めぐる未来のロケ地&撮影場所一覧!襷家や藝談社、日暮警察署はどこ?

ドラマロケ地

木曜深夜23:59から放送の『めくる未来』のロケ地&撮影場所を紹介していきます。

感情の起伏が激しくなると過去に戻ってしまう原因不明の病気を持つ襷未来(萩原利久)は、感情を表に出さないように生きてきましたが、妻のめぐる(早見あかり)が結婚記念日に職場の非常階段から転落して亡くなってしまいます。

最愛の妻を亡くした未来は病気を発症し過去に戻り、妻めぐるの死因を調べ、死なないように守ることができるのか?

襷家やめぐるが働いていた藝談社、日暮警察署などのレギュラーロケ地に加え、毎話ごとに登場するロケ地&撮影場所を放送終了後にいち早く更新していきます。

*この記事には広告が掲載されています。

ページ

  1. レギュラー&第5話のロケ地&撮影場所
  2. 第4話〜第1話のロケ地&撮影場所

 

 

めぐる未来のレギュラーロケ地&撮影場所

まずは頻繁に登場するレギュラーロケ地から紹介します。

襷家:サンスタジオ砂町801マンションスタジオ

未来とめぐるの住む家は、江東区にあるサンスタジオ砂町801マンションです。

出勤しようとするめぐるが花瓶を落とし、未来に刺激を与えたのではないかと心配しますが、問題ありませんでした。

住所:〒136-0076 東京都江東区南砂5丁目6−4 オリオン砂町 801

藝談社のエントランスロビー:読売情報開発 本社

こちらは、千代田区にある読売情報開発 本社です。

オフィスもこちらなのかもしれませんが、確証はありません。

マグルは太陽の好きなとこところをゆりかに話します。

住所:〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目13−3
アクセス:永田町駅より徒歩4分

藝談社のビルの階段:HYPERMIX門前仲町の非常階段

こちらは、HYPERMIX門前仲町の非常階段です。

ここから飛び降りたのかと未来が下を見ていると、ゆりかが話しかけ「ここは危ないから気をつけて」と言います。

ゆりかはめぐるのことを悲しませたら許さないと未来に言います。

オフィスでは、めぐるが担当作家の原稿のデータを無くしたことで、担当から外されてしまいます。

住所:〒135-0048 東京都江東区門前仲町1丁目13−12
アクセス:門前仲町駅より徒歩2分

日暮警察署:柏市役所

未来が訪ねた日暮れ警察署は、柏市役所です。

めぐるが第1話で亡くなった時の霊安室で会った時任(勝村政信)と勝村政信)と暦(田中偉登)に声をかけ、「死んじゃうよ」と言う電話がかかってきたことを伝えますが、また電話があったら来てと取り合ってもらえませんでした。

住所:〒277-8505 千葉県柏市柏5丁目10−1
アクセス:柏駅より徒歩14分(バスもあります)

 

めぐる未来の第5話のロケ地&撮影場所

結局めぐるを助けることが出来なかった未来に発作が起こり、過去に戻りました。

未来は元の関係に戻れなかったとしても、めぐるを助けるために自分の病気のこと、感情が爆発すると過去にも戻ってしまうことを話します。

未来とめぐるが散歩したところ:晴海橋公園

こちらは、江東区にある晴海橋公園です。

めぐるは、未来の言う過去に戻ってしまう病気の話を受け入れ、自分の知らない未来と過ごしている自分の知らない自分に嫉妬しちゃうと言います。

その言葉と聞いて驚く未来。

めぐるは「私のために生きて欲しいし一緒にいられて最高にハッピー」だと言います。

未来は、信じてなかったの方は自分の方だったと気が付きました。

住所: 〒135-0061 東京都江東区豊洲3
アクセス:豊洲駅より徒歩8分

めぐるが未来に告白したところ:日本科学未来会館の前あたり

回想シーンで出てきためぐるが未来に告白した場所は、日本科学未来館の前あたりです。

未来は「俺といてもいいことがないから離れてください。僕は生きてきた理由がわからないしもう会わない方がいい」と言うと、めぐるは「それなら私があなたの生きる理由になります。私と付き合ってください」と告白。

住所:〒135-0064 東京都江東区青海2丁目3
アクセス:テレコムセンター駅より徒歩4分

めぐるが日南と話したところ:新右近川親水公園

日南に呼び出されためぐるがヒナミと反したのは、新右近川親水公園です。

めぐるはヒナミに「どうして私のこと殺したいの?」と聞くとスタンガンを持ってめぐるに近づく日南。

その時未来が日南を捉え、めぐるを助けます。

興奮した未来は心臓がバクバクして倒れそうになり、失敗した日南はクソっと言って去って行きました。

住所:〒134-0086 東京都江戸川区臨海町1丁目
アクセス:西葛西駅より徒歩18分

日南が込み箱を蹴ったところ:左近通りの歩道

日南が「あ〜!」と叫んでゴミ箱を蹴ったのは、左近通りの歩道です。

「なんでいつも上手くいかないの」と嘆きました。

住所:〒134-0086 東京都江戸川区臨海町2丁目6
アクセス:西葛西駅より徒歩20分

未来が運ばれた病院:旧東鷲宮病院

こちらは、第3話にも登場した旧東鷲宮病院です。

めぐるは眠っている未来に「ずっとこんなふうに苦しんでしたの?元気になったら一緒に家に帰ろうね」と言います。

「じゃ。行ってきます」と言ってめぐるが病室を出て行きました。

住所:〒340-0203 埼玉県久喜市桜田3丁目9−3
アクセス:東鷲宮駅より徒歩7分

めぐるが日南と話した階段:HYPERMIX門前仲町の非常階段

こちらは、藝談社の入っているビルの階段として使われているHYPERMIX門前仲町の非常階段です。

日南は、旦那からめぐるを救いたいと言いますが、未来は「私は未来くんが大好き」と言うと、ひなみは階段を駆け上がっていきます。

それを追っためぐるは、日南を背負い投げして倒し、「私は死ぬわけにはいかない。ひなみちゃんも私と一緒に生きて」と言い、日南の大好きなプリンを差し出し「ご一緒してもいいですか?」と言います。

その言葉を聞いた日南は、泣きながら「私も生きていいのかな」と言い、一件落着しました。

ゆりかと四季村が歩いていたところ:新右近川親水公園

めくると未来の家を訪ねた帰りにゆりかと四季村が歩いていたのも、めぐるが日南と話した所と同じ新右近川親水公園です。

ゆりかに「めぐるが好きだったんでしょ?」と言われた四季村は、「このままがいいんだって思った。二人の絆がさらに強くなったように感じた」と言います。

そんな時、めぐるに編集長から「日南が飛び降り自殺した」と電話があり、取り乱すめぐる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました