純愛ディソナンス撮影場所まとめ!桐谷高等学校やアカツキ壮などロケ地を紹介

ドラマ

フジ木10ドラマ『純愛ディソナンス』が2022年7月より放送しています。

純愛ディソナンスの主演は中島裕翔さんで今話題の作品になっています。

そんな話題の作品で気になるのはやはり学生時代の桐谷高等学校と5年後に冴の住むアカツキ壮メインロケ地となりそうです。

またその他のロケ地・撮影場所はどこなのでしょうか?

そこで今回は桐谷高等学校やその他のロケ地、撮影場所について紹介します!

  1. 純愛ディソナンス・桐谷高等学校ロケ地
    1. 冴、慎太郎、園田莉子、村上晴翔が住むシェアハウス「アカツキ荘」の外観
  2. 純愛ディソナンス第1話撮影場所・ロケ地まとめ
    1. 過去に新田正樹が子供を指導していた鈴村ピアノ教室
    2. 正樹が小坂由希乃からのメッセージを見た海辺
    3. 由希乃が正樹を待っていたレストラン
    4. 正樹の実家
    5. 自宅へ向かう冴が自転車で走っていた海沿いの歩道
    6. 正樹の歓迎会が行われた居酒屋
    7. 冴がアルバイトをしているピザ店
    8. 正樹が碓井から由希乃のことを聞いたバー
    9. 正樹と由希乃が訪れた墓地,新田幸助の葬儀が行われたところ
    10. 正樹が訪れた由希乃が住むマンション 正樹が冴と出会ったマンションの玄関
    11. 冴と歩いていた正樹に静が挨拶をした公園
    12. 七回忌で正樹を後継者に指名すると父親が告げたところ
    13. 正樹が冴に声を掛けた踏切の前
    14. 冴が洗濯をしながら小説を書いていたコインランドリー
  3. 純愛ディソナンス第2話撮影場所・ロケ地まとめ
    1. 静が働き始めたうどん店
    2. 愛菜美が正樹を連れて行った神社の境内
    3. モノリスエステートの社長に土下座する路加雄介を碓井が見たビルの前
    4. マサキと冴が由希乃の撮った動画を見ていた公園
    5. 正樹と冴がケーキを食べていたレストラン
  4. 純愛ディソナンス第3話撮影場所・ロケ地まとめ
    1. 5年後、正樹が男を追いかけていたところ
    2. 正樹が男を追い詰めたビルの谷間
    3. 冴が面接に向かったビルの外観
    4. 冴が面接を受けた「Core spark」のオフィス
    5. モノリスエステートの外観
    6. 冴が正樹を追いかけ始めた駅の構内 ストリートピアノを弾く正樹を冴が見た駅の構内
    7. 正樹、碓井北都、碓井賢治が会食していた社長室
    8. ベンチに座った正樹と冴が話をしていたタクシー乗り場
    9. 路加と愛菜美、冴が食事をしているところに正樹が現れたレストラン
  5. 純愛ディソナンス第4話撮影場所・ロケ地まとめ
    1. 正樹と愛菜美が住むマンションの外観
    2. 冴と愛菜美が話していたビルの前
    3. 愛菜美が冴に洋服を買った店
    4. 路加が碓井に名刺を渡したロビー
    5. 愛菜美が碓井の娘だと判明した碓井邸
    6. 愛菜美が正樹に声をかけた警察署の前
    7. その後ベンチで正樹と愛菜美が話していた公園
    8. 正樹と愛菜美が手を繋いで歩いていたところ
    9. 正樹が愛菜美にプロポーズしたお店
    10. マッチングのパーティー会場
    11. 路加と愛菜美が飲んでいたバー
    12. 正樹が殴られて入院した病院
    13. 正樹が冴を後ろから抱きしめた屋上
  6. 純愛ディソナンス第5話撮影場所・ロケ地まとめ
    1. 愛菜美が冴を連れて行ったレストラン
    2. 正樹が路加と待ち合わせしたところ
    3. 正樹が路加と冴を案内した海辺の物件
    4. 路加が正樹と冴を連れてきたレストラン
    5. 冴が泊まった部屋
    6. 冴の母が追い出されてポテチを食べていた公園
  7. まとめ

純愛ディソナンス・桐谷高等学校ロケ地

純愛ディソナンスで正樹が働くことになった桐谷高等学校の舞台は千葉県の和洋学園国文キャンパスです。

こちらはさまざまなドラマや映画で使われている有名なロケ地です。

冴、慎太郎、園田莉子、村上晴翔が住むシェアハウス「アカツキ荘」の外観

冴、慎太郎、園田莉子、村上晴翔が住むシェアハウス「アカツキ荘」は東京都新宿区内の「AYUMI GALLERY」です。

こちらは外観のみの使用となっており、中はセットになります。

内装のセットはこんな感じですね。

純愛ディソナンス第1話撮影場所・ロケ地まとめ

それでは紹介していきます。

過去に新田正樹が子供を指導していた鈴村ピアノ教室

新田正樹は鈴村ピアノ教室でピアノを教えていた教室は「ユリ・リトミック」教室です。

作中で生徒が弾いていたピアノはユリ・リトミック教室で使用されていたものらしいです。

正樹が小坂由希乃からのメッセージを見た海辺

正樹が小坂由希乃からのメッセージを見た海辺は神奈川県藤沢市の「片瀬東浜海水浴場」です。

正樹は新たな仕事を探してみた結果ピアノ講師の求人はゼロでした。


由希乃が正樹を待っていたレストラン

由希乃が正樹を待っていたレストランは神奈川県藤沢市にある「GARB 江ノ島」です。

由希乃に桐谷高校の教師になって欲しいとお願いされるが、正樹は由希乃からのお願いを拒否します。

正樹の実家

正樹の実家の撮影場所になったのは、東京都世田谷区にある「studio mon 尾山台スタジオ」です。

正樹の父である秀雄は学校経営を行っている。

なお正樹と秀雄の関係は良いものとは言えませんね。

自宅へ向かう冴が自転車で走っていた海沿いの歩道

自宅へ向かう冴が自転車で走っていた海沿いの歩道は神奈川県横須賀市内の関根海岸の沿道です。

冴はいつもこの道を猛スピードで自転車をこいでいます。

1話の終わりに正樹と冴が手を繋いで走るのもこの通りです。

正樹の歓迎会が行われた居酒屋

正樹の歓迎会が行われた居酒屋は東京都港区にある「居酒屋あじと麻布十番 本店」です。

正樹の歓迎会が行われたましたがあまり正樹はよくないと思っている印象。

冴がアルバイトをしているピザ店

冴がアルバイトしてるピザ店は東京都渋谷区にある「ナポリの窯 神宮前店」です。

ここで冴は頑張って働いています。

正樹が碓井から由希乃のことを聞いたバー

正樹が碓井から由希乃のことを聞いたバーは東京都渋谷区にある「BEE 8」

愛菜美は正樹に掲示板を見せて話します。

正樹と由希乃が訪れた墓地,新田幸助の葬儀が行われたところ

正樹と由希乃が訪れた墓地,新田幸助の葬儀が行われたところは神奈川県川崎市内の春秋苑です。

七回忌で後継者に任命されそうになりますが正樹と冴は逃げ出します。

正樹が訪れた由希乃が住むマンション 正樹が冴と出会ったマンションの玄関

正樹が訪れた由希乃が住むマンションは東京都調布市内の「ウィングシティ立花」です。

小坂が住んでいたマンションのポストには郵便物がたくさん溜まっていました。

また正樹と冴は偶然遭遇してします。

冴と歩いていた正樹に静が挨拶をした公園

冴と歩いていた正樹に静が挨拶をした公園はヴァル二ー公園です。

冴がアルバイトしていること正樹に話した公園です。

七回忌で正樹を後継者に指名すると父親が告げたところ

七回忌で正樹を後継者に指名すると父親が告げたところは神奈川県鎌倉市にある東洋ハイムです。

正樹の父である秀雄が正樹に後継者指名しました。

正樹が冴に声を掛けた踏切の前

正樹が冴に声を掛けた踏切は下北沢二号踏切です。

冴が踏切飛び込もうとしたときに、突然現れたのは正樹でした。

冴が洗濯をしながら小説を書いていたコインランドリー

冴が洗濯をしながら小説を書いていたコインランドリーはランドリープレス川崎観音店です。

冴が小説を書くのは衝撃でした。

純愛ディソナンス第2話撮影場所・ロケ地まとめ

それでは紹介していきます。

静が働き始めたうどん店

冴の母・静が働き始めたうどん店は東京都豊島区内にあるうちたて屋です。

静が働き始めたことには驚きましたね!

愛菜美が正樹を連れて行った神社の境内

愛菜美が正樹を連れて行った神社の境内は東京都西東京市内にある田無神社です。

ここでは小坂が絵馬を書いていました。

モノリスエステートの社長に土下座する路加雄介を碓井が見たビルの前

モノリスエステートの社長に土下座する路加雄介を碓井が見たビルの前は東京都内にある新宿教育会館です。

会社に勤めている、路加は社長に土下座します。

マサキと冴が由希乃の撮った動画を見ていた公園

こちらは1話にも出てきたヴァル二ー公園です

正樹と冴がケーキを食べていたレストラン

正樹と冴がケーキを食べていたレストランは東京都板橋区内のよし邑です。

冴はここでケーキを食べ、正樹に17歳の誕生を祝ってもらいます。

 

純愛ディソナンス第3話撮影場所・ロケ地まとめ

離れ離れになった正樹と冴の5年後。

正樹はモノリスエステートという不動産で働き、未払いがある借り手にはどんなことをしても回収するという強引なやり口でエースの座を手にしている。

一方、冴は就活に明け暮れる毎日だったが、やっとアルバイトが決まった。

冴が働き始めた会社はモノリスエステートと因縁があると因縁がある路加雄介の会社だった。

5年後、正樹が男を追いかけていたところ

5年後、正樹が男を追いかけていたペデストリアンデッキは品川駅港南口のペデストリアンデッキです。

またここはアルバイトの面接に向かう冴が立ち止まってあたりを見回したところでもあります。

正樹が男を追い詰めたビルの谷間

正樹が男を追い詰めたビルの谷間は東京都港区にある航空会館の路地です。

正樹が逃げる男を追い詰めるシーンはよかったですね。

冴が面接に向かったビルの外観

冴が面接に向かったビルは東京都港区お台場のトレードビアです。

こちらはドラマ内では外観のみの使用されています。

冴が面接を受けた「Core spark」のオフィス

冴が面接を受けた「Core spark」のオフィスは東京都台場にある、株式会社売れるネット広告社 東京オフィスです。

ドラマ内でここの会社は、既婚者向けマッチングアプリを開発しています。

モノリスエステートの外観

モノリスエステートがあるのは、東京都江東区にある前川製作所本社ビルです。

ここは正樹が働いている会社で、ドラマでは外観のみの使用となっています。

冴が正樹を追いかけ始めた駅の構内 ストリートピアノを弾く正樹を冴が見た駅の構内

正樹が引いていた曲をピアノで弾いていた男性にまさきのことを重ねていた冴の横を走り去った正樹。

その後を追う冴。

正樹を追っていたモノリスエステートをクビになった社員にあいつの知り合いかと迫られているところを助家に来た正樹。

その場を去ろうとする正樹を、冴が先生と呼ぶが、「誰?」と言って去っていった。

ここで正樹は思い入れのある曲をストリートピアノで演奏しました。

そして数日後、冴は正樹が駅の構内でピアノを弾く姿を目撃しました。

正樹、碓井北都、碓井賢治が会食していた社長室

正樹、碓井北都、碓井賢治が会食していた社長室は東京都千代田区内にある川北電気工業株式会社東京支社です。

ここでは賢治が北都と正樹をランチに誘い会食をしていました。

ベンチに座った正樹と冴が話をしていたタクシー乗り場

ベンチに座った正樹と冴が話をしていたタクシー乗り場は神奈川県横浜市内にある中川駅前です。

正樹と冴の運命はここで新たに動きます。

路加と愛菜美、冴が食事をしているところに正樹が現れたレストラン

愛菜美が私の夫と紹介したのは正樹だった。

このレストランは錦糸町にあるRestaurant REGINAです。

テラスもあって素敵なレストランREGINAの予約は食べログから>>

純愛ディソナンス第4話撮影場所・ロケ地まとめ

第3話の最後で、愛菜美の夫が正樹だと知った冴。

ここから話がどう展開していくのでしょうか?

正樹と愛菜美が住むマンションの外観

愛菜美は朝から正樹に今日の打ち合わせで冴に会うことをわざわざ告げた。

どういう意図で?

正樹の心を試しているのか、二人を刺激して恋を再燃させたいのか?

二人が家から出てきたのはベイシティはるみスカイリンクタワーです。

冴と愛菜美が話していたビルの前

愛菜美が冴に「あなたのことなんか全然気にしていない」と言ったビルのエントランスはトレードピアお台場です。

小説家になりたいなら出版社も紹介すると言ったのは、ただの親切心?

な訳ないと思います。

愛菜美が冴に洋服を買った店

作家として成功した愛菜美が形から入らないとと言ってさえに洋服を買ったのは青山のLOVELESSです。

路加が碓井に名刺を渡したロビー

路加は緊張した面持ちで名刺を渡したが、碓井は顔も覚えていないようで、ゴミ呼ばわりしていたのは有明セントラルタワーのロビーでした。

愛菜美が碓井の娘だと判明した碓井邸

碓井邸で碓井、北都、正樹、愛菜美と食事のシーン、愛菜美がお父さんと碓井のことを呼び、親子だったの?と驚きましたね。

このシーンで愛菜美が着ていたワンピースは冴が選んだものでした。

碓井邸はジャスマック八雲スタジオです。

愛菜美が正樹に声をかけた警察署の前

まだ先生時代の愛菜美が警察から出てきた正樹に声をかけたのは戸田市商工会の前です。

その後ベンチで正樹と愛菜美が話していた公園

愛菜美が父に頼んで示談にしてもらおうと話した公園は戸田橋親水公園です。

正樹と愛菜美が手を繋いで歩いていたところ

愛菜美の父に会いに行った後二人で歩いていたところは、

正樹が愛菜美にプロポーズしたお店

このお店はClub Restaurant CENTURY COURTです。

マッチングのパーティー会場

ここでもまた正樹と冴が偶然に会います。

昔と変わらないような空気が少し流れた気がします。

路加と愛菜美が飲んでいたバー

ここで、路加が愛菜美に正樹と冴が懐かしそうに話をしていたと話し、わざと愛菜美を刺激しました。

このバーは横浜ロイヤルパークホテル内のロイヤル アスコットです。

路加の碓氷に対する仕返しが始まります。

 

正樹が殴られて入院した病院

正樹が殴られて入院した病院に冴が心配して駆けた病院は大和徳洲会病院です。

正樹が冴を後ろから抱きしめた屋上

あーあ、また純愛に走ってしまった二人。

これからドロドロになっていくのね〜。

正樹が冴を抱きしめたこちらはフジテレビ湾岸スタジオの屋上です。

純愛ディソナンス第5話撮影場所・ロケ地まとめ

色んな人間の思惑に巻き込まれていく冴と正樹。

愛菜美は、二人が再燃するように仕向けて気持ちを試している、路加は面白がっている。

愛菜美と路加は二人がどうなるか賭けをします。

賭けのために二人きりにされた冴と正樹はどうする?

愛菜美が冴を連れて行ったレストラン

第3話で登場した愛菜美が正樹にプロポーズされたセンチュリーコート丸の内です。

冴えをからかって楽しむ愛菜美。

正樹に迎えに来させた愛菜美は正樹とラブラブなとこをわざと見せつける。

正樹が路加と待ち合わせしたところ

正樹が路加との待ち合わせ場所に行くと冴が来ます。

その後路加が現れ、冴えを同行させると言ったのは天王洲のシーフォーとスクエアです。

正樹が路加と冴を案内した海辺の物件

この素敵なお家はTHE HOUSE Koajiro marina suiteという宿泊施設です。

1日3組限定だそうですが、ホテルではないのでフロントもなくコンシェルジュもいない高級な貸別荘というところでしょうか。

路加は冴と正樹にここにいたら恋したくなるか聞いて、二人を煽った。

路加が正樹と冴を連れてきたレストラン

ここで急用ができたと嘘をつき、路加が帰ってしまったレストランはOMOTESANDO TERRACEです。

二人も帰ろうとするのですが、食事が運ばれてきてデザートまで食べることになりました。

この日は正樹の結婚記念日でもあり、冴の誕生日しはじめた。

冴は5年前の冴の誕生日に正樹とケーキを食べた時を思い出し、疲れたから帰ると席を立ちました。

冴が泊まった部屋

冴が止まるはずだった部屋がキャンセルされており、正樹が泊まるはずだった部屋にサエが泊まり、正樹はタクシーで帰りました。

冴が泊まった部屋は、千葉県の鴨川にある吉夢です。

冴は病院でなぜ抱きしめたのか気持ちを聞かせてほしいと言うが、何も言えないと言う正樹に、二度と謝るようなことはしないでと言う。

正樹の情けない顔を見て、5年前ケーキを一緒に食べた話を持ち出した冴。

正樹は生クリームが苦手だったと言い、それを正樹が覚えていたことを嬉しく思う冴は忘れないでと言うと、忘れられないと言う正樹の態度は結局どっち付かずな感じでした。

冴の母が追い出されてポテチを食べていた公園

母がはるとと書かれたポテチを食べていたのは戸山公園のベンチでした。

母に来たメールには逃げても無駄だと、誰かから逃げている様子。

このいざこざにまた冴が巻き込まれる?

 

まとめ

純愛ディソナンスは横浜や湘南を始め、さまざまなところで撮影していますね。

これからも新しい撮影場所が登場するので、毎話ごと追記していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました