リバーサルオーケストラのロケ地・撮影場所一覧!公民館や市役所はどこ?

ドラマロケ地

1月11日水曜よる10時より放送される「リバーサルオーケストラ」の舞台となる、オーケストラの練習場主人公・谷岡初音が勤める市役所となるロケ地・撮影場所を紹介。

ポンコツオーケストラと言われている『児玉交響楽団』――通称『玉響』を一流のオーケストラに改造するため、“元”天才ヴァイオリニストが、毒舌マエストロに巻き込まれというストーリー。

元・天才ヴァイオリニスト・谷岡初音(門脇麦)が勤める市役所と『玉響』の練習場など、「リバーサルオーケストラ」のロケ地・撮影場所を毎話ごとに更新していきます。

リバーサルオーケストラの公民館や市役所などロケ地・撮影場所

「リバーサルオーケストラ」の舞台となる、主人公・谷岡初音が勤める市役所と玉響の練習場や初音の自宅などのロケ地&撮影場所をご紹介!

初音が働く市役所

初音の働く市役所は日本女子大学 西生田キャンパスがロケ地となっています。

住所:神奈川県川崎市多摩区西生田1丁目1−1 九十年館 A棟

玉響の練習場がある西さいたま市民センターの外観

児玉交響楽団こと玉響が練習している西さいたま市民センターの外観は、なんと川崎市水道局長沢浄水場です。

昭和32年に建てられ、浄水場とは程遠いモダンなデザインとなっています。

住所:〒214-0034 神奈川県川崎市多摩区三田5丁目9048 

また、第1話の最後に初音と常盤朝陽(田中圭)が握手したのもこの建物の屋上です。

実際の練習場はセット

練習場はセットだと公式Twitterでも紹介されています。

セットの撮影は、川崎市にある日本テレビの生田スタジオで撮影されています。

住所:〒214-0006 神奈川県川崎市多摩区菅仙谷3丁目20−1

谷岡家の自宅

谷岡家は、初音が開いている「たにおかヴァイオリン教室」兼、妹の奏奈(恒松祐里)と二人が住んでいる自宅です。

父・丈雄と母・祥子はセカンドライフとして、長野県佐久市に移住してます。

撮影場所は、横浜市にある一軒屋です。

こちらは、一般宅の可能性があるので、プライバシーを尊重して正確な場所は控えさせて頂きます。

家の中はスタジオセットです。

素敵な内装ですよね。

リバーサルオーケストラ第1話のロケ地・撮影場所

朝陽が日本からの連絡が来たと報告を受けた場所

新人気鋭のマエストロとして、ドイツを中心に活躍している朝陽はコンサートを終えた直後、日本から、「お母さまの件で至急話しがしたい」と連絡を聞かされます。

撮影場所は、高輪プリンセスガルデンです。

住所: 東京都港区高輪4丁目24−40 プリンセスガルテン 301

朝陽は車で渡った橋

こちらは横浜市にある八和らぎ橋(やわらぎはし)です。

住所:〒224-0057 神奈川県横浜市都筑区

こどもヴァイオリンコンサートの会場

審査員で出席していた朝陽は、コンサートの途中で時間の無駄だと言い抜け出しますが、小野田(岡部たかし)の説得で会場へ戻ります。

初音の生徒の演奏を聞いた朝陽は急いで、ヴァイオリン教室の先生を探します。

撮影場所は、野田ガスホール(野田市文化会館)です。

住所:〒278-0003 千葉県野田市鶴奉5−1

10年前に初音が演奏できなくなったホール

10年前のあるコンサートの当日、いつも初音の演奏を聞いていた母親が、突然慌てた様子で会場を後にします。

本番直前、舞台の袖で控えていた初音は、妹が救急搬送されたと聞き、気になって演奏ができなくなりステージから抜け出し病院へ駆け込む。

ホールの外観は、神奈川県立音楽堂です。

住所:〒220-0044 神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘9−2

会場であるホールは、所沢市民文化センター ミューズのアークホールです。

写真の左がアークホールです。

住所: 〒359-0042 埼玉県所沢市並木1丁目9−1

初音の妹・奏奈が入院した病院のICU

コンサートを抜け出した初音は、奏奈が搬送された病院へ。

奏奈は心臓を患っていて、手術しなければならないほど危険な状態だった。

両親は、初音のことばかりで奏奈のことまで見てあげられてなかったことを後悔。

谷岡は、そのことを知りヴァイオリンに集中し、気付いたら大事な人を見失ってしまうのではないかと、舞台に立つことを怖がっていた。

撮影場所は、初台スタジオ1F2FのICUです。

住所: 東京都渋谷区本町1丁目4−1

高階組の外観

市長の後釜を狙い、修介が応援している玉響を潰すためある人物の元に訪れます。

その相手は、日本屈指のスーパーゼネコン・高階組の会長である高階藍子だった。

高階藍子は、「日本一」と言われる高階フィルハーモニックオーケストラのオーナーでもあった。

撮影場所は、みなとみらいグランドセントラルタワーです。

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目6−2

リバーサルオーケストラ第2話のロケ地・撮影場所

地元のオーケストラ玉響に加入した初音は、マエストロ・朝陽とともに「ポンコツ改造計画」に乗り出します。

毎回練習に遅刻してくるフルート首席・庄司蒼(坂東龍汰)が遅刻する原因を探れと初朝陽から言われた初音は練習終了後、彼の後をついて行きます。

SBK交響楽団

楽団の中でも特に大きいSBK交響楽団のオーディションが行われている場所に、玉響のフルート首席である庄司蒼がオーディションを受けていました。

SBK交響楽団は、千葉市にある幕張研修センターです。

住所:〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野1丁目1

蒼と友人が食事していた場所

蒼は、音大の友人2人と食事をしている中で、1人は吹奏楽部の顧問として大会に備えていると話を聞きます。

蒼はオーケストラとバイトをしている話しをすると、教室で教えているのかと言われますが、本当の事を話せず「そうだ」と嘘をつきます。

撮影場所は、鮨つきうだです。

住所:〒153-0043 東京都目黒区東山1丁目11−15 ARKII1F 中目黒

市長・常盤修介と本宮雄一が話していた階段・三島彰一郎のコンサート会場

朝陽から公演が2週間後に決まったと聞かされた玉響の団員たちは動揺をあらわにします。

急遽、公演が決まったきっかけが朝陽の父親で市長をしている修介(生瀬勝久)は、ライバル関係である本宮(津田健次郎)と鉢合わせに。

本宮から、玉響にマエストロとして朝陽が入ったと聞き、手を焼いているのでは?と言われた修介は、レベルが以前よりも上がっていると豪語します。

さらに、生まれ変わった玉響の演奏を今すぐにでもお聞かせしますよ!と見栄を張ります。

本宮が去った後、急いで小野寺に公演のスケジュールを組ませてました。

撮影場所は、所沢市民文化センター ミューズです。

また、三島彰一郎が「コンチェルトの夕べ」を開いた会場も、第一話でも登場した所沢市民文化センター ミューズアークホールです。

蒼がフルートを始めたきっかけの場所

蒼は中一の時、父親が庭師で仕事の手伝いで行った家で、フルートの練習を聞いたことがきっかけで、フルートを始めたという。

撮影場所は、松本記念音楽迎賓館です。

住所:〒157-0076 東京都世田谷区岡本2丁目32−15

 

動画を撮影していた広場

蒼にオンラインでフルートレッスンを発案した初音、それを聞いていた他の団員と奏奈も一緒に協力し、生徒を募集するため動画を撮影します。

こちらの公園は横浜市にある岸根公園です。

住所:〒222-0034 神奈川県横浜市港北区岸根町725

本宮が他の議員と会食していたお店

反市長派の他の議員と食事をしている中、高階フィルから連絡が来たことに喜び、会食の席に戻った。

他の議員が、「プロジェクトの失敗を本宮が引き継ぐことはダメだろう!」という発言に本宮は、そうならないようすでに手は打ってあると話します。

撮影場所は、横浜中華街にある大珍楼です。

住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町143

初音と蒼が走っていた歩道

練習を無断欠席した蒼と連絡が取れず、蒼のバイト先など探し回る初音。

蒼の自宅に行くと、蒼は荷物をまとめ引越しの準備をしていた。

蒼は、父のがんのことや家賃滞納などお金の悩みを解決するため、蒼は玉響を辞め家業を継ぐことを決めます。

それを聞いた初音は、自分も家族のことで悩み人前で演奏することが怖くなったと話します。

話しを聞いた蒼は、もう一度本気でフルートを続けることを決め、初音と蒼が遅刻するまいと練習場まで走ります。

2人が走っていた場所は、国営公園南通りの歩道です。

住所:〒190-0014 東京都立川市緑町

リバーサルオーケストラ第3話のロケ地・撮影場所

蒼は谷岡家に居候させてもらえることになり、初音と同居生活が始まり新生・玉響は初公演へ向け一致団結と思っていた矢先、オケの大黒柱であるティンパニが突然退団してしまう。

本番が迫っている中、初音は朝陽から大至急ある人物をスカウトしてくるよう命じられ東京へ。

初音・蒼・玲緒が歩いていた路地

演奏会まで近づいてきている中、ティンパニストが突然辞めてしまい、朝陽から新しいティンパニストのところへ行ってくれと頼まれた初音。

新宿に用事があった蒼と朝陽の気を引きたいために玲緒(瀧内公美)の3人で、朝陽に渡されたメモの場所に向かいます。

途中、蒼がフルートを始めたきっかけとなった日地谷更紗(鈴木彩音・乃木坂46)を街頭ビジョンに出ているのを見つけてました。

撮影場所は、パレスホテル立川西側壁面です。

住所:〒190-0012 東京都立川市曙町2丁目40

更紗がフルートを吹きながら下っていた階段

蒼は音大に通っていたとき、一度だけ更紗に会ったがアイドル的存在だったので、声すら掛けられなかったと話していました。

街頭ビジョンの映像に、更紗がフルートを吹きながら下っていた階段は、松本記念音楽迎賓館内の階段です。

※写真左側がシーンに使われていた階段です。

住所:〒157-0076 東京都世田谷区岡本2丁目32

新しいティンパニストがいたライブハウス

新しいティンパニストとなる人をスカウトしに、藤谷耀司(渋川清彦)がいるライブハウスに着いた3人。

昔、S響に在籍していたがオーケストラはもうやめたんだと、今はバンドのドラムを演奏していました。

撮影場所は、BABEL The Rock Towerです。

住所:〒190-0022 東京都立川市錦町1丁目3−18 第 一 東信 ビル B1F

玉響が演奏会をするさいたま市民会館

新しく生まれ変わった玉響の演奏をたくさんの人に聞いてもらおうと、楽団のメンバーは気合も入っており、意気揚々としていました。

三島が初音にハグしところも同じです。

撮影場所は、野田ガスホール(野田市文化会館)です。

リバーサルオーケストラ第4話のロケ地・撮影場所

放送後に追記します。

 

 

 

 

▼▼▼このドラマを見てバイオリンを始めたくなったら▼▼▼

Nicolo Santi NSN60S 4/4 バイオリン 初心者セット 【マイスター茂木監修】 

リバーサルオーケストラのロケ地・撮影場所・まとめ

「リバーサルオーケストラ」が舞台となる、埼玉県と神奈川フィルハーモニー管弦楽団が全面協力もあり、本拠地である横浜もコンサート会場を紹介しました。

毎話放送終了後、ドラマの内容と一緒にロケ地撮影場所を画像とマップを載せて更新していきます。
気になる場所がありましたら、ロケ地巡りに訪れてみてはいかがでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました