さよならマエストロのロケ地&撮影場所一覧!市役所や練習場所はどこ?

ドラマロケ地

第6話更新しました!!

1月14日からスタートする日曜劇場『さようならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜』のロケ地&撮影場所を紹介していきます。

ある事件で家族も音楽も失った主人公・夏目俊平(西島秀俊)と父を拒絶し音楽を嫌う娘・響(芦田愛菜)が地方のオーケストラを通して親子の絆と人生を再生させていくヒューマンドラマです。

父と娘が5年ぶりに一緒に暮らすことになった家や、響が務める市役所、オーケストラの練習室などのレギュラーロケ地に加え、毎話ごとに登場するロケ地&撮影場所をいち早く更新していきます。

*この記事には広告やプロモーションが掲載されています。

ページ

  1. レギュラー、第6話〜第4話のロケ地&撮影場所
  2. 第3話〜第1話のロケ地&撮影場所

 

▼▼▼見逃してしまったらU -NEXTで見られます▼▼▼

映画、ドラマ、アニメなど見放題作品が200,000本

U-NEXTは見放題作品数NO.1の動画サービス!

 

  1. さよならマエストロのレギュラーロケ地&撮影場所
    1. 夏目家の外観:富士市にある一軒家
    2. 晴見あおぞら文化ホール外観:富士文化会館ロゼシアター
    3. 響が異動になった青空文化ホールの内観:東京外国語大学
    4. 晴見フィルの練習室:東京音楽大学池袋キャンパス
    5. うたカフェ二朗:カナディアンコーヒーショップ
    6. 志帆の住んでいるところ:北鎌倉たからの庭
    7. 晴見市役所:大和市役所
  2. さよならマエストロ第6話のロケ地&撮影場所
    1. 響や俊平が自転車を停めている駐輪場:富士市文化ロゼシアターの駐輪場
    2. 俊平が古谷と話したところ/さよならコンサートが行われたところ:東京音楽大学100周年記念本館
    3. 海がピアノを弾いた教室のある学校:横浜富士見丘学園中学校・高等学校
    4. 響が富子に曲名を教えたオーディオルーム:東京経営短期大学の図書館
  3. さよならマエストロ第5話ロケ地&撮影場所
    1. 晴見フィルが演奏をしたレストラン:石川酒造株式会社
    2. 志帆が離婚すると言ったレストラン:旧ステラ
    3. 響と大輝が歩いた場所/俊平が2人の会話を聞いたところ:岩本山公園入口
    4. 古谷と志帆が話をした場所:富士文化会館ロゼシアターの前
    5. 5年前響がバイオリンを弾いていた場所:すみだトリニティーホール
    6. 森家の畑:富士市岩本の茶畑
    7. 海の通う高校:横浜富士見丘学園中学校・高等学校
    8. 俊平が柳亭小痴落に会った場所:フォレスト・ヒルズ ゲストハウスウェディングの向いあたり
    9. 響が大輝と話したところ:富士市岩本の茶畑
    10. 俊平が自転車で走った場所:日本料理和雅家の前の通り
    11. 響と俊平が歩いた場所:岩本の坂道
    12. 天音の自宅:ラステラハウス砧(きぬた)
  4. さよならマエストロ第4話のロケ地&撮影場所
    1. 古谷が志帆にはじめて会った場所:富士市交流プラザ
    2. 古谷が志帆に告白したところ:東京外国語大学の円形食堂
    3. 俊平と志帆が話した場所:桜橋
    4. 鏑木がスマホを見た場所:富士見駅
    5. 古谷の実家カットサロンフィガロ:カットブレイクSHIN
    6. 響が俊平の跡をつけたところ:ICU国際基督教大学
    7. 俊平と志帆が話した店:旧レストランステラ
    8. 俊平が倒れたところ:ロゼの架け橋
    9. 大輝が鏑木と話した場所:石川酒造株式会社

さよならマエストロのレギュラーロケ地&撮影場所

予告ティザーを見ると富士山や茶畑が写っていて、地方のオーケストラというのは静岡県富士市で撮影されているようです。

まずはレギュラーのロケ地&撮影場所から紹介していきます。

夏目家の外観:富士市にある一軒家

こちらは富士市にある一軒家ですが、プライバシー重視のため詳細は控えさせていただいます。

夏目家の中は、セットになります。

響と海は自宅に俊平を呼び、ご飯を作らせます。

晴見あおぞら文化ホール外観:富士文化会館ロゼシアター

晴見あおぞら文化ホールの外観は、富士市文化会館 ロゼシアターです。

響も市役所から青空文化ホールの勤務になりました。

晴美フィルの練習場も晴見あおぞら文化ホールの中にある設定になっています。

また、第1話で夏目志帆(石田ゆり子)が俊平に電話していたのも、富士市文化会館 ロゼシアターの前です。

志帆はフランスの楽団から仕事の話があったので、自分と入れ替わりに子供の面倒を見るために、日本に帰ってきてほしいと言います。

住  所:〒416-0953 静岡県富士市蓼原町1750
アクセスJR富士駅よりバスで15分

響が異動になった青空文化ホールの内観:東京外国語大学

青空文化ホールの内観は、府中市にある東京外国語大学です。

響も青空文化ホールに移動なった為、たびたび俊平の行動を見てしまうことになります。

響は、こうして俊平の素敵な部分を目の当たりにすることになるんですね。

住所:〒183-0003 東京都府中市朝日町3丁目11−1

晴見フィルの練習室:東京音楽大学池袋キャンパス

下記の部屋が晴海フィルの練習室です。

こちらは、東京音楽大学池袋キャンパスです。

俊平の到着を待っていた団員だがもう来ないかも知れないと思っていました。

俊平は顔を出してくれたのですが、団員は音が早すぎたりグダグダな演奏だったので、俊平は楽譜を一旦しまって即興で作曲してみてはと言います。

住  所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3丁目4
アクセス:雑司ヶ谷駅より徒歩6分

うたカフェ二朗:カナディアンコーヒーショップ

小村二朗(西田敏行)の店「うたカフェ二朗」は、多摩市にあるカナディアンコーヒーショップです。

二郎はフィルのメンバー・森大輝(宮沢氷魚)の祖父にあたります。

晴見フィルの面々の行きつけのカフェになっています。

二郎は昔プロオケに入っていて、俊平に何故指揮者を辞めたのか聞き、取り返しの付かない事を取り返しに来たと笑いました。

住  所:〒206-0023 東京都多摩市馬引沢1丁目15−1
アクセス:小田急永山駅より徒歩12分

志帆の住んでいるところ:北鎌倉たからの庭

こちらは、北鎌倉たからの庭です。

志帆は、俊平と響きの関係を修復させるために一緒に住まわせました。

パリに行くと言ったのは嘘、自分がここにいることがバレないように、サングラスにマチコ巻きで外出。

住  所:〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内1418
アクセス;北鎌倉より徒歩12分

晴見市役所:大和市役所

晴見市役所は、大和市役所です。

住所:〒242-8601 神奈川県大和市下鶴間1丁目1−1
アクセス:鶴間駅より徒歩13分

 

さよならマエストロ第6話のロケ地&撮影場所

3月を待たずに青空ホールが閉館されると言われた晴見フィル。

最後にコンサートをやりたいという団員に、梅まつりを乗っ取ってしまえという二郎の提案に乗った晴見フィルの面々。

響や俊平が自転車を停めている駐輪場:富士市文化ロゼシアターの駐輪場

こちらは、富士市文化ロゼシアターです。

響が俊平の作ったお弁当を見て「何を張り切ってるんだか」と言うと「家で娘が戻ってきて嬉しいんじゃないの?」と大輝。

*住所&マップは富士市文化ロゼシアターと同じ

俊平が古谷と話したところ/さよならコンサートが行われたところ:東京音楽大学100周年記念本館

こちらは、青空ホールとして使われている東京音楽大学池袋キャンパスの100周年記念本館です。

古谷は俊平に謝り、志帆がバツイチ独身だと勘違いしてプロポーズしたがすぐに断られたと言います。

自分は妻に離婚を迫られ、娘にも嫌われている人間と言う俊平。

週ペイと一緒に演奏する時間だ大好きだという古谷に、必ずさよならコンサートを実現しましょうと手を差し出し、硬く握手を交わす2人。

また、さよならコンサートが行われたのもこちらです。

全員コスプレして演奏。

俊平は、最後の指揮を40年間フィルの団員をしてきた近藤に委ねます。

●東京音楽大学100周年記念本館

  • 住  所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3丁目4−5
  • アクセス:雑司ヶ谷駅より徒歩6分
  • MAP(練習室と同じ)

海がピアノを弾いた教室のある学校:横浜富士見丘学園中学校・高等学校

こちらは、横浜富士見丘学園中学校・高等学校です。

天音は「何それすごい」と言うと「モーツアルトのキラキラ変奏曲」と答える海。

それをバイオリンで弾きたいと言う天音に、それは無謀だと言います。

それでも「弾きたい」と言う天音。

住所:〒241-0814 神奈川県横浜市旭区中沢1丁目24−1
アクセス:二俣川駅より徒歩16分

響が富子に曲名を教えたオーディオルーム:東京経営短期大学の図書館

こちらは、東京経営短期大学の図書館です。

富子(白石加代子)は20年ぶりに会えたと喜んで帰って行きました。

それを見た大輝は「よく見つけたね」と響に声をかけ、一緒にその曲を聞きました。

なんかいい感じの2人。

住所:〒272-0001 千葉県市川市二俣625−1
アクセス:西船橋駅より徒歩15分

 

さよならマエストロ第5話ロケ地&撮影場所

明かされる5年前の秘密。

響が家出をしてしまい、父と娘の関係は修復できるのでしょうか。

晴見フィルが演奏をしたレストラン:石川酒造株式会社

こちらは、石川酒造株式会社です。

音が乱れた古谷に困惑する俊平。

演奏を乱した古谷は1人で反省したいと打ち上げを断ります。

鏑木が俊平と再会し、晴見フィルのオケは最悪と言います。

住所:〒197-0003 東京都福生市熊川1
アクセス:拝島駅より徒歩15分

志帆が離婚すると言ったレストラン:旧ステラ

こちらは、旧ステラです。

志帆は俊平に今までの不満を伝え離婚すると言います。

その時、響も海も話しを聞いていました。

志帆にはプロポーズをした人がいると俊平も聞きます。

住  所:〒270-1101 千葉県我孫子市布佐785
アクセス:新木駅からバスと徒歩で10分、布佐駅よりバスと徒歩で9分

響と大輝が歩いた場所/俊平が2人の会話を聞いたところ:岩本山公園入口

こちらは、岩本山公園入口です。

家出し行くところがない響は大輝の家に泊めてもらうことにしました。

響と大輝が歩いたところ

また、大輝は何も知らないのに共演の話しをしたことを謝ったのもこちらです。

響は自分が家庭を壊したと話しますが、これからもっと楽しいことがきっとあると言う大輝。

そんな二人の会話を見ていた俊平が、響に一緒に帰ろうと言います。

俊平が響と大輝の話を聞いたところ

住所:〒416-0901 静岡県富士市岩本花木立1605
アクセス:竪堀駅より車で9分

古谷と志帆が話をした場所:富士文化会館ロゼシアターの前

こちらは、メインの晴見あおぞら文化ホールとして使われている富士文化会館ロゼシアターの前です。

俊平が瑠李と本当にキスをしていたのかと志帆が聞きますが、古谷は濁します。

志帆は、俊平が鈍感すぎて恋の矢が自分に向かっていても気が付かないために相手に優しくして誤解を招くのを何度見たことかと嘆きます。

99%二人の仲に何も無いと断言すると、慌てて走っていく古谷。

そこに俊平からLINEが入り、海も家出をしたことを志帆は知ります。

5年前響がバイオリンを弾いていた場所:すみだトリニティーホール

こちらは、2話にも登場したすみだトリニティーホールです。

コンクールを途中で辞退した事を羽野は、大輝に話します。

住所:〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目2−3
アクセス:錦糸町駅から徒歩5分

森家の畑:富士市岩本の茶畑

こちらは、3話で大輝が練習していた富士市岩本の茶畑です。

畑仕事を手伝いますが、虫を怖がる響を見て笑う笑子。

柳亭小痴落を兄さんと呼ぶ大輝に驚き、今夜会えると聞いた響は慌てて着替えに帰ります。

住  所:〒416-0901 静岡県富士市岩本
アクセス:入山瀬駅から徒歩25分

海の通う高校:横浜富士見丘学園中学校・高等学校

こちらは、横浜富士見丘学園中学校・高等学校です。

ヴァイオリンを練習している天音に家に泊めれないか聞く海ですが断られます。

父に感情をぶつけた海が、ちょっと言いすぎたと反省しているのを見た天音は「結局お父さんのこと好きじゃん」と言うと「父を好きなのは姉だ」と言う海。

昔、響はコンクールで優勝していた響ですが、だんだん勝てなくなりました。

父の指揮で協奏曲を演奏するのが響の夢でしたが、5年前にすごいバイオリンを弾いたのが最後の演奏になってしまったと話す海。

住所:〒241-0814 神奈川県横浜市旭区中沢1丁目24−1
アクセス:二俣川駅より徒歩16分

俊平が柳亭小痴落に会った場所:フォレスト・ヒルズ ゲストハウスウェディングの向いあたり

俊平が柳亭小痴落に会った晴見が丘高校バス停は、フォレスト・ヒルズ ゲストハウスウェディングの向いあたりです。

俊平は、娘が大ファンだと言いサインをお願いしますが、紙がなく小痴落を待たせ探しに行きます。

住所:〒418-0034 静岡県富士宮市黒田205−1
アクセス:星山団地バス停から車で5分

響が大輝と話したところ:富士市岩本の茶畑

こちらは、富士市岩本の茶畑です。

響が座って小痴楽のユーチューブを見ていると大輝が現れ、響が小痴楽のファンになった芸術鑑賞シリーズを企画したのは自分だと言います。

大輝は小痴楽のことを兄さんと呼び、「これからコラボライブがあるけどどう?」と響を誘うと、響は慌てて着替えに家に戻りました。

響は大好きな小痴楽の落語を聞けた上、握手もしてもらってご機嫌。

その後大輝が演奏して歌う楽しそうな姿を見て、コンクール勝つために音楽をしてきた響には新鮮に写ったようです。

住所:〒416-0901 静岡県富士市岩本
アクセス:入山瀬駅より車で5分

俊平が自転車で走った場所:日本料理和雅家の前の通り

こちらは、日本料理和雅家の前の通りです。

小痴楽のサインをゲットした俊平は、響に渡したくて自転車を走らせます。

住所:〒416-0901 静岡県富士市岩本1972−7
アクセス:竪堀駅より車で5分

響と俊平が歩いた場所:岩本の坂道

2人が自転車を弾きながら歩いていたのは、富士市岩本の坂道です。

何も話さず家に向かう響と俊平。

家のに着くと、海も帰って来ていました。

そして家に入ると、志帆がトマト鍋を作って待っていました。

住所:〒416-0901 静岡県富士市岩本
アクセス:竪堀駅から車で6分

天音の自宅:ラステラハウス砧(きぬた)

こちらは、ラステラハウス砧(きぬた)の撮影スタジオです

リビングで指揮の練習をしていた天音は、父が帰ってくると慌てて楽譜を隠します。

天音の父は市長である白石でした。

住所:〒152-0004 東京都目黒区鷹番
アクセス:学芸大学駅より徒歩4分

さよならマエストロ第4話のロケ地&撮影場所

晴見フィル早朝演奏会で、志帆を見つけた俊平でしたが、連絡しても電話に出ない志帆。

志帆が日本にいることを、俊平は知ってしまうのでしょうか?

古谷が志帆にはじめて会った場所:富士市交流プラザ

こちらは、富士市交流プラザです。

1年前、古谷は志帆にはじめて会い、一目惚れしました。

住所:〒416-0915 静岡県富士市富士町20−1
アクセス:富士駅より徒歩8分

古谷が志帆に告白したところ:東京外国語大学の円形食堂

こちらは、1話にも出てくる東京外国語大学の中にある円形食堂です。

古谷は志帆に告白しますが、志帆は結婚していました。

俊平と志帆が話した場所:桜橋

こちらは、富士市にある桜橋です。

志帆は最初からフランスへ言ってないことを聞く俊平。

今はまだ帰らないと言う志帆に俊平は、困惑します。

二人が話しているのを、響はたまたま見てしまいました。

住所:〒416-0953 静岡県富士市
アクセス:新富士駅より車で5分

鏑木がスマホを見た場所:富士見駅

こちらは、静岡県の富士見駅です。

スマホで晴見フィルハーモニーのページを見る鏑木(満島真之介)。

俊平を探しているようです。

住所:〒418-0065 静岡県富士宮市中央町16
アクセス:富士宮駅

古谷の実家カットサロンフィガロ:カットブレイクSHIN

こちらは、東京都にあるカットブレイクSHINです。

歌いながら掃除する父・太郎。

古谷が起きてくると、二郎と俊平が座っていました。

太郎は古谷にいい人がいると話します。

住所:〒206-0823 東京都稲城市平尾2丁目2−22
アクセス:五月台駅より車で6分

響が俊平の跡をつけたところ:ICU国際基督教大学

こちらは、ICU国際基督教大学だと思います。

天音が響が俊平の跡をつけているのを見つけ、一緒にいた海も天音と響の後を追います。

住所:〒181-8585 東京都三鷹市大沢3丁目10−2
アクセス:新小金井駅より徒歩11分

俊平と志帆が話した店:旧レストランステラ

こちらは、旧レストランステラです。

俊平の後をつけてきた響をみかけ、海と天音もついてきます。

ちゃんと話したいと言った俊平でしたが、志帆は俊平との生活に不満だらけ。

3月に晴見フィルが終わったら離婚すると志帆は言いました。

住  所:〒270-1101 千葉県我孫子市布佐785
アクセス:新木駅からバスと徒歩で10分、布佐駅よりバスと徒歩で9分

俊平が倒れたところ:ロゼの架け橋

俊平が胸を押さえてロル前倒れたところは、第2話にも登場したロゼの架け橋です。

偶然それを目撃した瑠季(新木優子)が、走り寄りました。

俊平が料理を教えてもらって好評だったと言うと、お礼に食事に連れて行って欲しいと迫る瑠季ですが、俊平は歌カフェに行こうと瑠季の気持ちには全く気づいていません。

大輝が鏑木と話した場所:石川酒造株式会社

こちらは、福生市にある石川酒造株式会社です。です。

鏑木が大輝に、俊平の話を聞きたいといいます。

晴見フィルハーモニーの演奏会が行われ、たまたま晴見市長が来店します。

鏑木は、俊平の元マネージャで、二郎に呼び出された志帆と再会します。

演奏を間違えてしまった古谷は、志帆に告白した相手だと俊平にバレます。

住所:〒197-0003 東京都福生市熊川1
アクセス:拝島駅より徒歩15分

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました