オールドルーキー第2話ネタバレ!9歳スケーボー少女と契約できる?

オールドルーキー

6月26日のスタートした『オールドルーキー』第1話では告知されていなかった横浜流星さんがサプライズゲストとして登場して、話題を集めました。

平均世帯視聴率も11.2%とまずまずの滑り出しでした。

そして『オールドルーキー』第2話では、高柳社長から9歳スケーボー少女とのマネージメント契約を命じられた新町(綾野剛)と深沢(芳根京子)。

9歳スケーボー少女と契約できるのか、そしてどんな方法で少女の父親を口説き落とすのか、ネタバレしていきます。

第2話も3人のゲストが出演するので、それもまた楽しみですね。

登場人物とキャストはこちら>>

 

オールドルーキー第2話あらすじ

まず今回のゲストから紹介していきますね。

第2話のゲスト俳優

  • 9歳の天才スケボー選手牧村ひかり役の佐竹晃(さたけ・ひかる)さん:実際にも天才スケートボードの選手スケボー歴4年で、キッズ大会で優勝するなどの実力の持ち主。
  • ひかりの父親・牧村悠一役落語家の桂宮治さん:『笑点』の大喜利メンバーとしてもお馴染みですが、貴重なドラマ出演になります。
  • スランプに悩むプロゴルファー・高槻役を竹財輝之助さん:『ポルノグラファー』など数多くのドラマ出演、大河ドラマ『鎌倉伝の13人』にも出演。

第2話は、この3人がストーリーを彩ります。

第2話のあらすじ

新町(綾野剛)と深沢(芳根京子)は高柳社長(反町隆史)から、9歳のスケートボード選手・牧村ひかりの獲得を任される。

ひかりは全国大会で優勝したものの、まだ無名の小学生。

今のうちにマネージメント契約を結んでおけば、将来『ビクトリー』に利益をもたらしてくれる可能性が高い。

新町と深沢はひかりの父親でコーチの悠一に会いにいくが、相手にされず追い返されてしまう。

世界最大手のアメリカのスポーツマネージメント会社WPMもひかりの獲得しようと動き出していた。

熱血指導をする父親に対して、どこか不満げなひかりちゃん。

本人がどう思っているか気になる新町。

一方、家庭では長女の泉実(稲垣未泉)は未だにサッカーを辞めた父親を受けいられないでいた。

妻の果奈子はアナウンサーとして事務所に在籍することにした。

その頃、新町の同僚・梅屋敷(増田貴久)は担当しているプロゴルファーの高槻が、重度のスランプに陥って、成績も下がる一方だった。

高柳社長から、なんとか回復させるように命令された梅屋敷は、手立てがなく途方に暮れていた。

新町がメンタルクリニックを紹介し、梅屋敷と一緒に高槻を連れて行ったが、解決できなかった。

スケートボードショップで、アメリカの会社はプロのコートをつけつと言っており、自分でひかりを育てたい父親は契約を渋っていることを、新町と深沢は耳にする。

深沢は「ひかりちゃんの指導には一切口を挟まない」と父親に断言し考えると言わせることが出来た。

ひかりと話した新町は、ひかりが父親に抑えつけられているように見えたことが気になっていた。

その帰り道、泉実がサッカーを見ているところに遭遇。

やりたいんだったらパパが教えるよと言ったが、泉実はみんなとやりたいと言い、でもいいのと言って走り去っていった。

果奈子は、子供たちは新町がサッカーをやめたことで、家にお金がないからやりたいことを我慢しなきゃいけないと思っていると言う。

新町は子供と話に行くと、「パパは今の仕事楽しそうじゃない」と言われてしまう。

自分の子供たちとひかりを重ね合わせた新町は、ひかりに会いに行き、スケボーを教えてもらいながら本心を聞き出した。

ひかりのスポンサーも決まり順調に進んでいた。

その足でカフェに来た二人は、契約についての話をしていたが、新町はやはりもっとひかりと話すことが重要だと一人カフェを出て行ってしまう。

たまたまそこに居合わせた梅屋敷はその新町の言葉を聞き高槻に会いに行く。

すると、スランプに陥った原因が愛犬のメルモが死んだからだと言うことが分かった。

パットを打つたびに、そのことを思い出して打てなくなった。

なんで言ってくれなかったのかと詰め寄る梅屋敷に、あなたにあなたには理解してもらえないと思ったからと答えた高槻。

最終的には梅屋敷がトイプードルを高槻にプレゼントしたことで、スランプを打破した。

オールドルーキー第2話ネタバレ!9歳スケーボー少女と契約できたのか?

自分がコーチを続けられるということでビクトリーと契約を結ぶことを選んだ悠一。

契約寸前で、新町がひかりに本当の気持ちを聞いた。

ひかりはアメリカに行ってプロのコーチに習いたいと言い、アメリカで学校に行き世界を目指したいと自分の気持ちを伝えた。

新町は、そうなった時にビクトリーではアメリカでのマネージメントが同じように出来るかと深沢に問う。

結局アメリカのマネージメント会社WPMを進める形となってしまった。

しかし、手ぶらで帰るわけにいかない二人は、WPMに交渉しWPMとビクトリーで牧村ひかりを共同マネージメントすることで落ち着いた。

オールドルーキー第2話の反響

面白いドラマと言う声が多いですね。

オールドルーキー第2話ネタバレ・まとめ

どんな手段で9歳のスケボーの天才少女とマネージメント契約に漕ぎ着けることができるのでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました