純愛ディソナンス撮影場所まとめ!桐谷高等学校やアカツキ壮などロケ地を紹介

ドラマ
  1. 純愛ディソナンス第4話撮影場所・ロケ地まとめ
    1. 正樹と愛菜美が住むマンションの外観
    2. 冴と愛菜美が話していたビルの前
    3. 愛菜美が冴に洋服を買った店
    4. 路加が碓井に名刺を渡したロビー
    5. 愛菜美が碓井の娘だと判明した碓井邸
    6. 愛菜美が正樹に声をかけた警察署の前
    7. その後ベンチで正樹と愛菜美が話していた公園
    8. 正樹と愛菜美が手を繋いで歩いていたところ
    9. 正樹が愛菜美にプロポーズしたお店
    10. マッチングのパーティー会場
    11. 路加と愛菜美が飲んでいたバー
    12. 正樹が殴られて入院した病院
    13. 正樹が冴を後ろから抱きしめた屋上
  2. 純愛ディソナンス第5話撮影場所・ロケ地まとめ
    1. 愛菜美が冴を連れて行ったレストラン
    2. 正樹が路加と待ち合わせしたところ
    3. 正樹が路加と冴を案内した海辺の物件
    4. 路加が正樹と冴を連れてきたレストラン
    5. 冴が泊まった部屋
    6. 冴の母が追い出されてポテチを食べていた公園
  3. 純愛ディソナンス第6話撮影場所・ロケ地まとめ
    1. 愛菜美が正樹に5年前冴との写真を拡散したことを話した店
    2. 冴の母親が晴翔を連れて行った喫茶店
    3. 路加と愛菜美が食事をしていたレストラン
    4. 冴が正樹を待っていたところ
  4. 純愛ディソナンス第7話撮影場所・ロケ地まとめ
    1. 正樹が男に情報を仕入れるために金を渡した場所
    2. 正樹が慎太郎に会いに行ったレストラン
    3. 冴の母・静が男から逃げ去った公園
    4. 家を出た正樹が宿泊していたホテル
    5. 愛菜美がやけ酒を飲んでいたバー
    6. マサキと冴が偶然会った墓地
    7. 正樹と冴がキスした海岸
  5. 純愛ディソナンス第8話撮影場所・ロケ地まとめ
    1. 晴翔が男性と会っていた公園
    2. 愛菜美を追って正樹が出てきたところ
    3. 正樹が働くことにになったピアノ教室
    4. 冴が正樹を待っていた公園
    5. 愛菜美が歩いていた水辺の歩道
  6. 純愛ディソナンス第9話撮影場所・ロケ地まとめ
    1. 冴の母・静が運ばれた病院
    2. 愛菜美が自分の本を万引きしようとしたところ
    3. 冴が慎太郎を見つけた場所
    4. 冴と慎太郎、同級生がテラスで乾杯したカフェ
    5. 冴と慎太郎が話していた海岸
    6. 正樹が冴に気持ちを伝えたところ
  7. 純愛ディソナンス第10話撮影場所・ロケ地まとめ
    1. 正樹が実家から帰る坂道
    2. 正樹が冴と行った神社
    3. 正樹と冴が花火をしたところ
  8. 純愛ディソナンス最終話撮影場所・ロケ地まとめ
    1. 冴が入院した病院
    2. 正樹と路加が歩いていたところ
    3. 冴と静か歩いていたところ
    4. 正樹と冴が再会した砂浜
    5. 正樹が開いたピアノ教室
    6. 正樹と冴がデートの待ち合わせたところ
  9. 純愛ディソナンス撮影場所&ロケ地・まとめ

純愛ディソナンス第4話撮影場所・ロケ地まとめ

第3話の最後で、愛菜美の夫が正樹だと知った冴。

ここから話がどう展開していくのでしょうか?

正樹と愛菜美が住むマンションの外観

愛菜美は朝から正樹に今日の打ち合わせで冴に会うことをわざわざ告げた。

どういう意図で?

正樹の心を試しているのか、二人を刺激して恋を再燃させたいのか?

二人が家から出てきたのはベイシティはるみスカイリンクタワーです。

冴と愛菜美が話していたビルの前

愛菜美が冴に「あなたのことなんか全然気にしていない」と言ったビルのエントランスはトレードピアお台場です。

小説家になりたいなら出版社も紹介すると言ったのは、ただの親切心?

な訳ないと思います。

愛菜美が冴に洋服を買った店

作家として成功した愛菜美が形から入らないとと言ってさえに洋服を買ったのは青山のLOVELESSです。

路加が碓井に名刺を渡したロビー

路加は緊張した面持ちで名刺を渡したが、碓井は顔も覚えていないようで、ゴミ呼ばわりしていたのは有明セントラルタワーのロビーでした。

愛菜美が碓井の娘だと判明した碓井邸

碓井邸で碓井、北都、正樹、愛菜美と食事のシーン、愛菜美がお父さんと碓井のことを呼び、親子だったの?と驚きましたね。

このシーンで愛菜美が着ていたワンピースは冴が選んだものでした。

碓井邸はジャスマック八雲スタジオです。

愛菜美が正樹に声をかけた警察署の前

まだ先生時代の愛菜美が警察から出てきた正樹に声をかけたのは戸田市商工会の前です。

その後ベンチで正樹と愛菜美が話していた公園

愛菜美が父に頼んで示談にしてもらおうと話した公園は戸田橋親水公園です。

正樹と愛菜美が手を繋いで歩いていたところ

愛菜美の父に会いに行った後二人で歩いていたところは、

正樹が愛菜美にプロポーズしたお店

このお店はClub Restaurant CENTURY COURTです。

マッチングのパーティー会場

ここでもまた正樹と冴が偶然に会います。

昔と変わらないような空気が少し流れた気がします。

路加と愛菜美が飲んでいたバー

ここで、路加が愛菜美に正樹と冴が懐かしそうに話をしていたと話し、わざと愛菜美を刺激しました。

このバーは横浜ロイヤルパークホテル内のロイヤル アスコットです。

路加の碓氷に対する仕返しが始まります。

 

正樹が殴られて入院した病院

正樹が殴られて入院した病院に冴が心配して駆けた病院は大和徳洲会病院です。

正樹が冴を後ろから抱きしめた屋上

あーあ、また純愛に走ってしまった二人。

これからドロドロになっていくのね〜。

正樹が冴を抱きしめたこちらはフジテレビ湾岸スタジオの屋上です。

純愛ディソナンス第5話撮影場所・ロケ地まとめ

色んな人間の思惑に巻き込まれていく冴と正樹。

愛菜美は、二人が再燃するように仕向けて気持ちを試している、路加は面白がっている。

愛菜美と路加は二人がどうなるか賭けをします。

賭けのために二人きりにされた冴と正樹はどうする?

愛菜美が冴を連れて行ったレストラン

第3話で登場した愛菜美が正樹にプロポーズされたセンチュリーコート丸の内です。

冴えをからかって楽しむ愛菜美。

正樹に迎えに来させた愛菜美は正樹とラブラブなとこをわざと見せつける。

正樹が路加と待ち合わせしたところ

正樹が路加との待ち合わせ場所に行くと冴が来ます。

その後路加が現れ、冴えを同行させると言ったのは天王洲のシーフォーとスクエアです。

正樹が路加と冴を案内した海辺の物件

この素敵なお家はTHE HOUSE Koajiro marina suiteという宿泊施設です。

1日3組限定だそうですが、ホテルではないのでフロントもなくコンシェルジュもいない高級な貸別荘というところでしょうか。

路加は冴と正樹にここにいたら恋したくなるか聞いて、二人を煽った。

路加が正樹と冴を連れてきたレストラン

ここで急用ができたと嘘をつき、路加が帰ってしまったレストランはOMOTESANDO TERRACEです。

二人も帰ろうとするのですが、食事が運ばれてきてデザートまで食べることになりました。

この日は正樹の結婚記念日でもあり、冴の誕生日しはじめた。

冴は5年前の冴の誕生日に正樹とケーキを食べた時を思い出し、疲れたから帰ると席を立ちました。

冴が泊まった部屋

冴が止まるはずだった部屋がキャンセルされており、正樹が泊まるはずだった部屋にサエが泊まり、正樹はタクシーで帰りました。

冴が泊まった部屋は、千葉県の鴨川にある吉夢です。

冴は病院でなぜ抱きしめたのか気持ちを聞かせてほしいと言うが、何も言えないと言う正樹に、二度と謝るようなことはしないでと言う。

正樹の情けない顔を見て、5年前ケーキを一緒に食べた話を持ち出した冴。

正樹は生クリームが苦手だったと言い、それを正樹が覚えていたことを嬉しく思う冴は忘れないでと言うと、忘れられないと言う正樹の態度は結局どっち付かずな感じでした。

冴の母が追い出されてポテチを食べていた公園

母がはるとと書かれたポテチを食べていたのは戸山公園のベンチでした。

母に来たメールには逃げても無駄だと、誰かから逃げている様子。

このいざこざにまた冴が巻き込まれる?

純愛ディソナンス第6話撮影場所・ロケ地まとめ

周りの人たちの思惑によって、どんどん巻き込まれていく冴と正樹。

誰かが誰かを陥れるために利用されている感じです。

さて、どうなっていくのでしょうか?

さらにドロドロ??

愛菜美が正樹に5年前冴との写真を拡散したことを話した店

愛菜美は女優、演技が上手いですね。

ただ正樹を手に入れたかっただけなのに、このままいったら問題が大きくなるからと、泣いて謝っていましたね。

こちらのお店は、天空の庭 星のなる木です。

冴の母親が晴翔を連れて行った喫茶店

こちらは高田馬場にある喫茶ロマンです。

何とか冴に近づきたい毒親は色々仕掛けてきます。

路加と愛菜美が食事をしていたレストラン

正樹がすべてを失えば私のところに戻ってくると路加に言っていたレストランは、みなとみらいにあるレオーネマルチアーノです。

冴が正樹を待っていたところ

愛菜美がメールの返信をしたため、正樹は現れず、冴振られることさえできなかった公園は板橋区立舟渡水辺公園です。

純愛ディソナンス第7話撮影場所・ロケ地まとめ

正樹は愛菜美に出て行ってと言われ、ホテルに滞在。

最終的に別れる決意をしました。

そして、冴と、、。

正樹が男に情報を仕入れるために金を渡した場所

誰の何の情報を仕入れるためなのかはっきりは描かれていませんでしたが、後で出てくる路加の加速の情報だと思います。

ここは、竜閑さくら橋際街角広場です。

正樹が慎太郎に会いに行ったレストラン

慎太郎のバイト先のレストランに冴の様子を聞きに行った正樹ですが、慎太郎に中途半端に関わるなと言われる。

そしてさえ付き合うことにした、俺なら冴えを泣かせるようなことはしないと断言する慎太郎。

こちらは二子玉川にあるnaturam Kazuya Sugiuraです。

冴の母・静が男から逃げ去った公園

第5話にも出てきた戸山公園です。

この男から金を奪って逃げているんじゃないでしょうか。

家を出た正樹が宿泊していたホテル

愛菜美に本心を言った正樹は、出て行ってと言われホテルに滞在する。

このホテルは新宿のホテルリステルです。

愛菜美がやけ酒を飲んでいたバー

第4話でも登場した横浜ロイヤルパークホテルのロイヤルアスコットです。

正樹が離婚しようと言ったことでヤケになって酒を煽っていた愛菜美を見つけた路加。

家に連れて帰ります。

マサキと冴が偶然会った墓地

海が一望できる見晴らしの良い霊園でしたね。

こちらは久里浜霊園です。

正樹と冴がキスした海岸

こちらは七里ヶ浜ですね。

どろどろの世界に足を踏み入れた瞬間。

純愛ディソナンス第8話撮影場所・ロケ地まとめ

自分に嘘をつくのは止めて、気持ちに素直に生きていこうと決めた正樹と冴ですが、それを喜んでくれる人は周りにいません。

前途多難な道を再び歩き始めた二人はどうなる?

晴翔が男性と会っていた公園

男が、お父様はあなたとは縁を切ったので会う気はないとおっしゃっていると晴翔に伝えていました。

この水辺の素敵な公園はみさと公園です。

愛菜美を追って正樹が出てきたところ

愛菜美がいたから立ち直れたと言った正樹に、綺麗事言わないでと言い返した愛菜美。

正樹が働くことにになったピアノ教室

うまいこと就職が決まったと思いましたが、そうは上手くきませんでした。

慎太郎があんな行動に出るとは!

しかし、これまで冴を想い続けていつでも力になってきたのに、やりきれなさ過ぎたのかな〜。

このピアノ教室の部屋は、恵比寿にあるKIRA Hallです。

冴が正樹を待っていた公園

第6話で出てきた板橋区立舟渡水辺公園です。

現れない正樹を心配してピアノ教室に行くと、ロリコン教師と大きな落書きが。

字に見覚えのあった冴は、慌てて家に戻って慎太郎に確認する。

愛菜美が歩いていた水辺の歩道

愛菜美が一人想いに耽って歩いていたのは、晴海橋近くの川沿いの歩道です。

純愛ディソナンス第9話撮影場所・ロケ地まとめ

正樹はピアノ教室で働けなくなり、仕事を探すも碓井が手を回し不動産関係では雇ってもらえず、碓井に頭を下げ働かせてもらうことになう。

一方、書き置きを残して出て行ってしまった慎太郎を探す冴。

正樹と冴の気持ちはすれ違ったようにも見られましたが、気持ちを確認し合い、正樹は冴えにそばにいて欲しいと正直な気持ちを伝えました。

しかし、まだまだよからぬことが起きそうな流れ、一体どうなるの?

冴の母・静が運ばれた病院

静が運ばれたのは旧東鷲宮病院です。

静が持っていた大金は、彼氏だと言っていた男の金なのでしょうか?

愛菜美が自分の本を万引きしようとしたところ

愛菜美が本を万引きしようとした時、路加が止めた本屋さんはブックファースト新宿です。

冴が慎太郎を見つけた場所

こちらは第7話にも出てきた、小坂先生のお墓がある久里浜霊園です。

「俺のこと構うなよ」という慎太郎の気持ちは痛いほどわかりますよね。

冴と慎太郎、同級生がテラスで乾杯したカフェ

こちらはサーファーズ逗子です。

昔の話で盛り上がる同級生たちだが、正樹の名前が出て微妙な空気になってしまう。

冴はみんなに感謝の気持ちを伝えた。

冴と慎太郎が話していた海岸

こちらは葉山江の堤防です。

慎太郎、冴が正樹と喧嘩したと言うと早く新田のところへ行けとアドバイス。

いつも優しい慎太郎ですが、落書きした時は壊れていたんですね。

見ていて、なんだか可愛そうになってしまう。

正樹が冴に気持ちを伝えたところ

一緒にいられ利用になったのに、お互いに失うことを恐れてちゃんと気持ちを伝えられていなかったが、どうしても冴にそばにいて欲しいと言って抱きしめた正樹。

こちらは黎明橋公園の前の歩道です。

純愛ディソナンス第10話撮影場所・ロケ地まとめ

恐ろしい事実が発覚した第10話、まさか晴翔が小坂先生を殺していたとは、、。

正樹が実家から帰る坂道

父親が痴呆症になったしまい、母親も正樹のせいで経営していた学校を売る羽目になったと正樹を非難し、思い足取りで実家から帰る正樹。

こちらは世田谷区尾山台にある坂道です。

正樹が冴と行った神社

こちらは多摩川浅間神社です。

実家に行った話を冴に聞いてもらった正樹。

ここで冴にその事を話すと自分を責めることはないと言われ、気持ちが楽になった。

正樹と冴が花火をしたところ

二人が花火をしたのは、千葉県にある船橋港親水公園です。

束の間の幸せなひとときという感じでしたね。

しかし、親の事で傷を舐め合っていただけだったんじゃないかと冴が正樹に話し、ただ普通の恋がしたいと言ってその場を去る。

こちらは、船橋港親水公園です。

純愛ディソナンス最終話撮影場所・ロケ地まとめ

いよいよ最終回、正樹と冴の運命はどうなる?

冴は晴翔と訪れた母校で、晴翔が小坂先生を殺したことを告げられる。

そして、冴も追い詰めらる。

冴が入院した病院

階段から転落し、病院に運ばれた冴は意識不明。

この病院はプラネアール初台スタジオです。

正樹と路加が歩いていたところ

思い描いたように配下中っったが、お前の勝ちだととかが正樹に言ったところは、竜閑さくら橋です。

やっと自由になったんだから好きにしたらどうだと言う路加の言葉に何か思いを馳せる正樹。

冴と静か歩いていたところ

最後までずっと一緒にいると言った冴に、

「これじゃ私と一緒、逃げてるんじゃないわよ」

と静が冴を残して去っていったのは北沢川緑道です。

あれだけ正樹とのことを反対し、冴を独占したがっていたいたのに、最後に冴を手放した心境の変化は何だったのでしょうか。

正樹と冴が再会した砂浜

このドラマで何度も登場した、由比ヶ浜です。

お互いにここに来たら会えると思ったと言い、お互いの気持ちを再確認し、一緒にいることとを選んだ二人。

めでたしめでたし。

正樹が開いたピアノ教室

子供達がたくさんピアノを習いに来ていた新田ピアノ教室は、相模原市にあるよちよちやです。

可愛らしいお家ですね。

正樹と冴がデートの待ち合わせたところ

やっと、後ろめたさもなく誰にも遠慮なくデートできるようになった二人。

ここまで長い道のりでした。

純愛ディソナンス撮影場所&ロケ地・まとめ

教師と生徒が惹かれ合うところから始まった純愛ディソナンス。

誰にも祝福されない関係、周りからの作為により、別れたりくっついたりしながら逆光を乗り越えた正樹と冴。

やっと、誰にも邪魔されず、咎められず、普通のカップルになれた。

学生時代の地元ロケ地がは湘南界隈多く、再会して以降は都内、横浜などのロケ地が多かったように思います。

いろんな景色を見せてくれたこのドラマも終わりを迎えました。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました