やんごとなき一族第5話あらすじネタバレ&反響と感想

やんごとなき一族

放送回が増す毎に反響を呼んでいる、土屋太鳳主演「やんごとなき一族」も5話目となりました。

結婚をしたことで庶民の生活から上流社会へと一変した篠原佐都は、夫の健太との幸せのために昔ながらのしきたりなどに立ち向かうという「アフターシンデレラストーリー」。

こちらでは、「やんごとなき一族」のあらすじネタバレ、Twitter上での反響と感想をお伝えしていきます。

では、第5話のあらすじネタバレ、反響と感想をご紹介しますね。

別の記事で1話〜4話のあらすじネタバレ、反響と感想を載せていますのでそちらの方もご覧ください。

第5話「非常な縁談を阻止できるか!?末娘の運命は・・・」


お見合い当日、見合い相手の香川友貴は、有沙を見た瞬間「100点満点!」と点数をつけるとデリカシーゼロの発言男。

今まで見てきた上流階級の中では品がなく、深山家は唖然とする。

さすがの圭一も後ろ向きだったが、香川家の親戚に国交省の人間が多いと分かった途端、圭一の目の色が変わり縁談話しを進めていく。

その後も有沙はさらに嫌がるが、圭一は家のためにこのまま縁談を断る気がないと、有沙を部屋に閉じ込めるよう命じる。

佐都と健太は香川友貴に会い縁談を断って欲しいと頼むも、相手は有沙のことを一目惚れしたと言って、応じてくれなかった。

そんな中、有沙は隙を見て家を出て行ってしまい深山家総出で探しだすも、GPS付きの携帯を捨てると連絡が入り、久美はショックで泣き崩れてしまう。

健太が半ば諦めながら、有沙の携帯に連絡をすると繋がり佐都と2人で言われた場所に向かう。

着いたところは古いアパートで、インターホンを押すと部屋から有沙が出てくる。

実は有沙の交際相手の中島俊也の部屋で、2人は1年ほど前から付き合っていると聞いた佐都と健太は驚きを隠せない。

その後、深山家では明人夫婦以外全員が見合い話を断るよう圭一に懇願し、今回の見合いは無しにすることとなり、佐都と健太は安堵する。

その話しを有沙に報告しに行き4人は食事をする中、佐都と健太の様子を見て2人のように幸せになろうと有沙と俊也は約束をする。

だが、買い物から帰った有沙と佐都の前に明人と美保子が俊也の部屋で2人を待ち、有沙と別れるよう大金を渡し別れさせ、有沙を連れ深山家に連れ戻す。

圭一は有沙を連れ戻した明人と美保子を褒めた上に、有沙の結婚準備を2人に任せることに。

深山家に戻った佐都は、見合い話が無しになったのは嘘だと知り、もう1度考え直して欲しいと圭一に懇願し土下座までするも話を聞いてもらえず。

その様子を見ていた有沙は踏ん切りがついたのか、見合いの話を受け入れ絶対に幸せになってやる!と佐都と圭一の前で宣言する。

その夜、久美は「この子たちの幸せは私が必ず守らなきゃとずっと思っていたが、私が悪かったんだ」と今までのことを後悔し、「深山家を変えて欲しい」と希望を託される。

第5話のゲスト俳優

今回は有沙のお見合い相手で貿易商の御曹司・香川友貴役を演じるのは森田甘路さん。

色んなドラマでよく見かけますよね。

真犯人フラグでも亀田運輸で凌介の部下・小峯役を演じていらっしゃいました。

父・圭一は強引に縁談話を進めますが、有沙はまだ結婚したくないと拒否し、家を飛び出します。

しかし、結婚したかった相手と幸せな家庭を作るという夢が叶わず、落ち込みます。

そんなことがあったことは全く知らない香川からデートに誘われ、何かが吹っ切れた有沙はデートへ行くことに。

その後の進展は次回の第6話で明らかになります。

もう1人のゲスト俳優は、有沙の交際相手の中島俊也役を演じた葉山奨之さん。

土屋太鳳さんとはNHK連続テレビ小説「まれ」で共演以来7年ぶりとなり、有沙役の馬場ふみかさんとも共演があるそう。

わがままで自由奔放な有沙が一目惚れした植木屋職人の見習い役として、素直で優しく有沙に一途な青年を演じます。

有沙が深山家の娘と分かっているも、一緒に幸せになろうと約束をするのだが、明人と美保子に大金を前に有沙と別れることになる。

やんごとなき一族第5話 反響と感想

今回、公式Twitterでもハンカチの用意をと書いてありましたが、胸が締め付けられるシーンもあり泣いてしまった方もいたのではないでしょうか?

そんな切なかった内容だった5話での、反響した場面をいくつかご紹介していきます。

佐都と健太の仲睦まじきシーン。

2人がメンチカツを分け合う様子を見て、有沙は2人のように幸せになりたいと強く思うシーンです。

前作までの有沙のイメージが一変、家のしがらみを嫌がり好きな人と普通の幸せを願う女性を見せています。

また、いつもなら離れで2人きりで仲良くしているシーンの多い佐都と健太、今回は有沙と俊也の前で見せており、微笑ましい上に理想の夫婦だな感じます。

ラストのシーンで有沙が友貴とデートに行くところを健太が見送るシーン。

何かが吹っ切れた有沙を健太が見送るシーンで、健太がどんな気持ちだったかが分かる場面となってます。

このシーンを見て、胸が締め付けられる思いになった方もいたのではないでしょうか。

今回も松本劇場大反響となっています!共演者の松下洸平さんもツボっているとか。

本編では、佐都が絶望している中突然始まる松本劇場ですが、Twitterではオフショットの様子が動画でアップされています。

ドラマと同じくらい楽しみにしています。

やんごとなき一族第5話まとめ

一つ解決したと思いきや、また一波乱と続くやんごとなき一族。

思わぬ形で有沙の見合いが舞い込んでしまい、佐都と健太は深山家でのお見合い事情を変えようと奮闘します。

また、久美から深山家のしきたりや昔ながらの風習を変えて欲しいと懇願された佐都、後ろでひっそりと聞いていた健太の2人は今後どう動いていくのか。

次回もどんな波乱が巻き起こるのか、佐都と健太は新たな試練にどう立ち向かっていくのか楽しみですね!

 

 

 

 

コメント

  1. […] また、5話のあらすじネタバレと感想はこちらからご覧いただけます。 […]

  2. […] 第5話のあらすじはこちらから。 […]

タイトルとURLをコピーしました