六本木クラスの登場人物とキャスト紹介!梨泰院クラスとの違いは?

六本木クラス

7月に新ドラマとして放送されることになった、竹内涼真主演の「六本木クラス」

ダブルヒロインとして平手友梨奈、新木優子の出演も決まり、話題が絶えません。

韓国ドラマとしても人気を集めた「梨泰院クラス」の原作は漫画でしたが、それを日本の設定に置き換えられた漫画六本木クラス」原作としたドラマです。

六本木クラスの登場人物は個性的なキャラクターが多く、またキャストも個性的です。

そんな登場人物と、キャストを画像付きで紹介していきます。

また、「梨泰院クラス」と何が違うのかをひもといてみました。

六本木クラス登場人物一覧

登場人物一覧

  • 宮部 新(竹内涼真)    :主人公、二代目みやべの店長
  • 宮部 慎二(光石研)    :新の父で長屋ホールディングスの商品開発部長
  • 楠木 優香(新木優子)   :新の同級生で初恋の人
  • 麻宮 葵(平手友梨奈)   :二代目みやべの店員、インフルエンサー
  • 長屋 龍河(早乙女太一):長屋ホールディングス会長の長男
  • 長屋 茂(香川照之)      :長屋ホールディングス会長で創業者
  • 霧野雄大(矢本悠馬)  :新と龍河の同級生
  • 内山亮太(中尾明慶)  :二代目みやべの店員、服役中に新と出会い働くことに
  • 長屋 龍二(鈴鹿央士)   :長屋茂の次男、長屋の愛人の子供
  • 綾瀬りく(さとうほなみ):二代目みやべの店員、トランスジェンダー
  • 桜木幸雄(近藤公演)    :長屋茂の秘書
  • 理沙ガルシア(田中道子):六本木にあるダイニングバー「Flecha verde」店主
  • 松下博嗣(緒方直人)     :双葉署の刑事、龍河が起こしたある事件を担当
  • 相川京子(稲盛いずみ)  :長屋ホールディングス常務

簡単なあらすじ 

主人公・新は父子家庭に育てられ、父親の転勤で田舎へ引っ越してきた高校3年生。

転校した学校では、神と呼ばれている日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」の跡取り息子・長屋龍河と同級生となる。

ある日、龍河が引き起こした事件により、新の父親は命を落とすことに。

家族を失い絶望の淵に立たされた新は、居酒屋「二代目みやべ」の店長となりマネージャーとなる麻宮と手を組む

そして跡取り息子に罪を償わせることと、事件を揉み消した会長に「土下座して罪を償わせる」ことを目標に復讐を始める。

高校時代の同級生で初恋の優香や、いろんな偶然で出会ったカリスマインフルエンサー麻宮との三角関係もあったりと、復讐劇・ラブストーリーといろんな展開が駆け巡るドラマとなっています。

 

六本木クラスのキャストと役柄を画像で紹介

現段階で発表されているキャストを紹介します。

竹内 涼真 / 宮部 新(みやべ・しん)役

主人公・新は、父子家庭のため父親に育てられた。

性格は人との付き合いは不器用で無愛想だが、正義感にあふれていてまっすぐな性格

ある事件がきっかけで命を落とした父の復讐をする為、飲食業界で大手の「長屋ホールディングス」の会長と事件の張本人である息子に挑む。

この宮部新を演じる竹内涼真は、「仮面ライダードライブ」でデビューをし、記憶に新しい「テセウスの船」「君と世界が終わる日に」シリーズなど、多数のドラマ主演を務める人気俳優。

今までの作品の中でも、信念を貫きいろいろな困難に立ち向かっていった役柄が多かった、竹内涼真演じる新に期待が高まります。

平手 友梨奈 / 麻宮 葵(あさみや・あおい)役

麻宮葵は、IQ162という知能指数を持っており、SNSのフォロワー70万人を持つインフルエンサーでもある。

そんな彼女はソシオパス(社会病質者)で「世界が滅びてしまえばいい」と考え、偽善者を嫌う

数奇な運命で新とたびたび遭遇し、新の店のマネージャーになる。

欅坂46のセンターを2020年まで務めた、カリスマ的アイドルだった平手友梨奈。

脱退後は女優として「ザ・ファブル」「ドラゴン桜」などの映画、ドラマに出演されてます。

今回の役は、原作者のオファーもあり、平手本人は前向きな意欲を持っていたが、所属事務所が答えを保留にしていたため、事務所を退所しドラマ出演が決まったという。

それだけの意欲作を、平手さんがどのように演じるのか楽しみです。

新木 優子 / 楠木 優香(くすのき・ゆうか)役

楠木優香は新の幼なじみで初恋の人

幼少期に親に捨てられ、長屋ホールディングスが資金援助する児童養護施設で育ち、大学の学費の支援から、就職させてくれた長屋ホールディングスに恩義を感じている

しかし好きな新の成功も願っており、会社との板挟みで葛藤する。

この写真に写っているのが、新木優子さんだとわかりませんでした。

竹内涼真さん同様、役になりきっていますね。

新木優子さんはファッションモデルとしても活躍されている女優さん。

出演作は映画「あのコの、トリコ」やドラマ「モトカレマニア」などでヒロインや主演を務めました。

このメインキャストの3人がそれぞれの役をどう演じるか、「六本木クラス」をどんな作品にしてくれるか期待が高まりますね!

早乙女 太一 / 長屋 龍河(ながや・りゅうが)役

龍河と龍二の2人は長屋ホールディングス会長・長屋茂の異母兄弟。

龍河は宮部新と楠木優香の同級生で、長屋家の長男であり父・茂の後継者として育てられた上、傍若無人なドラ息子。

新の父親の命を奪い、どん底にまで落とし入れるきっかけとなる宿敵の相手

早乙女太一は北野武監督の「座頭市」で映画デビューをし、以降は舞台・ドラマ・映画など数々の作品に出演されてます。

最近では連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」「ミステリーと言う勿れ」などの話題作にも出演されていたことは記憶に新しいですね。

今までにない役に挑戦すると言うことで、龍河役を早乙女がどんな悪役を演じるのかが見どころですね!

鈴鹿 央士 / 長屋 龍二(ながや・りゅうじ)役

長屋茂と愛人の間に生まれたのが長屋の次男である龍二。

長屋家では肩身の狭い思いをしていた龍二だったが、新と出会い長屋を復讐することを知らず「二代目みやべ」で働くことになる。

また、新をマネジメントする麻宮葵の同級生で、密かに思いを寄せている。

鈴鹿央士は「第33回MEN‘S NON-NO専属モデルオーディション」でグランプリを獲得しモデルとして活動。

俳優としても活動し始め、映画デビュー作でアカデミーショー新人俳優賞など数々の賞を受賞しています。

また、ドラマでは「MIU」や平手友梨奈と共演した「ドラゴン桜」など話題作となったドラマにも出演。

「梨泰院クラス」を何度か見ていたと言う鈴鹿央士は、日本で作るとどんな感じになるのかと楽しみにしていたそうです。

絶大な権力のある長屋茂という同じ父親を持っていながら、全く正反対の2人。

早乙女と鈴鹿が新たに追加キャストとして加わり、復讐を誓った新とどう関わっていくのか楽しみですね!

香川 照之 / 長屋 茂(ながや・しげる)役

主人公・宮部新の宿敵である飲食産業の頂点に君臨し、一代でトップの座を築いた長屋ホールディングスの会長で創業者の長屋茂。

新の父親の命を奪った張本人である長屋家の長男・龍河が起こした事件を、長屋ホールディングスの成長のためならと手段を選ばず、権力を使い事件をもみ消す。

そんな強欲な人物を、映画「カイジ」やドラマ「半沢直樹」など、癖があり悪役の多いイメージが印象に残っている、歌舞伎役者で九代目「市川中車(いちかわちゅうしゃ)」の当代である香川照之。

今作では新が復讐する相手として、最重要人物となる長屋茂役に香川は適しているとSNS上でも土下座と縁がある」「土下座といえば香川さん」と盛り上がっています。

香川照之がどんな長屋茂役を演じるのか、期待が高まります!

初回放送も7月7日と決まり、話数も異例の全13話と大スケールとなる「六本木クラス」。

新たに8人の追加キャストが発表され、実力派俳優が勢揃いとなりました。

1人ずつ役柄など紹介していきます。

稲森 いずみ / 相川 京子(あいかわ・きょうこ)役

長屋茂とともに長屋ホールディングスを創設した、相川伊之助の娘で常務として在籍。

主人公・宮部新が憎む長屋ホールディングスを、何よりも大切にしている相川京子。

「梨泰院クラス」では会長のやり方に不満を抱え、次期会長の座を狙っている野心を持った女性と相川京子とは正反対。

稲森は、「ロングバケーション」「医龍」「映画・怪物くん」と話題となったドラマや映画に多く出演しています。

稲森は出演にあたって「殺伐とした組織の中で戦うひとりの女性の生き様を見ていただきたい」

っとおっしゃっています。

緒方 直人 / 松下 博嗣(まつした・ひろし)役

龍河によって主人公・宮部新の父親の命を落とした事件を担当する刑事・松下博嗣役を、民放連ドラの出演は今回11年ぶりとなる緒方直人

出演映画作では「万引き家族」や「護られなかった者たちへ」が記憶に新しい作品です。

梨泰院クラス」を見ていただけあって、松下博嗣役ならではの難しさも語っていました。

また、共演の竹内涼真について「これからともに闘っていける時間を楽しみにしております」とコメントしています。

光石 研 / 宮部 慎二(みやべ・しんじ)役

男手ひとつで主人公・宮部新を愛情深く育て、「信念を貫く」生き方を教えた父親・宮部慎二。

数々のドラマに出演し、冷徹なヤクザ役から良き父親役と幅広く演じるのは、ベテラン俳優光石研

昨年10月に放送された「最愛」では、必死に子どもたちを守る心優しい父親役を熱演されてました。

「梨泰院クラス」を観てこんなドラマがやりたい!と思っていたそうで、出演が決まり喜びを語っていました。

「六本木クラス」ではどんな父親を見せてくれるのか、楽しみですね。

中尾 明慶 / 中山 亮太(なかやま・りょうた)役

「二代目みやべ」のスタッフの1人で、ホールスタッフとして働く新のよき友人である中山亮太。

この夏、必ず素敵な作品となる「六本木クラス」全力で亮太と向き合っていきたいと思います!と気合十分です。

矢本 悠馬 / 桐野 雄大(きりの・ゆうだい)役

高校時代、龍河にいじめを受けていたところ新に助けてもらった同級生の霧野雄大。

長屋ホールディングスとの因縁関係のきっかけともなります。

話題作となった「今日から俺は!」に出演。

出演が決まり、矢本悠馬さんは「ゼロから彼を作り、皆さまの前に立ちたいと思います」と意気込みを語ってくれています。

さとう ほなみ / 綾瀬 りく(あやせ・りく)役

「二代目みやべ」の料理人として働く従業員・綾瀬りく、身体は男だが性別認識は女というトランスジェンダー役として難しい役柄に挑みます。

ゲスの極み乙女。のドラマーとして音楽活動をされているほな・いこかさん。

さとうほなみ」という名義で、女優活動もされています。

「頼もしいリーダーのもと、楽しませていただこうと思います」とコメントしています。

近藤 公園 / 桜木 幸雄(さくらぎ・ゆきお)役

長屋茂の秘書・桜木幸雄を演じるのは近藤公園。

出演作品は映画「ウォーターボーイズ」「ローレライ」など、テレビでは「のだめカンタービレ」「下町ロケット」に出演されています。

茂会長の忠実な秘書として影の存在、「忍」のようにできればと話されています。

田中 道子 / 理沙 ガルシア(りさ・がるしあ)役

理沙ガルシアは新や楠木優香の行きつけのバーの店主で、スペインと日本人のハーフ役として、バラエティー番組でも活躍されている田中道子が演じます。

初めてのスペイン語に挑戦するということで、頭のネジが1.2本抜けているような女性を体当たりで演じると語っています。

六本木クラスと梨泰院クラスとの違いは?

六本木クラスは梨泰院クラスのリメイクということもあり、違いはさほどありません

梨泰院クラスを見た視聴者からは、違和感があるという意見があります。

梨泰院クラスはソウルにある梨泰院という繁華街で、主人公を中心に若者たちが厳しい環境に奔走する話となっています。

梨泰院は飲み場やクラブなど若者が多く行き交い、「異国の雰囲気」もあるが昔からの差別意識のある街。

六本木も繁華街で飲み屋やクラブも多く、外人が多いところも似ていますが、若者が定期的に遊びに行く場所ではないですよね。

梨泰院と六本木は似て非なる場所だが、韓国のリメイクとして日本版はどんな舞台になるのでしょうか。

韓国版では社会問題を挙げ視聴者の共感を得られ、支持され韓国内で大人気となりましたが、日本版でリメイクとなると、六本木が舞台で同じ熱量で作れるのかと懸念の声もあります。

また、過去の韓国ドラマの日本版リメイク作品は、原作と比べられ批判されてきました。

六本木クラスも原作と比較されることは避けられないと思います。

キャストの3人はそれも承知で引き受けていると思うので、批判の声に負けず良い作品をつくることに集中してほしいですね。

六本木クラスの登場人物とキャスト・まとめ

六本木クラスのキャストとして、主演の竹内涼真とダブルヒロインの新木優子と平手友梨奈しか未だに決定してないが、これから新の父親役や跡取り息子役などのキャストが誰になるか。

SNS上ではすでに色んな予想が行き交ってます。

あらすじも梨泰院クラスと大きく変わらず、韓国版で見ていた方も六本木クラスは違和感なく楽しめるかと思います。

すでにテレビやネット上でも話題となっている本作、始まる前から注目も集まっています。

どんな仕上がりとなるのか、7月が待ち遠しいですね!

今後、他の配役も順次決まってくると思うので、分かり次第こちらでお伝えしていきます。

 

コメント

  1. […] 六本木クラスのキャストとあらすじ紹介!梨泰院クラスとの違いは? […]

タイトルとURLをコピーしました