家庭教師のトラコのロケ地撮影場所まとめ!上原家の豪邸など毎週更新

ドラマ

毎週水曜夜10時より日テレ系で放送されている『家庭教師のトラコ』のロケ地&撮影場所をまとめています。

普通の勉強を教えるのではなく、お金の使い方や増やし方を教えるという一風変わった家庭教師のトラコ。

中村家、下山家、上原家の家庭教師としてそれぞれの子どもを指導していきます。

第1話では中村家の子供を競馬に連れていき馬券を買わせるという、常識では考えられない行動をおこします。

この教育方法がどんな結果をもたらすのか、結果が楽しみですね。

それでは、『家庭教師のトラコ』の毎話のロケ地&撮影場所を毎週更新していきます。

家庭教師のトラコのロケ地撮影場所・上原家の豪邸を特定

素敵な邸宅ですよ。

上原家

こちらがトラコが家庭教師をすることになる上原家の豪邸のロケ地になります。

素敵すぎますね。

こちらは鎌倉にある無有館です。

時々公開されている様なので、タイミングが合えば行ってみたいところです。

家庭教師のトラコ第1話のロケ地撮影場所

第1話は中村家の智恵ちゃんに自分で考える習慣をつけるということを教えたトラコ。

その方法としては、突拍子もないものでしたが、結果オーライとなりました。

トラコと福多が面接を行ったビル

怪しい面接でしたよね。

合格率100%と聞いても、胡散臭いと思ってしまいますが、それでもどうしても子供を合格させたいと思う親心なのでしょうか?

何十階分の階段を何往復もします?

万福亭の外観

シングルマザーの下山智代(板谷由夏)が切り盛りするお店・万福亭の外観は川崎にある居酒屋 東です。

家庭教師を雇う気は無かったのですが、元の夫との親権をめぐって、息子・高志の受験を成功させなくてはいけなくなった智代はトラコに家庭教師を頼む。

トラコが傘をさして歩いているトンネル

こちらは上原家のロケ地・夢遊館の近くにあるトンネルではないかと思われます。

トラコが中村知恵といった玩具屋さん

知恵ちゃんの夢は好きなだけオモチャを買うことだった。

トラコが知恵ちゃんを連れていった玩具屋さんは銀座にある博品館トイパークでした。

トラコが知恵を連れていった銀行

当然ですが、銀行が子供にお金を貸すわけないですよね。

やはり突拍子もないことをするトラコ。

トラコがこっそり知恵を連れ出し行った公園

両親が喧嘩してしまって、別れたらどうしようと心配していた智恵。

まだ幸せになれるかな〜?という質問にトラコは

「なれるわよ。正しく使えば」と答えた。

自分で考えることを教えたいトラコは、知恵に厳しいひと言を。

娘の自転車の練習をしていた幸せそうな家族を見て、知恵は何かひらめいた。

知恵が行きたかった遊園地

休園だったが、トラコのメール1本でオープンした、こちらの遊園地は読売ランドです。

福多が住むマンションの外観

福多さんの住むマンションは江戸川区にあるセントストークマンションです。

家庭教師のない日にはここに滞在しているトラコ、福多を家政婦のように使っている。

 

家庭教師のトラコ第2話のロケ地撮影場所

第2話は、山下家の高志にトラコが5000円の正しい使い方を熱血指導!

そして、いじめから脱却させる手伝いをしています。

しかし、トラコは家庭教師をクビにされてしまいました。

今後どうなっていくのでしょうか?

上原家へ向かうトラコが歩いていた場所

トラコが上原家に向かうシーンで使われた坂です。

横浜市港南区にある港南台ひよどり団地の北側にある坂道になります。

この団地は、築年数40年ほどで、撮影場所として度々使われているようです。

トラコが下っていた階段

トラコが万福亭に行く時に、下っていた坂が、文京区にある庚申坂(こうしんざか)です。

こちらは現在工事中になっております。

下山智代(板谷由夏)が訪れた病院

トラコに呼び出されて智代が行った病院のエレベーターで偶然にも上原、中村と乗り合わせる。

病院での知恵ちゃんの課外授業?

この病院は、千葉県にある千葉大学医学部附属病院になります。

明治時代からある病院で、地元では有名です。

あの、ドクターXでも撮影に使われていました。

智代の元夫・満男(丸山智己)が住む高層マンション

トラコは、智代の元夫の満男のところに行った高志のところに訪ねていき、家庭教師を続ける。

満男に合格率100%と営業し家庭教師を続けることになった。

高志は満男にいじめられていることを相談し、トラコのアドバイスで転校することになった。

その元夫が現在暮らしているマンションとして、使われたのが、豊洲にある、THE TOYOSU TOWERです。

こちらは外観が使われました。

こちらは地上43階からなる、タワーマンションです。

トラコと高志が転校届を提出に行った希望ヶ丘第三小学校

いじめから逃げるために、小学校を転校をすることになった高志。

忙しい父に変わってトラコが転校届を提出しに行きます。

トラコは教室に行き、先生に高志があの少年3人にいじめを受けているから転校すると直接話します。

その小学校としてロケ地になったのが、たちかわ創造舎という旧多摩川小学校になります。

2004年に廃校となった校舎を利用し、撮影場所や地域イベントを行う場所として使われているそうです。

トラコが不良たちと対決したところ

こちらはトラコが、たまたま見かけたいじめをしている不良たちに、立ち向かうシーンで使われた場所です。

高志にイジメに立ち向かう術をトラコが身をもって見せます。

これで、高志の気持ちに変化はあるのでしょうか?

和泉多摩川駅と登戸駅の間、小田急小田原線の橋の下になります。

路上お笑いライブをしていた上原守(細田佳央太)を寅子が見たところ

守が本当にやりたかった、路上お笑いライブをトラコが目撃する場所になります。

そこが、品川インターシティA棟の北側です。

誰1人立ち止まってはくれませんが、それでも必死な守にトラコは心を動かされます。

こちらは4棟からなる、商業施設です。

オフィスだけでなく、買い物や食事も楽しめます。

下山高志(阿久津慶人)からカツアゲをしていた同級生にトラコが会いに行った東屋

高志が同級生たちから5000円を奪い返したシーンになります。

こちらは日本テレビ生田スタジオ内で撮影したようです。

家庭教師のトラコ第3話のロケ地撮影場所

第3話では、トラコは守の家庭教師になります。

しかし、守はお笑い芸人になる夢を諦めていません。

果たしてトラコは守にどんな指導をしていくのでしょうか?

守が入学を検討しているお笑い学校

守が入学をしようとしている、東日本お笑いアカデミーとして使われたのは、渋谷区にある山野美容専門学校です。

ここでトラコが登場し、お母さんを納得させてから入学をするべきと守を説得します。

守は入学を躊躇していたが、熱意で人の心を動かせることが出来るというトラコの言葉に感銘を受け、お母さんに正直に自分の気持ちを伝えることを決めました。

再現ドラマをした商店街

トラコが再現ドラマをした商店街は、神奈川県横浜市にあるレアールつくの商店街です。

トラコは小さい頃の守とお母さんの思い出話を再現。

お母さんが守に将来の夢は?と聞くと「お母さんを笑わせること」と言っており、守はそれを思い出し、改めて将来の夢を考え直します。

守の単独お笑いライブの会場

トラコは守のお母さんを説得するために、守の単独お笑いライブを計画し、そこにお母さんを招待します。

その単独お笑いライブを行った会場「シアターシルエーゼ」の外観は、神奈川県横浜市にある関内北原不動産が使われているようです。

単独ライブは大盛況!お母さんはお父さんを説得しようと試みましたが、お父さんは守をイギリス留学に行かせることにしました。

イギリスに旅立つ空港

守はお父さんの言いつけ通り、イギリス留学を決めました。

しかし、空港にはトラコが待っており、トラコからお母さんが書いたお笑いライブの感想を渡されます。

そこで守はもう一度考えなおし、結果的にイギリス行きを辞めることにしました。

その時の空港が、羽田空港です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました