オールドルーキー全話のあらすじネタバレ!新町の第2の人生の結末は?

オールドルーキー

6月28日(日)夜9時からTBS系でスタートした『オールドルーキー』。

数々のドラマで主演を務めている綾野剛さんですが、日曜劇場では初主演です。

綾野さん演じる主人公・新町亮太郎がプロのサッカー選手から第2の人生=セカンドキャリアを切り開いていくドラマです。

そんな『オールドルーキー』の第1話から最終話までのあらすじとネタバレを紹介していきます。

サッカー一筋だった新町が様々な壁にぶつかり、どの様に第二の人生を切り開いていくのか楽しみですね。

それでは第1話からあらすじとネタバレを紹介していきます。

登場人物とキャストはこちら>>

 

オールドルーキー・第1話あらすじ&ネタバレ

第1話あらすじ

元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野剛)は37歳で選手としてのピークは過ぎたものの、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していた。

しかし、ある日「ジェンマ八王子」の解散が突然告げられる

そして、移籍先が見つからなかった新町は、現役引退を余儀なくされてしまう

住宅ローンも残っているし、10歳と5歳の娘の教育費がかかるのはこれから。

新しい仕事に就こうとするも、サッカー関係の仕事は軒並み断られてしまい、ハローワーク通いを始める。

そして一般的な職に就くものの、サッカー以外になにもやってこなかった新町は仕事の厳しさに直面する。

仕事がうまくいかず悩む新町だったが、それは家庭にも影響を及ぼす。

パパが自慢だった娘たちには引退したことを隠していたのだが、娘たちが異変に気付き親子仲に亀裂が生じてしまう。

ただ、妻の果奈子(榮倉奈々)は新町が新しい仕事に挑むことを応援してくれていた。

そんな新町に、「ビクトリー」の社長・高柳雅史(反町隆史)があるきっかけで、「うちで働いてみないか?」と声をかける。

「ビクトリー」は新町が「ジェンマ八王子」解散のあと、移籍の相談をしたスポーツマネージメント会社だ。

喜んで働き始めた新町に、高柳は若くて優秀な深沢塔子(芳根京子)と組むよう指示を出す。

「ビクトリー」での新町の初めての任務は、ドイツで活躍するサッカー選手、矢崎十志也の日本滞在中のサポート。

しかし、矢崎と新町にはとある因縁があり、しかも矢崎は次々と無理難題を吹っかけてくる。

家族のために、引くに引けない新町は塔子と協力して、この難題を乗り越えることができるのか!?

表舞台の選手から選手を支える裏方へ――。

セカンドキャリアで懸命に生きる新町の第二の人生がスタートする!

引用元:TBS・オールドルーキーHPより

第1話ゲスト俳優

今回は配役が書かれていなかった矢崎十志也は横浜流星さんがサプライズ出演しました。

告知されていなかったので、流星さんが映った瞬間『えっ?!嘘っ』て思った方がたくさんいたと思います。

嬉しいサプライズでしたね。

新町は矢崎の無理難題に答えられたのでしょうか?

ネタバレはこちら>>

アスリートのゲスト出演

  • 大久保嘉人:日本代表の試合に登場
  • その他サッカー選手(名前がよくわかりません)
  • 佐々木主浩(大魔神):焼肉屋のシーンで登場

オールドルーキー・第2話あらすじ&ネタバレ

第2話あらすじ

亮太郎(綾野剛)高柳社長(反町隆史)から、塔子(芳根京子)と組んで9歳のスケートボード選手・牧村ひかりの獲得を任される。

ひかりは、全国大会で優勝したものの、まだ無名な小学生。

今のうちにマネージメント契約を結んで、青田買いすれば、大きな利益を生む可能性が高い。

早速、ひかりの父親でコーチの悠一(桂宮治)を練習場に訪ねるが、悠一は取り付く島もない。

その上、世界最大手のスポーツマネージメント会社も獲得に動き出していた。

窮地に追い込まれた亮太郎たちは、どうするべきか悩んでいた。

そんな中、泉実(稲垣来泉)は相変わらずサッカーを辞めた亮太郎を受け入れることができない。

亮太郎もいまだにサッカーへの未練がまだ残っている自分に気付き、やるせない気持ちになる。

同じ頃、梅屋敷(増田貴久)は選手のスランプに悩んでいた。

担当しているプロゴルファーの高槻(竹財輝之助)が、極度のスランプに陥り、成績が下降していたのだ。

しかし高柳からはなんとか回復させるようにプレッシャーをかけられて、打つ手がなく、困り果てていた。

第2話ゲスト俳優

さて今回のゲスト俳優、牧村ひかりを演じるのは佐竹晃さん、父親でコーチの悠一役は桂宮治が演じます。

プロゴルファー高槻役竹財輝之助さんが演じます。

ひかりちゃんとは契約できたのでしょうか?

ネタバレはこちら>>

第2話では多くのアスリートもゲスト出演していました。

  • 四十住さくらさん(スケボー)
  • 新井真季子(アルペンスキー)

オールドルーキー・第3話あらすじ&ネタバレ

第3話はマラソン選手のお話。

第3話あらすじ

塔子(芳根京子)が入社当時からマネージメントを担当している秀島修平(田中樹)は、マラソン界の絶対的エース。

市原国際マラソンでも「日本記録更新での優勝」を宣言するビッグマウスなアスリート。

しかし、満を持して臨んだレースでまさかの惨敗。

メディアや世間から袋叩きにあう。

秀島はレースで敗北したのを塔子のせいにして、担当を新町(綾野剛)に変えるように高柳(反町隆史)にオーダーする。

高柳は、新町に無事サポートできたら正社員にすることを約束するが…。

ただ、新町は、娘の明紗(泉谷星奈)から「いつサッカー選手に戻るの」と聞かれて、改めてサッカーへの未練を実感していた。

一方、塔子は担当を変えられたことにショックを受けていた。

塔子にとって一番思い入れある選手だったので、なかなか受け入れられない。

そんな中、新体制で始めた練習である事件が起こる

そして、その日を境に秀島は音信不通に

前途多難な日本のエース復活プロジェクトを新町は成功させることはできるのか…。

新町はどうやって秀島を復活させるのか?

第3話のゲスト俳優

冒頭の動画にも登場しているSixTonesの田中樹さんがビッグマウスなマラソン選手役で出演することで話題を集めています。

マスコミから叩かれ、姿を消した秀島修平を、新町は立ち直らせ復活させることができるのでしょうか?

その他、アスリートのゲスト出演もありそうなので、わかり次第追記していきます。

オールドルーキー・第4話あらすじ&ネタバレ

わかり次第追記していきます。

オールドルーキー・第5話あらすじ&ネタバレ

わかり次第追記していきます。

オールドルーキー・第6話あらすじ&ネタバレ

わかり次第追記していきます。

オールドルーキー・第7話あらすじ&ネタバレ

わかり次第追記していきます。

オールドルーキー・第8話あらすじ&ネタバレ

わかり次第追記していきます。

オールドルーキー・第9話あらすじ&ネタバレ

わかり次第追記していきます。

オールドルーキー・第10話あらすじ&ネタバレ

わかり次第追記していきます。

オールドルーキー・あらすじ&ネタバレのまとめ

最終的には、マネージメントのプロとして活躍している新町亮太郎の姿が想像できます。

その道のりは容易ではなく、幾つもの壁にぶち当たりながらプロになっていくのだと思います。

毎回、立ちはだかる壁をどう乗り越えていくのか、暖かく見守っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました