三浦大知のバックダンサーSHINGO!注目される理由は?

三浦大知

三浦大知くん(以後大知くん)はダンサーに対するリスペクトが半端なく強い人です。

バックダンサーのことをいつもスーパーダンサーと褒め称えています。

大知くんはいつも、ダンサーはもっと注目されるべきなのに中々プロとして生計立てられる人が少ないので、自分がその扉を開くきっかけになりたいと言っています。

三浦大知のバックダンサーであるSHINGOちゃんのこともめちゃくちゃリスペクトしていて、大知くんの楽曲の振り付けも依頼するほどです。

そんなSHINGOちゃんが注目される理由を説明します。

SHINGOが三浦大知のバックダンサーになったきっかけ

St**kingzのカズキさんが大知くんにオファーされたけど出られなかった時に、広島にすごいダンサーがいると紹介されたのが、SHINGOちゃんだったそうです。

早速、SHINGOちゃんにオファーした大知くん。

それをきっかけに広島から東京に上京しました。

2012年から、DMダンサーのレギュラーメンバーになっています。

人生が変わった瞬間を大知くんが作ったんですね。

SHINGOちゃんだけでなく、一度大知くんのバックダンサーになった人はみんな長いです。

それは大知くんがダンサーさんをリスペクトして大切にしているからです。

三浦大知のバックダンサーSHINGOのプロフィール

  • 名前:SHINGO OKAMOTO
  • 本名: 岡本 晋吾
  • 生年月日:1985年4月10日生まれ。
  • 出身地:広島
  • 職業:ダンサー/振付師。

小学校6年生からダンスを始める。

ドイツ、ノルウェー、NY、LAで経歴を重ね、2012年東京を拠点に。

2016年、ヨガ、ピラティスの講師資格を取得。

アーティストの振付やバックアップ、ダンスレッスンなど多方面で活動中。

同じく広島出身の振付師MIKIKOさんとのコネクションもあったようで、リオオリンピックの閉会式にもダンサーとして出演しています。

*MIKIKOさんはPufumeやキャリーパミュパミュ、星野源さんの恋ダンスの振り付けしている方です。

大知くんの楽曲の振り付け​

一番有名なのは『Cry & Fight』!

三浦大知至上、最難関のダンスと有名になりました。

大地くんのオファーは「俺が歌うことは無視して、SHINGOちゃんのやりたいように作って欲しい」でした。

これは三浦大知のダンス動画の中でも、5本の指に入る振り付けだと思います。

​そして、『U』もSHINGOちゃんと大知くんが半々で振り付けしています。

『Didn’t Know』は1番は大知くん、2番はSHINGOちゃんの振り付けです。

その他アーティストの振り付け

King & Prince「Mazy Night」

King & Prince「namae oshiete」も振り付けしていますよ!

藤井 風『きらり』

三浦大知のバックダンサーSHINGOのこだわり

SHINGOちゃんの健康に関するストイックさは凄いんです。

肌が綺麗になるサプリを飲んでいたり、生のホタテは疲労回復にいいと言ってリハーサルが終わるとホタテを手に家に帰るとかは有名な話です。

https://twitter.com/ShingoOkamoto1/status/1262875988331040768?s=20

このように食へのこだわりが半端ないんです。

大知くんも驚いています。

三浦大知のバックダンサーSHINGOの個人の活動

数々のワークショップ

クリスコールマンの演奏で踊る。

2019年に開催された、大知くんのライブで演奏するDMバンドのギタリストのショーさんとコラボライブツアー。

三浦大知のバックダンサーSHINGOが注目される理由

  • 大知くんが常々SHINGOちゃんは素晴らしいダンサーだと言っている。
  • 大知くんを始め、その他アーティストの至上最難関と言われる振り付けを作っている。
  • ダンス界でも注目される存在。

大知くんとSHINGOちゃんの関係はいつも素晴らしいと思います。

お互いをリスペクトしていつも褒め合ってる感じ。

これからもこの二人のコラボが見続けられますように!

『Not Today』でバッチバチに踊るらしいです。

三浦大知「Not Today」コレオ公開!しんごちゃんと1対1ダンス
三浦大知くんの『Not Today』のコレオビデオが12月23日(水)21:00からYouTubeでプレミア公開することが発表されました。しんごちゃんと1対1でバチバチに踊ったというこのコレオビデオがどんな仕上がりになっているのか楽しみです。

コメント

  1. […] […]

  2. […] Shingo Okamotoのプロフィール […]

タイトルとURLをコピーしました