ハマる男に蹴りたい女のロケ地&撮影場所一覧!銀星荘やいつかの会社を特定

ドラマロケ地

毎週土曜日よる11時からテレビ朝日系で放送の『ハマる男に蹴りたい女』ロケ地&撮影場所を紹介していきます。

バリキャリだったのに、一夜にして仕事も家族も失った男・設楽紘一(藤ヶ谷太輔)が3人の女性が暮らす下宿『銀星荘』の管理人となり、そのひとり・ズボラなお仕事女子・西島いつか(関水渚)と繰り広げるラブコメディーです。

このドラマは天沢アキさんの同名タイトルの漫画が原作です。

下宿『銀星荘』や、いつかの働く会社・コスモインデックスを特定し、毎話ごとに登場するロケ地&撮影場所を毎週更新していきます。

 

▼▼▼原作はこちら▼▼▼

[新品]ハマる男に蹴りたい女 (1-2巻 最新刊) 全巻セット

 

ハマる男に蹴りたい女の下宿『銀星荘』やカツラギビールのロケ地&撮影場所

それでは下宿やカツラギビールのロケ地&撮影場所からみていきましょう。

下宿・銀星荘

紘一が管理人となる下宿『銀星荘』は、府中市にある茶寮おもだかです。

管理人といっても、いつか・ナオ(西田尚美)・すず(久保田紗友)の女性3人の食事を作ったり、家の掃除をしたりと家政婦さんのような仕事をすることになります。

住所:〒183-0005 東京都府中市若松町3丁目34−1

Web制作会社・コスモインデックス

いつかと同僚の香取俊(京本大我)が働くコスモインデックスの外観は、品川区にあるアートヴィレッジ大崎セントラルタワーです。

住所:〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目2−2

コスモインデックスのオフィスは、港区にあるテレビ朝日EXタワーです。

住所:〒106-0031 東京都港区西麻布1丁目2−10

ナオの店・Dolce

紘一の幼馴染・ナオ(西田尚美)の店は、麻布十番にあるイタリアンラウンジ・パーチェです。

自ら会社を辞めた紘一でしたが、再就職が全然決まらず、ナオの店でタワマンの暮らしも大変なら「愛人契約なんてどお?」と言われます。

住所:〒106-0047 東京都港区南麻布1丁目5−4 NKCビルディング B1F

ハマる男に蹴りたい女・第1話のロケ地&撮影場所

カズキビールの外観

カズキビールの外観は大手町プレイスです。

紘一のスタンドプレイが過ぎた結果、上司が怒って左遷されることに。

それが事実上、それが事実上のリストラということがわかり、それならこちらから辞めてやると辞表を出したが、、。

〒106-0047 東京都港区南麻布1丁目5−4 NKCビルディング B1F

紘一が住んでいた タワマン

紘一が住んでいたタワマンはロイヤルパークスタワー南千住です。

辞表を出して家に戻ると家には誰もいなくて、離婚届が置いてあった。

住所:〒116-0003 東京都荒川区南千住4丁目7−3

しま母ちゃんの餃子の店

夫に先立たれて、働き始めた母が餃子のタレを売るために餃子を作ったら、タレよりも餃子が評判になりブレイク。

最初の店舗は品川区にあるさかえやでした。

その後全国に広がり、今は大きな会社のCEOです。

住所:〒142-0064 東京都品川区旗の台5丁目3−5 さかえや

紘一がコケた坂

ナオに紹介された愛人契約の?仕事にいく途中、自転車で坂道を降りてきたいつか飛ぶ使ったと思ったら、自分で躓いてコケた紘一。

こちらは、埼玉県和光市にある滝坂です。

住所:〒351-0101 埼玉県和光市白子2丁目17

香取がいつかに電話したところ

香取俊(京本大我)がいつかに電話したところは、墨田区にある枕橋です。

香取は大阪転勤から東京に戻ると報告したかったのですが、いつかはすでに知っていました。

住所:〒130-0001 東京都墨田区19

ハマる男に蹴りたい女第2話のロケ地&撮影場所

料理を作ってまずいと言われたいた紘一が、カレーをいつかに「悪くない」と言われ料理に燃える?

次は何を食べたい?と聞き「おでん」と言われると出汁から取って煮込む力の入れよう。

だが、プレゼンで負けて紘一に対して怒りが湧いたいつかはいらないとおでんを跳ね除け、火傷。

即座にいつかを抱き上げ、風呂場に連れて行き足を冷やしてあげた紘一でしたが、、。

紘一がカレーの肉を買った店

こちらは台東区の佐竹商店街にある佐藤精肉店です。

牛肉が高いということを初めて知った紘一。

1日の食費は2,700円だが、すでに2,200円も使ってしまった。

住所:〒110-0016 東京都台東区台東4丁目23−3

香取の歓迎会をしたお店

いつかと香取が歓迎会をしたお店は、南欧料理バンキーナです。

長めの良い素敵なレストランでしたね。

いつかに告って振られた以来だった香取は、ちょっと緊張していると言う。

あの時のことをお互いに謝るふたり。

住所:〒111-0033 東京都台東区花川戸1丁目2−6 中傳ビル 9階

香取がかしこに再び告ったところ

送ってくれなくても大丈夫というかしこに、「心配だよ。綺麗だし。」と言う香取。

かしこは「すごい!大阪行ったらそんなこと言えるようになったの?」と驚く。

そして再び香取が告ったのは、文京区にある播磨坂さくら並木です。

翌日、すずかが前夜の告白を目撃したことをいつかに話し、どうするか結論は出たかと聞いた後、出過ぎたことを聞いたと走り去ったのも、この桜並木です。

この桜並木は、今後も出てきそうな気配ですよ。

住所:〒112-0002 東京都文京区播磨坂4丁目・5丁目界隈

ハマる男に蹴りたい女第3話のロケ地&撮影場所

カズキビールのプレゼンに没頭するいつかと、ペガサスビールの面接に備えて充備をする紘一。

土屋と紘一が会った公園

元同期の土屋(田渕章裕)が紘一にベガサスビールが人員を募集していると教えた公園は日比谷公園の噴水広場です。

強豪に行くことを拒む紘一に、とりあえず受けてみたらいいと言われる。

住所:〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1−2

カズキビールの社員が潤沢の試飲会をしていた商店街

カズキビールのかつての先輩・武田が潤沢の試飲会を行なっていた商店街は中野にある川島商店街の山形屋酒店の前です。

光一は見つかりそうになり、顔を白菜で隠して窮地を脱しました。

住所:〒164-0013 東京都中野区弥生町3丁目14−6

紘一が子供の頃相撲で勝った神社

負けず嫌いだった紘一は体が大きくて相撲の強い子供に負け、必死に自主練してその子に勝ったと話すナオの回想シーンに登場した神社は西東京市にある田無神社です。

住所:〒188-0011 東京都西東京市田無町3丁目7−4

紘一が面接の後歩いていたところ

面接で「メンバーひとりひとりの能力に合わせ、時には弱点さえ受け入れられるリーダーを求めている。今のあなたでは私たちの求めるリーダーにはなれない」と言われたことを考えながら歩いていたのは、東京駅の近くの行幸通りです。

自分の今の状況は自分自身が招いたことなのか?と気付き始めた。

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目2

ハマる男に蹴りたい女のロケ地&撮影場所・まとめ

バリキャリだった紘一が、下宿『銀星荘』の管理人となり、慣れない料理や掃除をすることになるというコメディ要素の強いストーリー。

毎週どんなところで撮影されるのでしょうか?

毎話ごとに登場するロケ地&撮影場所を毎週更新していくので、お楽しみに!

 

▼▼▼原作はこちら▼▼▼

[新品]ハマる男に蹴りたい女 (1-2巻 最新刊) 全巻セット

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました