YOSHIKIオーディションで生き残ったメンバーは?8人のプロフィールと評価

YOSHIKIオーディション

YOSHIKIオーディションのダンス&ボーカル審査で、チームAとチームBがパフォーマンスし、結果が発表されました。

どちらのチームもすごく上達していて、かなり驚きました。

しかし、審査員の方々の見る目はシビア。

YOSHIKIオーディションの今回の審査で生き残ったメンバーは8人でした。

スッキリでMCの加藤さんが、すごいボーイズグループはいっぱいいて、それと何が違うのかわからないとおっしゃっていましたが、確かにこれ以上のグループはすでに世の中にたくさんいます。

生き残ったメンバー8人もまだまだ絞られていくと思いますが、彼らのプロフィールや評価を紹介して行きます。

YOSHIKIオーディションで生き残ったメンバー8人を紹介

それでは、ダンス&ボーカル審査で生き残ったメンバーを紹介していきます。

丸尾隼

  • 生年月日:1999年2月25日(23歳)
  • 出身地 :大阪
  • 身 長 :不明

◆経歴◆

Mr.LOVER(通称:みすらば)というアイドルグループに所属しており2年くらい活動していましたが、2022年5月に病気を理由に活動を病気を理由に芸能活動を休止すると事務所が発表しています。

本当に病気だったの?という疑問は残りますが、YOSHIKIオーディションに参加し、自分はスパースターになると断言しています。

対面審査、ダンス審査、ダンス&ボーカル審査を通過しました。

・丸尾隼のさらに詳しい情報はこちら>>

◆評価◆

最初からYOSHIKIさん、Hydeさん「ギラギラしているところがいい」と評価、ロスの審査員の評価も高かったです。

ダンス審査の練習中に、HANA先生に

「確かに褒められているけど、ビジュアルだけでしょ。うぬぼれている人は落ちていく、私はそういう人間を何人も見てきた。」

と、きつい一言を言われて泣く場面も。

ダンス&ボーカル審査では、中曽根莉乃さんが

「彼は何か持っている。自然と目がいってしまう。キーパーソンになると思う。」

と高い評価、その他審査員も同意見ということで審査を通過。

P→★

  • 生年月日:1999年8月30日(23歳)
  • 出身地 :大阪
  • 身 長 :不明

◆経歴◆

2011年にきゃりーぱみゅぱみゅのキッズバックダンサー「きゃりーキッズ」としてライブやフェスに出演。

2012年にTEMPURA KIDSのメンバーとして活躍する傍ら、グループのプロデュースやファッションでも注目され、モデルとしても雑誌やネットメディアにも掲載された。

2021年にTEMPURA KIDSを卒業。

子供の頃から、さまざまな活動をしてきたキャリアが今回のオーディションでも強みになっていると思います。

◆評価◆

オーディションの途中でYOSHIKIさん、YAKAHIROさんの審査を受け、個性的なファッション、個性的なダンスで、2人にこのグループに必要な存在だと言わしめ、ダンス&ボーカル審査から参加。

個性的なダンスだけではなく、与えられた振り付けを踊りこなす実力と存在感を評価され審査を通過しました。

中曽根莉乃さんはP→★につくファンまで見えると大絶賛。

藤岡孝成

  • 生年月日:2005年7月生まれ(17歳)
  • 出身地 :北海道滝川市
  • 身 長 :不明

K-POPのダンス大会で優勝し、2年間韓国の芸能事務所で練習生として活動。

◆評価◆

YOSHIKIさん「踊り始めた瞬間から感動を与える、ステージを自分のものにしていた。」と大絶賛。

ダンス審査でもトラヴィス・ペインが「スーパースターがこの中にいるかと聞かれれば、彼だね。Glee Goodman!」とベタ褒めでした。

中曽根さんも同じ意見だと。

ダンス&ボーカル審査では、以前注意された『見せ方』を自分なりに研究して挑み、審査員にこれまでとの違いを評価され、見事通過しました。

カルマ

  • 生年月日:2002年1月15日 (20歳)
  • 出身地 :東京都
  • 身 長 :不明

◆経歴◆

大学の学費を稼ぐためにホストになり、今では月1,000万円を稼ぐ売れっ子です。

CLUB AAAののNO.2、CP(キャプテン)という役職がついています。

これまでは学費のため、親のためにホストとして稼いできましたが、これからは自分のために生きたいとYOSHIKIオーディショ運を受けた。

歌かがめちゃめちゃ上手く、本人曰くカラオケで鍛えたそうです。

◆評価◆

最初の対面審査で、ビジュアルも良く歌が上手いカルマさんに、YOSHIKIが「神様は2物を与えるんだな〜。興味あります」と大絶賛。

ダンス審査でも、チームAで一番下手にも関わらず、中曽根莉乃さん、トラヴィス・ペインに「カリスマ性がある」とインパクトを与えた。

ダンス&ボーカル審査でも、バンドとのセッションで魅了したこともプラスとなり、審査通過。

カルマは夢半ばでこの世をさってしまったYOSHIのロックスターの心臓を引き継ぐとと誓っていた。

・カルマのさらに詳しい情報はこちらです>>

西垣道隆

  • 生年月日:1999年10月8日(23歳)
  • 出   身   :埼玉県
  • 身 長 :173cm

◆経歴◆

バトントワリング歴13年、世界大会でも優勝経験がある実力者。

嵐のバックダンサーとして「Find The Answer」のMVに出演したり、4年間ディズニーのパークダンサーをしていたという経歴があります。

◆評価◆

最初の対面審査でYoshikiさんの評価は、思いっきり良くしたほうがいい、すでに基礎があるから振り切ってしまえばいい。

次のダンス審査では成長が見られずチームAからBへ降格してしまいます。

しかしダンス&ボーカル審査では、サングラスをかけてパフォーマンスした時に、ちょっとワルな顔が見えて良かったとYOSHIKIさんが評価し、通過となりました。

川口理貴

  • 生年月日:2001年7月(21歳)
  • 出身:大阪府?
  • 身長:不明

◆経歴◆

大阪市立大学法学部に入学し、アカペラサークルSissy(シシー)に入り、ボーカル担当となる。

2021年の夏に、「全国ハモネプリーグ大学日本一決定戦2021夏」にSissyのボーカルとして出演。

決勝まで進みましたが、5位で敗退しています。

また同年に、バナナマンの「生放送で満点出せるか100点カラオケ音楽祭」に出演し、優理の「ドライフラワー」を熱唱し100点満点を取りました。

◆評価◆

最初の対面審査で、天性の声を持っているとYOSHIKIさん、サラ・ブライトマン、りょんりょん先生に声を褒められました。

次のダンス審査では、ダンス未経験者だったのでかなり苦戦を強いられ、チームAからBに降格。

ダンス&ボーカル審査の15秒アピールタイムで「紅」をアカペラで歌い、YOSHIKIさんにそれが響き「あの時の声が忘れられない」と、合格となりました。

河野翼

  • 生年月日:2007年2月12日(15歳)
  • 出身:長崎県
  • 身長:不明

◆経歴◆

最年少ですが、4歳からダンスを始め、ダンス歴は11年。

現在、EXPGダンスの福岡校育成候補生として活動しています。

EXILEの事務所LDHが運営しているダンススクールです。

◆評価◆

最初の対面審査では歌とダンスでしたが、歌の方でYOSHIKIさんのピアノ演奏でもっと口を大きく開けて歌うという注意点を踏まえて歌い直すと、「伸び代がありすぎて楽しみ」とYOSHIKIさんが評価。

次のダンス審査では、TAKAHIROさんに「いいものは持っているが、もっと表現力をつけないといけない」と言われ、チームAからBに降格。

ダンス&ボーカル審査では、「自分をアピールするのは苦手なタイプだけれど、場所と音楽があれば化ける」と評価され、通過しました。

道木来明

  • 生年月日:2004年7月22日
  • 出身地 :愛知県
  • 身  長:170cm

◆経歴◆

aaa(avex artist academy)の育成契約生として活動。

THE FIRSTオーディションを受けるも、3次審査で敗退。

2022年には、インターネットテレビ局AbemaTVの恋愛リアリティ番組「今日、好きになりました。蜜柑編」に出演しています。

◆評価◆

最初の対面審査では、りょんりょん先生に「下を向いて自信なさげに歌っている」と言われたが、YOSHIKIさんのピアノで『Imitation Rain』を歌うように言われ、YOSHIKIさんが「先生方なんとかしてあげて」と頼みました。

チームBからのスタートでしたが、ダンス審査ではフリーダンスが評価されチームA に昇格。

ダンス&ボーカル審査では、最初は内向的だったが牙を剥いてきた感があった、自分を見せられるようになったと評価され、審査を通過。

・道木来明のさらに詳しい情報はこちらです>>

YOSHIKIオーディションで生き残ったメンバー・まとめ

通過メンバーはこの8人です。

16人から半分の人数に減ってしまいました。

明暗が別れましたが、これも厳選な審査の結果なので仕方ありませんね。

まだまだ一波乱ありそうですが、今後どうなっていくのか何人がデビュー出来るのかを見守って行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました