都が落ち込んでいる時に、追い討ちをかけるかのようなタイミングで出てきますね。

放送後の反響

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4話を見た視聴者の感想で一番多かったのは、佐都と健太の絆が強くなった!ラブラブシーンに癒される!という声が多かったですね。

また、マダムキリコが意外に良い人だったという声もありました。

第5話のあらすじはこちらから。

ドラマ「やんごとなき一族」まとめ

深山家の当主、圭一から追い出されそうになるが佐都と健太は夫婦として協力し合い、危機を乗り越えられましたね!

今までは、佐都が深山家を変えると奮闘してましたが今回は、健太も一緒になって奮闘する姿に愛を感じました。

ですが、ラストは有沙にケーキを頭にぶちまけられた佐都に、また波乱が巻き起こる予感がします。

次回では、どんな試練が佐都と健太に訪れるのか楽しみですね!

コメント

  1. […] やんごとなき一族第4話マダムキリコを口説けるか?ネタバレと反響 […]

タイトルとURLをコピーしました