新・信長公記第8話ネタバレ!信長はみやびと家康を奪還できるか?

新・信長公記

ここでは、新・信長公記第8話のネタバレをご紹介!

前回は黒百合高校の生徒である、ペリー・ジャンヌダルク・始皇帝に囚われてしまった、みやびと家康。

その裏で動かしていたのは、武将のクローンを生み出した博士の息子と発覚する。

新・信長公記第8話では、彼らに囚われたみやびと家康を奪還するため、信長たちは動き出します。

新・信長公記第8話ネタバレ!信長たちの奪還作戦とは?

始皇帝に敗れ、家康が囚われいつもと違うことに気付くみやび。

家康は理事長から、「博士を殺したのは誰かが意図的にそうさせたのでは」という言葉を聞き、考え込んでいた。

一方、信長たちはみやびと家康が囚われた事で、旗印戦は一時休止となってしまう。

さらに裏切り者だった、竹中も迷いが払拭できていないよう。

そんな中で、信長は武将たちをどうまとめ、みやびと家康を奪還するのか!?

みやびと一緒に家康も助けるという信長の話に、最初は家康を助ける事を反対していたが、信長の説得に皆が大将について行くと全員意見が一致する。

その時、教室に今川と真田が現れ、「俺もお前たちと戦い」と今までの事を謝りに来た。

「お前たちも共に戦ってくれなければ困る」と共に戦おうと、2人のことを許す。

第一回の軍議を始まり、黒田が信長に何か勝つ方法があるかと聞くも「それを話す場ではないのか?」と情けない発言に、クラスメイトは力が抜ける。

「少し時間をくれ」と話し、その後武将たちはそれぞれ策を考える。

第二回の軍議が取り決まり、裏切り者だった竹中、武田と上杉も加わる。

最後に信長は、「皆決して1人ではない、手を取り合い助け合い、最後は全員で教室に戻ってこようではないか!」と喝を入れ、ついに黒百合高校との戦いに向かう。

新・信長公記第8話ネタバレ!みやびと家康を奪還できたのか?

教室に残っていた加藤は奇襲に来た、黒百合の生徒たちを倒していた。

次に、教室で加藤に敗れた生徒の情報によって、北町の倉庫に向かった信長を追うため、始皇帝たちがたどり着いたが待っていたのは、武田と上杉、榊原の3人

敗れた生徒たちに紛れた毛利が、ウソの情報を伝え武田たちが待つ倉庫へ誘導させた。

榊原は、得意の悪口(あっこう)で囮になり、生徒と始皇帝を分散させ、倉庫では始皇帝VS武田・上杉の戦いとなる。

囮となった榊原はその先は、井伊・真田・今川たちが待機している場所まで誘導し、そこで黒百合生徒たちを倒していく

黒百合生徒の名前・顔・特徴を一人一人把握しながら、戦っていた井伊たち。

それは、明智の得意の分析によるものだった

一方、教会に向かっていた信長・本多・伊達たちの前に現れたのは、ジャンヌダルク。

ジャンヌダルクからの攻撃を防いだ伊達は、「先に行け」と信長と本多の2人を先に行かせ、ジャンヌダルクVS伊達の戦いとなる。

伊達とジャンヌは幼なじみで、共に鍛え合っていたがある日、ジャンヌがいじめられていたところを、伊達が助けに行く。

だが、その際右眼を負傷してしまい、ジャンヌは自分が弱いからと悔い伊達の前からいなくなった

伊達は眼帯を外し、「もう苦しまなくていい。強さは誰かのためにあるんだろう?」とジャンヌを慰める。

教会にたどり着いた信長と本多を待っていたのは、ペリーだった。

ペリーたちとの戦いの最中に、教会の裏から入る2人の影が。

みやびと家康と博士の息子がいる教会に忍びこんだのが、戦闘能力0の秀吉と龍造寺だった。

2人に気づいた博士の息子は、残っていた黒百合の生徒たちに倒すよう命令する。

体格が人一倍大きいクロフネという生徒を相手に、本多は立ち向かうも瞬殺されるも、信長のために立ち向かい、信長はクロフネに一撃を与え倒すことができた。

信長は「後は、鳴くまで待とう」と言い座り込み、目を閉じる。

教会の中では、やられっぱなしの秀吉は、家康に「もう待てんぞ」と叫ぶ

秀吉は「信長がどんな思いでこの策を考えたか分かるか?お前は1人じゃないって伝えたくて、お前が加わるって初めて完成する。

新・信長公記第8話の結末

最後の一手はお前だ」と家康に話し、みやびも「絶対は絶対にない」と話す。

家康は、信長に言われたことを思い返し、吹っ切れたように鎖を引きちぎる。

博士の息子に近づくが立ち止まり、何もせず「お前は何も悪くない」と言う

そして家康が教会から出てきたが、信長には目を合わせず何も言わずその場から立ち去る。

信長たちはみやびと家康の奪還に成功し、ペリーたちと和解できた。

復讐を成し遂げなかった博士の息子は、森の中をさまよいながら、どう家康を倒すか考えていた。

博士の息子に近づく謎の人物は、甲冑を身につけ刀を持ち近づき。。。

そして、信長と家康が教室で向き合い、「お前に旗印を掲げる」と信長は宣言する。

新・信長公記第8話ネタバレ!まとめ

信長を大将として、武将たちは手を取り合い、囚われていた家康を最後の一手としたことで、信長たちはみやびと家康をペリーたちから奪還することができましたね。

初回では、バラバラだったクラスも、信長が大将となった事で1人では勝てない戦も、団結すれば勝てると言うことですね。

そして、信長VS家康との最終決戦がいよいよ始まりますが、博士の息子の前に現れた謎の人物は一体誰なのか、過去に家康が博士を殺したと言う真実は本当か?

次回の新・信長公記第9話が楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました