SixTONES(ストーンズ)で一番歌が上手いのは誰?最新歌唱力ランキング

ジャニーズ

SixTONES(ストーンズ)は2020年1月にデビューした6人組のジャニーズグループです。

メンバー全員の高い歌唱力が評価され、多くのファンから支持を得ていますが、一番歌が上手いのは一体誰なのでしょうか?

そこで最新歌唱力ランキングを調査しました。

この記事では、SixTONES(ストーンズ)で誰が一番歌が上手いのか、最新歌唱力ランキングを紹介します。

SixTONES(ストーンズ)で一番歌が上手いのは誰?


SixTONESは歌が武器と言われるほど、歌唱力の高いグループです。

2022年に一発撮りで人気のYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に出演し、歌の上手さが話題になりました。

またライブや音楽番組では、口パクではなく生歌でパフォーマンスすることも知られています。

SixTONES(ストーンズ)最新歌唱力ランキング

SixTONES(ストーンズ)の最新歌唱力ランキングは、どのような結果なのでしょうか?

メンバーそれぞれの歌声の特徴なども合わせて解説します。

第1位:京本大我

メインボーカルを務める京本さんは、高音から低音まで変幻自在に声を操ります。

主演を務めたこともあるミュージカルで、安定感のある美しい歌声と表現力を磨きました。

デビュー曲「lmitation Rain」では大サビの高音のソロパートを担当し、美しい顔立ちとは裏腹なパワーのある歌声に圧倒されます。

アイドル誌『Myojo』にて「あなたが選ぶJr.大賞」の「いちばん美声部門」で、読者投票により2015年から4年連続で1位を獲得しました。

第2位:ジェシー

京本さんと同じく、メインボーカルを務めています。

音程の正確さ音域の広さ優しく美しい歌声が魅力です。

SixTONESの多くの曲で、高い歌唱力を必要とする歌い出しパートを担当しています。

また、バイリンガルのジェシーさんから発せられる流暢な英歌詞も美しいです。

第3位:松村北斗

セクシーな歌声で、落ち着いた低音が魅力の松村さん。

メインボーカルである京本さん、ジェシーさんを支える下のハモリを担当することが多いです。

また高音や裏声も美しく、音域の広さも兼ね備えています。

第4位:森本慎太郎


アクロバットが得意なかっこいい一面とはギャップのあるアイドルらしい歌声です。

その甘い声は「キャラメルボイス」と言われ、ファンからも大人気。


ジャニーズジュニア内のユニット「スノープリンス合唱団」で12歳のときにCDデビューしており、ジャニーズ内では最年少でCDデビューを果たしているほど歌のキャリアが長いです。

第5位:田中樹

ラップ担当の田中さんは、ハスキーで男らしい低音ボイスの持ち主。

ラップで鍛えられたリズム感と、正確な音程で安定した歌唱力が特徴です。

また高音も美しく歌い上げ、楽曲によって声色を変える天才とも言われます。

京本さんからは「ラップがうまいんですけど、実は歌も上手いんです」と評価されるほど。

第6位:髙地優吾


髙地さんの優しい雰囲気そのままに、温かい安心感のある歌声が魅力です。

真っすぐなめらかなに、低音から高音まで広い音域を歌い上げます。

得意のボイスパーカッションにも注目です。

丁寧に歌っていることが伝わる髙地さんの歌声は、ファンから大人気。

SixTONES(ストーンズ)最新歌唱力ランキング・まとめ

SixTONES(ストーンズ)の最新歌唱力ランキングを紹介しました。

甲乙つけがたいほど、メンバーの歌唱力のレベルが高いですね。

アイドルだけでなくアーティストのような一面も見せてくれる彼らの、今後の活躍に目が離せません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました