山P海外ドラマ初主演!Drops of God神の雫はいつから放送?

ドラマ

9月5日インスタライブを配信した山Pこと山下智久さん。

海外ドラマ初主演の「Drops of God / 神の雫」を撮影中のフランスのホテルの部屋から配信しました。

ブドウ畑の写真やホテルの窓からの眺めを見せながら、「Drops of God / 神の雫」の撮影の話や近況を報告。

フランスのブドウ畑といえばブルゴーニュかボルドーにいるのね〜。

山P主演の「Drops of God / 神の雫」のストーリーや共演者、視聴できる配信サービスや放送開始日などを調べてみました。

山P海外ドラマ初主演Drops of God / 神の雫:あらすじと出演者

日本の伝説的漫画「神の雫」を国際ドラマとして実写化、全8話。

山Pは遠峰一青役を演じる。

あれ?主役は神咲雫じゃないの?と思ったら、原作とは異なり、神咲雫は出てこない。

物語は、世界的に有名なレジェ・ワインガイドの創設者/著者であり、ワイン学の権威でもあるアレクサンドル・レジェ(60歳)が東京の自宅で息を引き取るところから始まる。アレクサンドルが残した膨大なワインコレクション ― 専門家曰く“世界一のワインコレクション” ―を娘のカミーユが相続するためには、アレクサンドルの弟子で、若く聡明なワイン評論家・遠峰一青(とおみね いっせい)との対決に勝つことが条件だった。アレクサンドルの遺書には「一青は“魂の息子”」とあるが、果たしてアレクサンドルと一青の関係は…?

                              Hule 公式ページより

原作からそのままの登場人物は遠峰一青のみで

  • 神崎豊多香→アレクサンドル・レジェ
  • 神咲雫  →カミーユ

と人物設定は同じですが、登場人物は全く異なります。

カミーユ役はフランスの新進気鋭の女優フルール・ジェフリエ。

下の写真右側の美しい女性です。

上の写真と下の写真では雰囲気ががかなり違いますね。

山P演じる遠峰一青は頭脳、容姿、そして才能に恵まれた完璧主義の一青は、日本の名家に生まれ、跡取りとしての義務を果たしてきたが、偶然か必然か、ワインに魅せられ運命を狂わせていくという役どころ。

原作では、知的でいつも冷静、ワイン評論家として活動し、ワインに関する知識は日本で1番という設定。

なんとなく、山Pの遠峰一青像が想像できる。

カミーユはアレクサンドルが残した膨大なワインコレクションを相続するために、遠峰一青とワイン対決をして勝たなくてはいけません。

この二人が原作のように「十二使徒」対決を繰り広げていくのでしょうか?

「十二使徒」とは父親が対決のためにセレクトした12本のワイン。

毎回、父が文章で表現したワインを探し当てて、指定された日時にそれを持ち寄り答えわせするというもの。

原作では遠峰一青は勝率が高かったのですが、ここではどうなるでしょうね。

原作と同じワインの銘柄が登場するのか?そこもオリジナルなのか?楽しみです。

しかし、全8話なので十二使徒は無理そうですね。

このドラマの撮影は、フランス、イタリア、日本で撮影される予定だそうです。

Drops of God/ 神の雫:配信サービスと配信開始日は?

米国とフランスの共同製作で、日本ではHuleで独占配信

2022年世界同時配信ということは決定していますが、正式な日にちはまだ公開されていません。

2022年4月20日時点で、タイのバンコクで撮影しているという情報があります。

秋〜冬にかけてくらいではないかと思います。

山P海外ドラマ初主演「Drops of God / 神の雫」:まとめ

インスタライブで山Pはフランス語は本当に難しいので、本買って勉強していると言っていました。

今回フランスに行ったばかりの頃、「今回は今までで一番長い海外の滞在になる」と言っていたのですが、どれくらいフランスにいるのでしょうね。

「こんな素晴らしい作品のお仕事を頂けて、本当に感謝している。そしていつも応援してくれるみんながいるから、こういうお仕事も頂けるからみんなには本当に感謝している」と締めくくりました。

漫画が原作のものを実写化するのは、原作と比べられ、なかなか難しいと思いますが、原作に負けないで、次がどんどん見たくなるような作品にしてほしいと期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました