復讐の未亡人・全話のあらすじネタバレ!蜜の復讐の結末は?

復讐の未亡人

7月7日(木)深夜2時35分からテレビ東京系でドラマ『復讐の未亡人』が始まります。

「金魚妻」で話題になった黒澤R原作のセクシーなサスペンス漫画をドラマ化したもの。

夫・鈴木優吾(平岡祐太)を自殺に追いやった会社に復讐をしていく美月を演じるのは松本若菜さん。

美月は名前を変え、有能なプログラマー・鈴木密として夫が働いていた会社に派遣として入り込み、夫を自殺に追いやった人間に次々と復讐をしていきます。

魅惑的な密が、時に女の武器を使い、ターゲットに隙を与えて復讐していきます。

そんなドラマ『復讐の未亡人』のあらすじとネタバレを最終話まで紹介していきます。

どんな人間が夫に自殺に関わっっているのか、そして密の復讐の結末はどうなるのか?

それでは第1話から最終話までのあらすじとネタバレを公開していきます。

 

▼▼▼Paraviではすでに全話見られます▼▼▼

▲▲▲待ちきれないという方はこちらから▲▲▲

復讐の未亡人・最終話までのあらすじネタバレ

密は毎回誰に復讐をするのか?

そして、密の復讐の結末はどうなる?

第1話から最終話まであらすじネタバレを見ていきましょう。

第1話のあらすじネタバレ

第1話のターゲットは、開発部課長の橋本雅也(松尾諭)。

  • パワハラ上司
  • 部下をとことん追い詰め罵倒するのは日常
  • 優吾が自殺したことなど、なんとも思っていない

◆ あらすじ ◆

夫・鈴木優吾(平岡祐太)が会社の屋上から飛び降り自殺。

未亡人となった鈴木美月(松本若菜)は戸籍の名前を密と変え、有能な派遣プログラマーとして夫が務めていた会社に入り込んだ。

パワハラ上司である、開発部課長・橋本雅也(松尾諭)の怒号が毎日オフィスに響きわたる。

チームリーダーの斎藤真言(桐山漣)が抗議しても、パワハラは止まないひどいブラック企業だった。

密は作業員に扮し潜入した優吾の弟・陽史(淵上泰史)とともに、ターゲット近づく。

密は巧みに橋本を誘惑し、社内で橋本と関係を持つ。

そして…。

橋本と関係を持った密はどうやって復讐するのでしょうか?

第1話のネタバレはこちら>>

 

⬇︎⬇︎原作漫画はこちらです⬇︎⬇︎


【予約商品】復讐の未亡人 コミック 全巻セット(1-9巻セット・以下続巻)黒澤R

第2話のあらすじネタバレ

第2話のターゲットは古武一也(森永悠希)と板橋ともみ(小西桜子)。

  • 仕事を人に押し付ける
  • 自分は仕事をほとんどしない
  • 忙しくて困っている同僚がいても知らん顔

会社の取引先の息子という立場を利用し、仕事中にゲームに夢中になり仕事をしない古武。

仕事を人に押し付け、サボっている板橋。

◆ あらすじ ◆

古武は優吾に仕事押し付けていたが、現在は斉藤(桐山漣)に押し付け、社内でゲームに夢中になっている。

優吾の優しさを利用し仕事を手伝わせてい板橋は、今も体調不良などを理由に仕事をサボっていた。

ある日、板橋の愛猫が突然いなくなり、タイミングよく彼女に愛猫の写真が貼り付けられた荷物が届く。

その中身は?

古武には、彼女が浮気相手との浮気動画が送られ、オフィス中に彼女の喘ぎ声が響き渡る。

部長から、そんな古武にクライアントへの出張サポートに行くよう命じられる。

そして、そこには優吾の弟・陽史が待っていて…。

板橋と古武の結末は?

第2話のネタバレはこちら>>

第3話のあらすじネタバレ

第3話のターゲットは社長の若月勇(前川泰之)と社長秘書の佐伯麻穂(足立梨花)

  • 女好きで浮気癖がある
  • 妻の親が会社の創業者(なので社長になれただけ)
  • 自分より綺麗や目立つ女性を潰しにかかるマウント女子
  • 過去にも美しく男性に人気がある女子社員を追い出してきた

◆ あらすじ ◆

朝ランニングをしている朝ランニングをしている若月社長に密はわざと遭遇するように仕向け、声をかけさせた。

密はサッカー現役時代の若月のファンだと嘘をつき、若月をいい気にさせ食事誘わせるようにした。

密は若月をさりげなくホテルへと誘い、甘美な時間を過ごす。

密の目的は一体?

一方、以前社長が密を見て「あの美しい社員は誰?」と聞いた時から、密が気に食わなかった社長秘書の佐伯。

さらに、男性社員からも人気があるのも面白くない佐伯は、彼氏を使って密を追い出そうとする。

密を食事に誘い、復習するつもりだった。

密は佐伯の罠にかかってしまうのか?

なぜ、わざわざ若月社長を誘惑してホテルに誘ったのか?

怖〜い第3話の結末ネタバレはこちら>>

 

▼▼▼Paraviではすでに全話見られます▼▼▼

▲▲▲待ちきれないという方はこちらから▲▲▲

第4話あらすじネタバレ

今回は凛という女の子と出逢います。

◆ あらすじ ◆

若月社長が社長を辞任、板野朋美も会社を去る。

板野の代わりに入社した山下春菜(小林涼子)は、初日から上司に仕事を押し付けられ徹夜尻ハメになる。

会社帰りに斎藤に声をかけた密に、斎藤は会社が変わったわけではなく、問題児がいなくなっただけだと言う。

その時、小学生の女の子がぶつかってきた。

密はその女の子の様子がおかしいと思ってみていると、電車に乗る飛び込もうもうとした。

しかし、間一髪のところで斎藤が助けた。

少女の名前は凜、体に傷やアザがあり、死にたいと密に告げる。

密はこの凛という少女をどう救うのか?

第4話のネタバレはこちら>>

第5話あらすじネタバレ

第5話では、美月(密の本当の名前)の子供の頃の話が描かれています。

◆ あらすじ ◆

20年前、美月は母・薫(信川清順)が再婚した継父・村上圭一(森岡豊)から虐待を受けていた。

幼い頃から美月は従兄弟である双子の優吾と陽史と一緒にいて、陽史は美月の母が再婚してから美月の体にできた傷が気になっていた。

ある日、陽史は美月に小瓶にを渡し、この液体が美月を守ってくれると伝える。

美月は継父のワインに液体を入れると、村上は苦しんで倒れた。

そこへ陽史が助けに来て二人が逃げようとすると、母がに止められる。

夫だった村上が死んだことは何も思っていない様子で、美月に死体をどうするか、次の夫を探す協力をしろという母に、美月はアルコールをかけ、ろうそくの火を付けた。

母と村上を残して二人は逃げ出し、それ以来このことは美月と陽史の秘密となった。

そんな過去があった密は、凛に自分の幼い頃の苦悩を重ね合わせ、助けようとしたのかもしれませんね。

第5話のネタバレはこちら>>

 

▼▼▼Paraviではすでに全話見られます▼▼▼

▲▲▲待ちきれないという方はこちらから▲▲▲

第6話あらすじネタバレ

斎藤が「鈴木先輩は僕が殺した」と言って終わった第5話。

斎藤が優吾の死にどう関わっていたのでしょうか?

◆ あらすじ ◆

斎藤が密にを優吾殺したのは自分だと言って終わった第5話ですが、斎藤は自分の発した言葉で優吾が自殺したのではないかと悔やんでいたのだった。

監視カメラの映像から、優吾と屋上にいた別の人間がいるのではないかと言う疑惑が浮上する。

オフィスでは仕事復帰した佐伯麻穂(足立梨花)が密に仕事を押し付けていた。

山下春菜(小林涼子)が密を手伝い作業をしていると、山下が密に斎藤のことをどう思うか聞いてきた。

逆に密が、斎藤のことが好きなのかと聞くと、山下は頷き応援して欲しいと言う。

そんな山下は、酔った勢いで斎藤をホテルに連れ込んだが、斎藤が密とオンラインで会話を始めたことで、何も出来ずに終わってしまった。

陽史は優吾が亡くなる前に屋上にいた人物がわかったと密に電話すると密も私もわかったと答える。

果たして、屋上にいた人物は誰なのか?

第6話のネタバレはこちら>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました