やんごとなき一族第2話あらすじネタバレ!感想と放送後の反響

未分類

放送終了後、早くも話題を呼んでいる「やんごとなき一族」ご覧になりましたか?

初回放送回にも関わらず、SNS上ではドラマを見た感想を始め、見逃し配信サイトにもランキング1位になる程の反響です!

そんな「やんごとなき一族」第2話のあらすじは、古くから伝わる深山家のしきたりや当主・圭一の愛人が現れるなど、佐都は嫁いで早々に波乱が巻き起こります。

健太と2人でどう立ち向かっていくのでしょうか。

ここでは、「やんごとなき一族」第2話のあらすじネタバレと放送後の反響・感想を紹介しています。

やんごとなき一族第2話あらすじネタバレ


サウナ室から自力で脱出した佐都は、急いで義姉の美保子のもとへ。

佐都は美保子から母親の良恵を見舞いに行くなら、八寿子に断りを入れるよう促される。

だが、八寿子は佐都の申し出を受け入れるどころか許さず「深山家の跡取りである健太と結婚した以上、深山家の発展に人生を全て捧げるのは当たり前」と叱責する。

仕事から帰ってきた健太は事情を知り、すぐに病院へ行くよう言ってくれ、佐都は急いで良恵の元へ向かう。

健太は八寿子達の前で、「自分の家と佐都の実家は同じくらい大事だから、これからは夫婦2人で守って行く」と宣言する。

病院へ向かうため、走り出した佐都は深山家当主圭一の愛人である葛西綾とぶつかる。

綾は八寿子の還暦祝いと深山家を訪れ、正妻である久美にプレゼントと圭一の忘れ物だという小袋に入ってたカフスを渡す。

そんな険悪な状況になっている事も知らず佐都は、深山家の嫁として日々修行を重ねている中、愛人の綾と再び再会する。

そこで佐都は綾がジュエルデザイナーだと知り、圭一が付けていたカフスのデザイン画を見る。

その日の夜佐都は、健太から葛西綾は圭一の愛人だと言うことを初めて知り、複雑の気持ちを抱える。

そんな折、佐都は健太の妹の有沙に呼ばれ、お腹が空いたから何か作ってくれと、厨房にあった食パンを使って調理をしていた。

すると突然、慌ただしく血相を変えた久美が厨房に入り、調理をし始める

なんと30分後に圭一が帰ってくるので、今すぐにスープを用意しなければならないと言う。

佐都も手伝っている中、久美はクルトンに使うパンが無いことに気付き、さらに焦ってしまう。

実は、そのパンは有沙に作るために佐都が使ってしまったのだ。

思いもよらないアクシデントが起きた中、圭一が帰ってきたと知らせを受け仕方なく、クルトンの無いままスープを圭一に出す事に

いつも食しているスープと違う事に気づいた圭一はスープをその場に捨て、「私が許せないものは何か知っているか?規律を乱すことだ」と久美に激怒する。

愛人の元へ行くと言って出て行こうとする圭一に佐都は、自分のミスだと話すもこんなのはおかしいと反論する。

だが逆に、圭一をさらに怒らせ久美に対し「教育がなっていない」と叱責する。

その場にいた八寿子が「健太もいずれ愛人を持ちます。その時はあなたはどうするか心得ておきなさい」と佐都に釘を刺す。

その場を立ち去った圭一は、佐都を陥れるためにある奇策を実行する事に。

健太は遅くまで仕事をしていると、専務専任の秘書としてフランスから帰ってきた泉が健太の前に現れるのだが、実はこの泉は以前、健太が思いを寄せていた女性であった。

 

一方、健太が専務になった就任式が開かれることになり、佐都は義姉の美保子と義妹リツコと一緒に高級ブランド店を貸切、当日に着るドレスを選ぶことに。

その帰り道、偶然にも葛西綾に会い「健太さんを失いたくなきゃ、美容には気を使った方がいい」と青汁を頭から掛けられる。

就任式当日、招待客の対応などで慌ただしくしていた佐都と久美は、招待状を見せびらかす葛西綾の姿を見る。

毅然と挨拶をする久美に対して、「私の花があんなところに置かれると名前が隠れて、目立たないじゃない!」と激怒する。

正妻である久美に難癖をつける綾に対して佐都は、「夫の門出の日に、私が一番感謝を伝えたいのは今まで健太を温かく見守ってくださっていたお義母様なので。」と毅然とした態度で綾を撃退する。

綾が立ち去った後それを見ていた久美も、今まで耐えてきた思いが報われたかのような表情を佐都の前で見せる。

その様子を見守っていた健太も自然と笑顔で佐都に返す。

その後、就任式が始まり圭一から「健太をこれから支える者を紹介する」と発した名が、妻の佐都ではなく、秘書の泉だった。

そして大勢の前に現れた、泉の着ていたドレスはなんと、佐都と着ていたドレスと同じ

その場に居た全員がドレスに気づき、会場がざわついている中、泉は佐都に無礼なことをしたと謝罪をしその場から立ち去るが、その後を健太が追いかける

その様子を見ていた佐都に圭一が「あの2人が親密な関係になったとしても、愛人として迎えるだけだ」と告げる。

第2話のゲスト俳優

今回のゲスト俳優として登場されたのは、圭一の愛人である葛西綾を演じる小沢真珠さん。

圭一の愛人の葛西綾が登場し、その役が小沢真珠ということもあり、「姉さん、愛人役ピッタリ!!」という声がありました。

2人目のゲスト俳優は芸人、四千頭身の石橋さんが出演していました。
石橋さんが登場されたのは、健太の就任式の会場となったホテルスタッフ役。

さり気なく出てましたが、お気づきになった方も多くいたようです。

見逃したという方は、配信サービスでご確認ください!

やんごとなき一族第2話感想と反響

深山家の当主には、愛人がいて当然という風習があり正妻を始め子ども達も承知しているという不可思議な状況に佐都は納得出来ず。

圭一からも健太が深山家の当主になれば、いずれ愛人を持つだろうと言い放つ。

そんな事は絶対許されないと怒りを持ち、健太の就任式会場での愛人・葛西綾と対立する場面は久美を始め、視聴者もスカッとしたシーンとなりました。

その様子を見ていた健太の表情も嬉しそうでした。

美保子の変顔も回を増すごとに人気が出てきていますね!

SNS上では松本劇場が話題!

 

放送後の反響

 

 

 

 

 

 

 

 

面白くて何回も観ているという声が増え、佐都と健太のラブラブシーンに癒されている視聴者も多いですね。

やんごとなき一族第2話 まとめ

放送開始から2週間で、SNSで反響を呼んでいる「やんごとなき一族」

幸せな結婚生活と思っていた佐都は、慣れない上級階級の世界に立ち向かえるのか。

新たな試練に佐都と健太はどう乗り越えていくのか、“アフターシンデレラ・ストーリー”。

今後の展開が気になりますね。

コメント

  1. […] やんごとなき一族第2話あらすじネタバレ!感想と放送後の反響 […]

タイトルとURLをコピーしました